本 『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』




いくら読んでも、さっぱり頭に入らなかった。
この本が悪いというより、僕の問題だろう。

とりあえず、最初に結論を書いて、
その結論を導く根拠を3つくらい列挙すればいいのか?


昨日に続き、今日も雪が積もった。
全国的にもかなりの積雪だったようだ。
今日は良い天気で、道路の雪も昼過ぎにはほとんど溶けていた。
今週から気温も二桁に上がるそうで、ようやく寒さも緩むらしい。


スポンサーサイト
[ 2011/01/31 23:05 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

サッカー日本代表 アジア杯決勝 オーストラリア0‐1日本


スポーツナビ アジア杯決勝 オーストラリア0‐1日本


延長後半、途中出場の李忠成が、左サイドの長友からのクロスを
まるでジダンのような鮮やかな左足のダイレクトボレーをゴールに突き刺し、
日本がオーストラリアを破って、4度目のアジアチャンピオンとなった。


決勝戦、オーストラリアはサイドから雨あられとクロスを放り込み、
フィジカルの強さを生かした攻撃で日本を苦しめる。

日本の攻撃は、勝ちはしたがあまり褒められたものではなく、
もっと速いパス回しとDFの裏への飛び出しなどで揺さぶりたかったが
なかなか上手く行かない。

後半、藤本に代えて岩政を投入してクロス対策をし、
今野を左サイドバックに、そして長友を中盤に上げたことで
サイド攻撃が活性化し、盛り返す。

DFのミスからキューウェルに突破を許すが、
決定的なピンチもGK川島のスーパーセーブで凌ぐ。

そして李のダイレクトボレーが決まり、日本が勝利した。


今大会は、選手の精神的なタフネスが際立っていた。
グループリーグ初戦のヨルダン戦は、終了間際に
同点に追いついた。

シリア戦は、GK川島が退場し、一人少なくなった中で
逆転勝ち出来た。

カタール戦も退場者を出しながらも逆転勝ちし、
韓国戦も終了間際に追いつかれたが、PK戦で勝利した。

かつてなら落ち込んでそのまま負けてしまうような状況でも、
選手は諦めずに勝利をもぎ取って行った。

とにかく今大会の日本代表は、まるで少年漫画のような逆境の連続で、
しかもことごとくそれを乗り越えて成長していくという、
筋書きがあるかのようにドラマチックだった。


ザッケローニ監督の選手起用も光る。

選手が集まらずほぼぶっつけ本番で大会に臨み、
怪我人続出でどんどん離脱していくわ、主力も出場停止になるわと
制限が多い中、良くやりくりしたものだ。

カタール戦で決勝点を上げた伊野波、韓国戦での細貝、
オーストラリア戦での李と、代役や交代選手が得点を決めて、
嗅覚のある勝負師であることを見せた。

ミスをした川島や吉田を信頼して使い続け、
彼らの成長を促したのも凄い。

選手のコンディションを把握する能力が高いのだろうな。
韓国戦で5バックにした時はビックリしたけど。


課題点を挙げれば、失点が多いのが一番の問題だ。
変な判定が多かったPKを除くとしても、取られすぎだ。
スピードで振り切られたり、連携ミスで突破を許すのが目立つ。
アジアレベルなら相手が外してくれるが、世界となるとそうは行かないだろう。

攻撃では、大きくサイドを変えるパスが少なく、
中盤の選手の追い越す動きも少ない。
足元ばかりでなく、スペースへの動きとパスを多くしないと。

右サイドバックは内田でいいのかなあ。
守備の意識が高かったのだろうけど、スペースに飛び出して
パスをもらうようにするべきでは。


アジアカップはアジアカップで、やっぱり面白い。
日本で開催しないかなー。
大会のMVPは本田圭佑だったけど、個人的には長友にあげたい。


[ 2011/01/30 23:14 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

エジプト大規模デモ、ムバラク政権に衝撃


読売新聞 エジプト大規模デモ、ムバラク政権に衝撃


【カイロ=田尾茂樹】チュニジア政変に触発され、エジプト各地で行われた25日の大規模反体制デモは、約30年にわたって同国を強権統治してきたムバラク政権に衝撃を与えた。

 全土で数万人に上った民衆デモはエジプトでは前代未聞。

 26日に入っても、カイロ中心部では数百人規模のデモが散発的に発生し、北東部スエズで約2000人がデモ参加のため集まったとの情報もある。国民の不満は予想以上に鬱積(うっせき)しており、今後も大規模なデモが続くなら、政権を揺るがす事態となる可能性もある。

