中華料理店 蓬莱


サンモールの地下にある中華料理店、蓬莱に行ってきた。


みんなが注文する天津丼ではなく、どうしても
食べたかった炒飯を注文した。

これが量が多くて大変だった。
昔でもお腹いっぱいになるほどだったが、今では
お昼にこれを食べると晩御飯は食べなくていいぐらいになってしまった。

あのブルドッグみたいな親父がいなくなって、
今は若い店員3人と親父の奥さんらしき人で切り盛りしている。
濃い味付けは相変わらずだが、角切りチャーシューの味が落ちたように思う。


それにしても、女性客が増えたものだ。
客の大半はおっさんばかりなのだけど、親父が健在の頃は
店員の知り合いぐらいしか見なかったものだったが。


今度は天津丼の小を頼むことにしよう。


スポンサーサイト
[ 2009/02/27 23:35 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『シューテム・アップ』




銃撃戦にヘビメタにおっぱいと、中学生が喜ぶようなものを
とにかくぶち込んだ映画だった。

アクションシーンはギミックとアイディアを見せることが優先で、
ストーリーの整合性なんてほったらかしだった。
映画というより、テレビゲームのアクション場面を
連続して見せられているようだった。

出演している俳優は有名な人が多いのだが、
なぜこんなアホアホ映画に演技に定評がある人たちが参加したのだろう。
弱みでも握られているのか?


ニンジン、どんだけ硬いねん。


[ 2009/02/25 23:31 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 パオロ・マッツァリーノ 『つっこみ力』




社会学とは雑学である。


専門家の出すデータにつっこみを入れてみよう、というのが
この本の主旨である・・・とは言い切れないが、
読んだ直後の感想としては、学者といっても、
完全に客観的な分析なんてできないものだと思った。

インセンティブ理論のいい加減さ、
振り込め詐欺の出現は時代の必然であったこと、
人を一人前に育てるために成長を待つことが出来る度量が社会にあるか、
社会現象には必ず複数の要素が絡んでいること、
失業率と自殺率の関連性には大いに疑問があること、
自殺する理由には住宅ローン返済が絡んでいること。

我々が当たり前なこととしていることが、実は間違っていることが
多いと言うことが、この本を読むと判ってくる。

経済学者のクルーグマンがノーベル賞を獲得できたのは、
経済学のほとんどの法則が、経験的になんとなく合っている
程度でしかないことを証明したからなんだって。


人は、正しさでは動かないのです、と言う言葉が一番心に残った。


[ 2009/02/22 23:24 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の散歩

20090221


梅の花だろうか。
ぽつぽつと咲き始めている。


ramen04


ばくだん屋で汁なし坦々麺を食べる。
最初は甘みが来るが、食べ終わる頃にはピリピリと
辛さが口の中で広がっていった。
美味しいけれど、辛味噌つけそばの方が好きだ。


長い距離を歩くと、お尻の上の方が痛くなる。
完治するのは何時になるのだろう。


[ 2009/02/21 23:16 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

サン・カレーのチキンカツカレー

curry002


ここのカレーは銀河一美味しいと思う。
カツはやっぱりチキンカツだね。


[ 2009/02/19 23:38 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『太陽がいっぱい』




今期ドラマで放送されている『銭ゲバ』を見ていたら、
この映画を思い出したので観直してみた。


金持ちの友人を殺して入れ替わったトム・リプリー。
貧乏な出自からセレブになれたと思っていたが、
当初の思惑と違い、様々な邪魔が入って計画が破綻していく。

アメリカ人が書いた原作をフランス人が演じ、
舞台はイタリアという、なんだかよく判らん映画になっていた。

もっとスマートな完全犯罪を見せられたような記憶があったが、
結構行き当たりばったりで人を殺したりしていて、
あんだけ証拠を残していたら、そりゃばれるわなあと呆れちゃった。
でも映画のラストは素晴らしいし、美しい。






