映画 『タイタニック』



allcinema ONLINE 『タイタニック』





流石に11年前の作品だと、CGの部分が丸判りだなあ。





まさか見張りが氷山を見逃す原因が、主人公二人にあったとは。



続編を作るとか言う話はどうなったんだろう。



スポンサーサイト
[ 2008/03/29 23:32 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

ワールドカップ・アジア3次予選 バーレーン1-0日本

スポーツナビ ワールドカップ・アジア3次予選 バーレーン1-0日本





岡ちゃん、3バックなんて時代遅れだよ。

これからは4-2-3-1の時代だよ、チミィ。



・・・などと読んだばかりの本の受け売りを何も考えずに書きつつ。





岡田監督は最初から引き分け狙いだった。

これまでの4バックから3バックに変更し、サイドには

右に駒野、左に安田を一人ずつ配置。

巻、大久保の2トップ、その下は遠藤ではなく山瀬を置いた。

対するバーレーンも3-4-1-2の布陣で、日本と鏡のようになっていた。



バーレーンは守備を厚くして中盤を省略してロングボールを蹴ってくる。

パスサッカーが信条の日本は何故かこれにお付き合いし、

動き回ってパスをつなげるのではなく、こちらもロングボールを放り込む。



これは岡田監督の指示だったらしい。

今まで築いてきた考えて走るサッカーは何処に行った?



バーレーンのサッカーはお世辞にも強いとは言えず、

勝てる試合だったのに、岡田監督は負けないことを第一に考えていた。



試合が終了した時のあの泣きそうな顔。

この人には日本代表の監督は荷が重過ぎるのかもしれない。

準備不足や怪我人の続出などの不幸はあったけど、

それでもあの試合は勝って当然だった。





この試合はアジア3次予選で唯一負けてもいい試合だったとは思う。

でもねえ、3次予選ぐらい無敗で乗り切って欲しかった。



2位までに入ればいい、まだ時間はある、海外組が合流したら・・・

そんな悠長なことを言っている余裕が、今の日本代表にあるのだろうか。





一番無能なのは日本サッカー協会なんだろうな。



[ 2008/03/27 23:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『主人公は僕だった』



allcinema ONLINE 『主人公は僕だった』





前評判が高く、期待値が上がった状態で見たので

それほどでもなかったが、最後まで楽しめた。



小説家役のエマ・トンプソンとアシスタント役の

クイーン・ラティファの演技が上手い。

クイーン・ラティファは今回みたいな落ち着いていて冷静な役が

すごく似合っていたのは意外だった。





主人公のウィル・フェレルがつけている腕時計が

かっこよくて、欲しくなった。

TIMEXのIronman Triathlon Combo T5B141というモデルだが、

やっぱり映画で見たのがかっこよく見える。



[ 2008/03/26 22:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日のねこ


neko020

意外と全長は長いな。



[ 2008/03/25 23:31 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

ウイイレ10の布陣を変える



『4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する』を読んだ影響で、ウイイレ10の布陣を変えてみた。