 「ムバラクは出ていけ」

 カイロ中心部では、26日もデモ参加者の叫び声が響いた。同日未明には警官隊が催涙弾を発射するなどし、数千人の市民を強制排除。治安当局は厳戒態勢を敷き、内務省も「いかなるデモも認めず、参加者は徹底的に取り締まる」と警告したが、中心部では再び、デモ隊が集まり、目撃者によると、警官隊が催涙弾を発射する事態になっている。

 25日のデモでは参加者3人と警官1人が死亡。地元メディアなどによると、このほか350人が負傷した。ロイター通信によると、26日までに、エジプト全土で市民ら少なくとも500人が拘束された。

(2011年1月27日01時04分 読売新聞)




1月29日の今日も、エジプトではデモが続いている。
ムバラク大統領は全閣僚の更迭を発表したが、自身は辞任するつもりはないらしい。

チュニジアに端を発した中東、北アフリカの現政権の退陣を求めるデモは、
今も各地に拡散している。
広がるばかりの格差社会に、とうとう堪忍袋の緒が切れたようだ。

デモの連帯にフェイスブックやツイッターなどの
ソーシャルメディアが活躍している。
情報の拡散には大きな役割を果たしたが、新政権を樹立するのに
ちゃんとつながりが保てるのか、疑問の声も挙がっている。


日本人も倒閣デモを行う日が来るのだろうか。


[ 2011/01/29 22:41 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

体調をくずす


昨晩から体調を崩す。
今日は一日ぐったりしていた。

薬のせいか、ずっと眠い。
朝は随分と回復したと思っていたが、
今は熱っぽい。


頭痛は治まったのは幸いだが、明日は外出しなければならないので
熱が下がって欲しいのだけど。


[ 2011/01/28 23:05 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

蔵造のしびれ辛味噌ラーメン

ramen83




蔵造のしびれ辛味噌ラーメン、中辛で850円也。


四川の黒山椒を使っているそうで、まあ辛い。
中辛だけど、最初は苦行のようだった。
後半は味噌の甘みが出て来たけれども。
一回食べたら、もう充分だ。


ブルーレイレコーダー、モデルチェンジ前ということか
家電量販店でも価格.comの最安値と同じ値段が付いている物もあった。
まとまった手持ちの金があれば、すぐに買えるのだけれども。
いや、貯金をつぎ込めば買えるのだけれども。


[ 2011/01/27 23:12 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『(500)日のサマー』




ああいうエンディングにすれば、何でもハッピーエンドになるよな。


主演のゾーイ・デシャネルがハマリ役で、今風に言うなら
いい感じにビッチなんだけど、妙にオタク受けするような髪型に
していたけど、あれは狙いなんだろうか。


アメリカでも、カップルでAVコーナーに入って来ると嫌がられるのな。


[ 2011/01/26 23:04 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

漫画 『Giant Killing 18』




チームがまとまるとは、どういうことか。


GKの緑川絡みでまたも失敗した椿。
前回はただ落ち込むばかりだったけど、今回は果たして。


[ 2011/01/25 23:46 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

本 遠藤 武文 『プリズン・トリック』




刑務所という密室で殺人が起こったという、掴みは良いのだけれど、
そこから物語が展開していくにつれ、どんどん退屈になって行く。

とにかく登場人物が誰が誰やら、ごっちゃになる。
余計な描写が多いし、何度もさかのぼって読み返すはめになった。

密室のトリックは面白いのだけど、最後の最後にある
サプライズも無理から付け足した感が否めない。

そんなに数を読んだわけではないけれど、どうも乱歩賞とは相性が悪い。


飲酒運転で死亡事故を起こし、服役してきた人物を
バーに呼び出すなんて、どんだけ人でなしやねん。


[ 2011/01/24 22:59 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

本 石岡瑛子 『私デザイン』




石岡瑛子本人による、関わったプロジェクトの解説本。

今まで単なる衣装デザイナーだと思っていたのだけど、
実際はCMプランナーから始まって、舞台のセットから衣装から
トータルでデザインを担当する人だった。

映画はもちろん、舞台からオペラ、写真展に
サーカスにオリンピックウェアのデザインまでと、多岐に渡る。
それも依頼が途切れることなく、同時に複数のプロジェクトを
かけ持ちしてジャグリングしながらこなしていく。