原作のパトリシア・ハイスミスの小説なら、『11の物語』が面白かった。
その中でも『クレイヴァリング教授の新発見』が嫌な話で良い。

無人島に取り残された教授が巨大なかたつむりに追い回されるのだが、
最初は簡単に逃げ回っていたけど、次第に疲労がたまって最後には・・・、という
まあ後味の悪い短編だった。


ニーノ・ロータの音楽はええのう。


[ 2009/02/18 22:58 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の散歩

最高気温が7度だった。
朝は雪が降っていたし、日中は晴れたと思ったら
急に雹みたいなのが降ってきた。

そのせいか、また左足と腰が痛み出した。
運動はそれなりにやっているつもりだが、体重が減らない。
食べる量は増やしていないし、落ちない理由が判らん。
まだまだ減らさなきゃいけないのに。停滞期には早すぎる。


空腹感を感じない薬とかあればいいのに。


[ 2009/02/17 23:28 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『ミッドナイト イーグル』




思ったよりは良かった。
ただ、15点ぐらいの出来だと思っていたら35点だった、と言うだけだが。


雪にまぎれて待ち伏せしていた敵が、大声を挙げながら
素手で襲い掛かってきたりとか、
素人が撃った弾丸にプロの兵士が当たったりとか、
応援に来たと思ったらすぐ帰る援軍とか、
米軍にミサイルを借りてすぐ撃っちゃう総理大臣とか、
面白要素が満載だった。





原作は面白いのかなあ。


[ 2009/02/15 23:20 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の散歩

本日の最高気温は21.5度。
これは5月ごろの陽気だそうだ。
歩いていると暑いくらいだった。

どうやら、杉の花粉が飛び始めているらしい。
目がショボショボ、花がムズムズして気持ちが悪い。
僕は杉花粉の被害は小さい方なのだが、量が増えてくると

またマスクのお世話になるかもしれない。
鼻より目の方が被害があるのだが、眼鏡をかけていると
防御手段が目薬ぐらいしかないのは悲しい。
ゴーグルとか、眼鏡の上から使えるものもあるのだろうか。


寒暖の差が激しいと体調を崩しやすい。
今も少し頭痛がする。


[ 2009/02/14 23:36 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日のねこ

neko037


今日も平和。

オレンジ色の毛布がお気に入りらしい。
喉を鳴らしながら前足でモミモミしている。


左足と腰の痛みがやっと治まった。
筋肉が張っていると言われたが、こちらとすれば
家で何をしたら良いのだろう。
そこを教えて欲しいのだが。


[ 2009/02/13 22:40 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

映画 『ショーン・オブ・ザ・デッド』





いやー、面白かった。
これが日本未公開だったなんてもったいない。

ゾンビ映画なのにかなり笑わせてくれた。
ダメな友達って、あんなに大変な状況でもやっぱ使えないなあ。

クイーンの『Don't Stop Me Now』に合わせてゾンビを
殴る所なんか最高。声を出して笑っちゃった。
映画の最後もほっこりして気持ちよく終わることが出来る。


「ゾンビに対抗するには頭部を破壊して下さい」とニュースで
呼びかけるキャスターが思いっきりヅラだったのが個人的にはツボだった。


[ 2009/02/11 23:36 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

『バナナマン傑作選ライブ BANANAMAN KICK』




前作の『bananaman Punch』よりこちらのコントの方が面白かった。


宮沢りえと食事をすることになり、事前のシミュレーションで
盛り上がるコントの『宮沢さんとメシ』。

緊張感とダークなエンディングがたまらない『ルスデン』。

話が下手すぎて、全く怖くない怪談を語る『a scary story』。

初めて泊まる友人の部屋で吐いてしまったゲロを誤魔化すため、
あらゆる手をつくし、最終的には大逆転する『puke』。

プーケットに10年ぶりに来た夫婦が愛を確かめ合う『Fraud in Phuket』。


ネタの完成度が前作より格段に上がっている。
本当に腹を抱えて笑わせてもらった。
誰にでも自信を持ってお勧めできます。


下手な人を演じることが出来るのはかなりの演技力が必要だと思う。
今作では演技者・設楽統の凄さがびんびん伝わってきた。


[ 2009/02/10 23:27 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日のWii Fit