サイドに人数を割き、超攻撃的ということで2バックに。

サイドはサイドバックの位置にサイドハーフを置き、

その一つ上はセンターハーフを置く。

中盤の真ん中にはオフェンシブハーフとディフェンシブハーフを

フラットに並べている。



本当はウィングを置きたいが、人材がいないことと、

ゲームのシステム上共存できないポジションがあるため仕方がない。



この布陣にして一番効果があったのは、高い位置から

プレスがかかるようになったことだ。

2バックを高めに配置していることもあり、かなり中盤がコンパクトになっている。



こちらのプレスがかかり、ボールを奪えるとすぐにサイドに開くか

フォワードにボールが渡り、チャンスを数多く作ることが出来るようになった。



問題はかなりスタミナを消費するので、能力のある選手を

数多く集めなければならないことだ。



現実のサッカーだと控えのメンバーはくさって移籍したがるけど、

ゲームなら文句は言わないのでらくちん。

ビッグクラブの運営の大変さは少しぐらい理解できたかな。





新しいウイイレ、買おうかなー、どうかなー。

中古でもっと安くならないかな。



[ 2008/03/23 23:33 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

本 『4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する』



Amazon.co.jp 杉山茂樹『4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する』





現在のサッカーは超攻撃的で、サイドに人数をかけるチームが勝っていると

言うことを、多くの例を出しながら解説している本。



トルシエが日本代表の監督になった時点で、すでに3-5-2のシステムは

古臭く、この布陣を強いていたイタリアのクラブチームは

チャンピオンズリーグで勝てなくなっていたそうだ。



僕自身が攻撃の起点がトップ下からサイドに移った「背番号10の死」を

感じたのは2004年の欧州選手権だったのだが、この年からサイド全盛の

時代が始まったのではなく、もう決定的になっていた年だったわけだ。



内容は同じことをくり返し記述しているので、値段の割には

薄く感じる。僕が著者の記事を好きでよく読んでいるからかも知れないけど。

ただ、本人が自分の目で直接欧州のサッカーを見ているし、有名な監督たちに

インタビューをしているので、内容に説得力がある。



極端な例では、相手が2トップで来ていても、DFを3人置いて対処するのではなく、

こちらも2バックで対処するチームもあるらしい。

その分攻撃の人数を増やして、相手を押し込む方が効果的らしい。

そうなると、もうFWなんか置かないというチームも現れるかも。

どうやって得点を取るのかは判らんが。



著者によると、オシム前日本代表監督の布陣も時代遅れらしい。

中村俊、遠藤という司令塔が中により過ぎだそうだ。





戦術か人材か、それが問題だ。

[ 2008/03/20 23:27 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

フセイン政権とアルカイダ間の関係なしと、国防総省報告



CNN.co.jp フセイン政権とアルカイダ間の関係なしと、国防総省報告





ワシントン(CNN) 米国防総省は13日、イラクの旧フセイン政権と国際テロ組織アルカイダとの関係を裏付ける証拠はなかったと結論付ける報告書を発表した。米統合軍が作成した。





殺しといてこれかよ。



[ 2008/03/20 22:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『麦の穂をゆらす風』

allcinema ONLINE 『麦の穂をゆらす風』





ケン・ローチ監督作品で、2006年カンヌ映画祭でパルムドール受賞。





アイルランドが英国からの独立のために戦った歴史を描いている。

一応の独立を果たすも、今度はアイルランド内で一緒に戦ってきた

同士が対立し始め、一組の兄弟がそれぞれに分かれてしまう。





こういう映画を観ると、日本はつくづく平和だなあ、と思う。



英国とアイルランドのような血なまぐさい対立は少ないし、

コソボやアフリカで起こった民族紛争もない。

どちらかと言うと外国人に対しては親切だし、外国の文化を受け入れるのに寛容だし。

良い意味でいい加減な所は、世界的に見ても珍しく、誇れる文化なのかもしれない。





欧米人に人権や平和についてとやかく言われる筋合いはないよねえ。

中国のチベット弾圧を非難してるけど、あんたらが通ってきた道でもあるんだよ。



[ 2008/03/19 23:21 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

ドルツ・音波振動ハブラシ スリム EW1163

National ドルツ・音波振動ハブラシ スリム EW1163





これまではソニッケアの電動ハブラシを使っていたのだが、

交換する歯ブラシ部分が3000円もするので、今後のランニングコストを

考えて購入した。



使ってみると、小型ながらパワーがある。

軽くて使いやすい。歯茎のマッサージも出来るし、当たりだったと思う。



ポイント磨きのブラシも付いているのだが、こちらは使うと

すっきりはするのだが、ちょっと刺激が強すぎる。

毎日ではなく、週2回ぐらいの使用がちょうどいいかも。



[ 2008/03/18 23:19 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日のねこ


neko019

のびー。

スフィンクスみたい。



[ 2008/03/16 23:11 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

博士も知らないニッポンのウラ 第23回 エコノミスト・紺谷典子による解説



ミランカ 博士も知らないニッポンのウラ 第23回 エコノミスト・紺谷典子による解説





紺谷典子氏によると、日本の政治家、日銀総裁、財務省は無能で

嘘つきで、景気高揚のために公共工事を行うべきで、

国民年金は破綻なんかしていないらしい。





何を信じればいいのやら。



[ 2008/03/15 23:51 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

本 『検察審査会の午後』



Amazon.co.jp 佐野 洋『検察審査会の午後』





検察審査会なるものが存在することを、この本で初めて知った。



小説の出来としてはイマイチ。連作短編集なんだけど、

お話がすっきり終わらない。特に後半になるにつれて。





暖かくなってきました。



[ 2008/03/12 23:54 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『アポカリプト』



allcinema ONLINE 『アポカリプト』





ジャングルを走る走る。



メルちゃんって、こんなに残酷な描写が好きだったっけ?