才能も凄いけど、そのバイタリティも凄い。


この本を呼んでいると、我儘な女優としてジェニファー・ロペスをディスっているんだけど、
石岡瑛子本人も、クオリティを上げるためとはいえ、かなり面倒くさい人だったぞ。


[ 2011/01/23 23:30 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

蔵造のカレー汁なし坦々麺

ramen82


蔵造のカレー汁なし坦々麺、大盛りで650円也。

美味しい。でも大盛りでも物足りない量だった。
食い過ぎかなあ。

買ったばかりの手袋を早速道に落とす。
無事回収できて良かった。


neko60


よその猫でも可愛い。三兄弟だろうか。
割と愛想がいい猫たちだった。


チーズビットが売ってなかった。
ある所にはあるのか。


[ 2011/01/22 23:31 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』




結婚式の前に、男だけでラスベガスに羽目を外しに行くのだけど、
朝起きたら部屋は目茶苦茶、そして新郎は姿を消していた。
新郎の行方と何が起こったのかを知るため、あちこちを探し回るのだが…。

いやー、面白かった。
こういうコメディ映画、日本では作れないのかなあ。
ボンクラなおっさんばっかりの映画だけど、
日本でも受けると思うし、実際にヒットしたし。

有名な俳優が出ていなくても、女性に受けるような恋愛要素を入れなくても、
内容が面白ければ客は来まっせ。


一番好きなのは、警察署のシーン。
腹抱えて笑っちゃった。


[ 2011/01/21 23:31 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

まちの中華食堂 藤田屋のラーメンセット


まちの中華食堂 藤田屋のラーメンセット、800円也。

鶏ガラベースで甘みの強いスープと、しっかりした味のチャーシューで
相変わらず美味しいラーメンだ。

前回、パラッと系チャーハンのお手本のような味だったチャーハンは
イマイチだった。もっと美味しかったのに。

半チャンセットがチャーハンセットになっていて、
実質値上げしたみたい。なんか色々と残念。

モンベルのクリマバリア フィッシンググローブを買い直す。
サイズはS。タイトすぎるか。
Mサイズは前回も売り切れだった。


時刻表が券売機の近くでなく、改札を通った待合室にあるってどういうこと?


[ 2011/01/20 23:21 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『ソーシャル・ネットワーク』


allcinema 『ソーシャル・ネットワーク』


人の話はちゃんと聞け。


この映画では、フェイスブックの創設者であるマーク・ザッカーバーグは
他人とまともにコミュニケーションを取ることが出来ず、
他人のアイディアを盗んで事業を起こし、邪魔になったら
親友でも罠にはめて、経営から追い出す極悪人として描かれている。

実際のザッカーバーグは、もちろんそんなことはなく、
フィクションとして誇張している部分も多いそうだ。

ビジネスが肥大化するに連れて、学生ノリのゆるい連帯が崩れていく。
こういう組織が崩壊する話は、何故か僕の心を掴む。

物語を解体すると、高い理想を掲げて集まった革命の同志たちが、
自分たちが政権を奪取した途端に、仲間割れを始めて袂を分かつという、
割と古今東西で使われてきたテーマに因数分解できる。

用済みになった途端に親友でも切り捨てるというのは、
まるで『黒い家』の大竹しのぶみたいでホラーチック。

途中からフェイスブックの経営に参加してくるショーン・ポールは
口先三寸で投資家から金を集めたり、ザッカーバーグと友人だったエドゥアルドの
仲を引き裂いたり、起業家ゴロとして悪意たっぷりに描かれているのが印象的だった。