始めてから1ヶ月で約3.5キロ減。
2ヶ月で5キロ落とすペースにしているから、なかなか良いのではないか。

何をすれば体重がグンと落ちるのかがいまいち掴みきれていない。
揚げ物を食べて、こりゃ増えるな、と思っていたら結構落ちていたり、
肉類を摂らなかったのに増えていたりと、自分の体のことなのに
判らないことだらけだ。


グラフが表示されると、傾きの角度がモチベーションになる。
今のところ順調なペースで体重が減っており、このペースだと
夏前には目標の体重までいけるのではないかと思う。

停滞期とか来るのだろうか。元が太っていると
最初のうちは体重が落ちやすいと言われるけど。


左足の痛みは先週がピークだったろうか。
今は少しマシになったが、まだ痛む。
連動するように腰が痛むが、これも神経痛の一種なのだろうか。
全く、良くなってきたなと思うとまた痛みがぶり返すの
繰り返しで、ちょっと心が折れてしまう。


自転車の再開はいつになることやら。


[ 2009/02/09 23:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

『バナナマン傑作選ライブ bananaman Punch』




傑作選と言うこともあって、どのコントも面白かった。

バナナマンのパターンとしては、設楽が頭の足りない人を演じて、
脱線しまくる話を日村がつっこむというのが多い。
このDVDに収録されている7つのコントの内、4つはそのパターンだ。

笑わせておいて、最後にホロッとさせる構成の巧みさ。
流石はコントライブのチケットがすぐにソールドアウトするだけのことはある。


コントが巧い芸人ってフリートークがダメだったりするけど、
バナナマンは両方とも達者だなあ。


[ 2009/02/06 23:11 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日のねこ

neko036


なあに?


まだまだ小さかった頃の写真。


[ 2009/02/05 23:28 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』




別にミュージカル映画好きというわけではないが。


2階の床屋で人を殺し、その肉を使った1階のパイ屋さんが大繁盛。
死体の処分も出来てなおかつお金も儲かり、一石二鳥だね。

妻と娘を奪われた男の復讐がお話の主軸で、そこに成長した娘の
奪還作戦と登場人物それぞれの恋模様が絡んでくる。
この構成がなかなか上手で、最後に明かされるある事実にも驚かされた。

肝心の歌だが、個人的にはみんなそれ程上手いとは思わなかった。
成長した娘とインチキイタリア人は良かったと思うが。


ティモシー・スポールは貴族の従者か小役人の役ばっかり(?)だな。
ネズミみたいな顔で、悪党なのに憎めない感じを出すのが上手い。


[ 2009/02/04 23:08 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『ハイスクール・ミュージカル2』




前作で恋人同士になった主人公のカップル。
夏休みにシャーペイの家族が所有するゴルフ場でバイトを
することになるが、そこで起こる様々な事件。
ついに二人の仲にも亀裂が生じるのだが・・・。


男の主人公を演じるザック・エフロンだけが急に老けて見えた。
他の登場人物たちは変わらないのに。

前作に比べてミュージカルシーンが多くなっていて華やかだった。
こっちの方が楽しい。ストーリー自体はシンプルで
何かどんでん返しがあるようなものではないから、
画面がにぎやかな方が良い。

アメリカの大学奨学金を得るのは大変だとは聞いていたが、
あんなに必死にならなければならないとは。
どこの国でもコネが一番重要なようで。


『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』
劇場に見に行こうかどうしようか。

1800円払ってまで見るものか、と言う気もするが、
大画面と素晴らしい音響設備の中で見る方がより楽しめる気もする。


[ 2009/02/01 23:44 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)