生贄にされることは名誉なことなんだけどな、本当は。





最後に登場したスペイン人は、救世主なのか、

それとも悪夢の始まりなのか。



[ 2008/03/12 23:48 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

J1川崎・ジュニーニョ、日本国籍取得の意向



朝日新聞 J1川崎・ジュニーニョ、日本国籍取得の意向





サッカーJ1の昨季の得点王、川崎フロンターレのブラジル人FWジュニーニョ選手(30)が11日、日本国籍を取得したいとの意思を明らかにした。「代表に選ばれれば、試合に出てみたい気持ちはある」と話しており、日本代表入りが実現すれば、10年ワールドカップ南アフリカ大会を狙うチームの大きな戦力になる。





まだ日本国籍が取得できるかどうか判らないが、本当に日本が好きだな。



[ 2008/03/11 23:31 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

児童ポルノ、所持だけでも「処罰」…与党が法改正方針



読売新聞 児童ポルノ、所持だけでも「処罰」…与党が法改正方針





自民、公明両党は、児童ポルノの画像などのはんらんに歯止めをかけるため、児童ポルノを販売目的でなく、「単純所持」するだけでも禁じることとし、罰則の対象とする方向で児童買春・児童ポルノ禁止法を改正する方針を固めた。



単純所持とは、販売や提供の目的でなく、画像や写真などを個人で集めたり、CDやDVDなどの記録媒体に保存したりすることを想定している。インターネット上での公開は海外からでも閲覧できるため、日本からの画像流出が問題視されている。





別件逮捕のための口実に使われそうだな。



[ 2008/03/09 23:25 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日のねこ


neko018


暗闇に光る眼。



[ 2008/03/07 23:22 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

CDを売りに行く



もう全部パソコンに取り込んだし、収納のスペースを空けるため

CDを売りに行った。



28枚が買取となり、約2500円になった。

大体1枚100円で売れるかな、という予想をしていたのだが、

高く売れたものは1000円だったけど、ほとんどのCDの買い取り価格が

5円だったのにはびっくりした。



売ったCDは割とメジャーなものだったのにこの値段。

大手のチェーンだからこんなものなのだろうか。



メジャーなものは残り約130枚ぐらい。それに段ボールに入って

押入れの奥にしまわれているものもある。

こちらは枚数は判らないが、このぶんだと持って行ったのに

全部5円で買い取られると言う、ものすごく恥ずかしい目に合うかも。



今後、CDは買ってパソコンに取り込んだらすぐに売るようにしよう。



[ 2008/03/06 23:15 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『虹の女神 Rainbow Song』

allcinema ONLINE 『虹の女神 Rainbow Song』





なんちゅうか、陰惨さや残酷さがない『白夜行』みたいな話だった。





上野樹里は上手いのう。

佐々木蔵之介のすっごい逃げ腰な演技も上手い。

他にも芸達者な役者が多数出演しているのだが、

その中で唯一、主人公の市原隼人演技だけ「ありゃ?」という感じだ。



不器用な男女の恋愛物語で、それなりに面白いのだけれど、

羨ましいとか、絶望してしまうとかいう感情にはならなかった。





世界が滅びると判っている世界で、インフラは機能し続けるのだろうか。



[ 2008/03/05 23:46 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

地デジ対応



3月から兄が一人暮らしを始めた。

新しくテレビを買い換えて、地デジ対応の液晶テレビにしたのだが、

ワイドにすると画面が小さくなって、もっと大きいのを買えばよかったと

こぼしていた。



僕は、地上波アナログ放送は2011年以降も続くと思っているので、

買い替えするのはテレビが壊れたときだろう。



その時も、テレビではなくて大きめのPCモニタにするかもしれない。

テレビはワンセグで充分な気もするし。



[ 2008/03/04 00:47 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

ゲーム 『逆転裁判4』

カプコン 『逆転裁判4』



Amazon.co.jp 『逆転裁判4』





残念な出来だった。



登場人物が代わったことや、新システムはいい。

とにかくストーリーの出来が悪い。



別にこの証拠を突きつけてもいいじゃん、とか、

その証拠があるなら最初から逮捕すりゃいいじゃん、とか、

犯人の動機が納得できないとか、あの話はほったらかしかい、とか。

話の流れがつながっていない所がある。



1作目が面白くて、2作目がダメで、3作目で盛り返したのに、

4作目がこの出来では、続編を買おうとする人も減るのではないか。



元々勢いとノリで進行していくゲームだから、あまりつじつま合わないとか

野暮なことは言いたくないのだが、「異議あり!」と言いたいのはこっちの方だ。



[ 2008/03/01 23:38 ] ブログ | TB(0) | CM(0)