ほとんどが初めて見る俳優ばかりだったけど、退屈しなかった。
やはり映画は俳優の格ではなく、内容が一番重要なんだと認識させられた映画だった。
お勧めです。


[ 2011/01/19 23:20 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

寒ブリと真アジ

lunch42

寒ブリ。


lunch43

真アジ。


蒸し牡蠣が食べたかったが、すでに売り切れていた。
残念。


[ 2011/01/18 23:32 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

本 マイケル・サンデル 『これからの「正義」の話をしよう』




立ち止まって考えながら読んでいたので、
なかなか先に進まない読書だった。

僕のおつむの出来では、この本の解説なんて
出来やしないが、行き過ぎた個人主義の反動で
共同体主義が存在するということぐらいは判った、ような気がする。

サンデルは究極の選択のような問を突きつけてくるのだが、自分だったら
どうするかと考える作業は、しんどいけれど楽しくもあった。

哲学って、正解があるんでしょうかねえ。
どちらの考え方も、ほどほどにするのが肝要かと。


自分だったら、身内に犯罪者がいたら通報しちゃうかな。


[ 2011/01/16 22:48 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の散歩


朝から雪が降るかと思ったが、チラチラと
雪が舞ってはいたが、積もるまでには至らなかった。

風が強く、帽子が飛ばされそうになった。
その割には、あまり寒さを感じなかった。
ネックウォーマーが効いていたのか。
つま先もあまり冷たくならなかったのは、ヒートテックソックスのおかげなのか。

雪は夕方くらいから降り始め、今はかなり積もっている。
サラサラのパウダースノーだけど、去年はこんなに積もったかな。


広島の中心部では全然積もっていなくても、
この辺は急に雪の量が増えていたりする。
なんでだろう。ニュータウンで、山頂にあるわけでもないのに。


[ 2011/01/15 23:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


<本日の走行距離> 34.26キロメートル


天気は晴れ。行きは向かい風。


ここ二日ほど、朝起きたら雪がうっすらと積もっていたが、
今日は雪もなく良い天気だった。

寒いと自転車に乗るのが億劫になる。
雪が降っていて欲しいなあ、それなら走らなくて良いから、
なんて期待は裏切られ、走ることにする。

週末は天気が悪く、雪やみぞれが降るらしい。
乗れるうちに乗っておく。

前回から、軽い負荷にして回転数を多くするよう
ペダルを回している。
もうスピードにこだわることは辞めにしよう。

帰り道に護国神社に寄って行く。
こんな時期でも、お参りに来ている人は多かった。
それも老若男女さまざまに。
ただ、熊手やお守りなんかが段ボールで沢山積まれていたのは興ざめだったが。


おっさんはすぐに馴れ馴れしく話しかけて来るなあ。
あそこの公園で、トイレを使うのは止めようか。


[ 2011/01/14 22:56 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

吉野家の牛丼


吉野家の牛丼、並盛と味噌汁で320円也。


111周年の記念ということで、牛丼の並盛が270円だった。

皆考えることは一緒で、いつもよりもお客が多かった。
普段ははサラリーマンや工事のおっちゃんらばっかりだけど、
今日は家族連れやじいさんまで来ていた。

久し振りに食べたけど、並盛では物足りないなあ。
正月太り解消のため、あまり食べられないのだけど。


帰りに割引券をもらう。
使うためにまた行こうか、どうしようか。


[ 2011/01/13 23:05 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『ザ・セル』 『ザ・セル2』




まずは評判の悪い続編から。

まあとにかく、取ってつけたようなありきたりな
シーンの連続で、そのやっつけ仕事っぷりがすごい。

前作から継承しているのは、女性が相手の意識に入り込むという所だけ。
ほとんどが犯人を探す現実のシーンで進んで行き、
精神世界の描写がすげえショボい。

これ、テレビ映画だったんかなあ。
開始25,6分で犯人が判った。
まあ、誰が犯人かというミステリーで話を引っ張らないのだけれども。

とにかく、終盤に謎のシーンが連発する。

最後、何故犯人が人質を連れて逃走したのか判らない。
そして映画史上に残るような、急なキスシーン。
二人が惹かれ合っているなんて描写、一つもなかったぞ。

エンドロールの、雪山の風景を延々と空撮しているのは何?
タイアップか何かか?

一番最後に、カースタントのメイキング映像が付け加えられているんだけど、
あれは何故?
カースタント自体が全く迫力がないシーンなのに。


よくもまあ、こんな完成度の低い映画を世に出したものだ。





こちらが本家。
2000年の映画だったんか。

11年も経つと、内容を全然覚えていない。
もっと精神世界のシーンが多かったと記憶していたが。

現実世界で行われている捜査のシーンでの、演出の手抜きっぷりったらない。
その分、精神世界の描写はイカす。


The Cell - inside Starghers mind





この映画の二大イカすシーンがこれ。
特に玉座のシーンは何度見ても鳥肌もの。


白い衣装で、ジェニファー・ロペスが舞い降りてくる
シーンがあったように記憶していたが、どうもごっちゃになっているようだ。


[ 2011/01/12 23:08 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『グリーンフィンガーズ』




テレビ放送で鑑賞。


受刑者たちがガーデニングの面白さに目覚め、
皆でコンテストの上位を狙うというお話。

ハンプトンコートパレスに行く方法は他にもあるだろ、と思うが、
それだと女王陛下に謁見できないか。

肩のこらない、良質な映画だった。
ハリウッド映画的な展開にならないのは、イギリス映画らしいか。


体が痙攣するほど、腹を下す。
割とすぐに回復したから良かった。


[ 2011/01/10 23:22 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


自分で運転しなくて良かったので、気楽なもんだ。

生け花用の南天を切り、
大根と白菜をいくつか収穫して帰る。

大根と白菜は、ベーコンを加えてコンソメスープにした。
無農薬、採れたてで美味しい。

年越し蕎麦が大量に残っている。
今日は月見にしたが、大根おろしをのせておろしそばもいいなあ。
ロールキャベツならぬロール白菜もいいかも。


高地は雪が残ってるなあ。
今日はあちこちでとんど祭りをしていた。


[ 2011/01/09 23:20 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

やそ八の二色そば

lunch41


やそ八の二色そば、1050円也。


手前が一割のつなぎを使った物で、奥の白い方は蕎麦の実の
中心にある、白い部分だけを使った物だそうだ。

両方の蕎麦、そして香りの良いつゆ、
刻みたてのねぎに本物のわさびと、どれも質が高く美味しかった。

白い蕎麦は、この店の変わり蕎麦のベースとなるそうで、
この蕎麦が上手く打てたなら、その一年はまた蕎麦職人としてやっていける
目安となるものらしい。

…とまあ、わざわざ店主がこちらまで来て説明してくれたのだが、
こういうのを煩わしいなあ、と感じる僕のような客にはありがた迷惑であった。
褒めて欲しいんだろ、とは言わないけど。

量は大盛りでも良かった。
食前に蕎麦を揚げてかりんとうのようにした物が出されて、
小さい皿に出汁と大根おろしの入ったうどん、そして蕎麦湯が提供される。
あとジャムをのせた小さい食パンも、デザート代わりに出される。

こういう専門店の蕎麦って、何だか水っぽいなあと感じることが多いが、
こちらの蕎麦はそんなことない。
つゆも美味しくて、蕎麦湯の時につゆを追加したくらい。
何か延々と飲めそうだった。

以前に行った時はそんなことはなかったが、店主が話し込んできてくれたのは
客が僕一人ということもあってか、新年だったからか。
また食べたいんだけど、うんちくを聞かされるのはなー。
鴨南蛮も食べてみたいしなー、どうしようかなー。


…一人で行かなきゃいいのか。


[ 2011/01/08 23:29 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


<本日の走行距離> 約32キロメートル


天気は晴れ時々曇り。帰りは向かい風。


とにかく寒い。特に帰りは心が折れそうになるほどだった。
ネックウォーマーぐらいでは防寒対策にならなかった。

今日は出発する時からけったくそ悪い出来事があり、
結局、最後まで嫌な事が続く一日だった。


高校生、四人集まればモンハンやってる。


[ 2011/01/07 23:02 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

本 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』




女子高生はドラッカーなんか読まねえだろ、なんて野暮なことは言わずに。


ドラッカーの経営理論を野球部の改革に実践し、
野球部がだんだん強くなっていくのだが、
その部分が意外と面白い。

小説なんだからなんでもありだし、展開も上手く行き過ぎだし、
ベタだし、成長や変化の描き方がぞんざいで文章も下手なんだけど、
やはり目標に向かって一生懸命になっている人の姿は心を打つ。

ただ、この本を真に受けて、会社の組織改革を始められてもなあ。
最初は新鮮だった改革も、すぐに形骸化してしまい、手段が目的化したり
無駄な会議が増えたりしそうだ。


この本が売れる理由は判る。
話の種に、買ってみては如何かと。
すぐに読めちゃうし。


[ 2011/01/06 23:17 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

ばり馬の濃厚味噌太麺

ramen81


ばり馬の濃厚味噌太麺、820円也。


濃厚なラーメンに、自家製辣油と野菜がトッピングされている。
美味いけれども、やはり濃すぎる。
夕方くらいになったら、お腹をこわしちゃった。


手袋、結局見つからず。


[ 2011/01/06 23:13 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『ザ・フォール/落下の王国』




ターセム監督らしく、馬がいななき巨大な布がはためく。


自殺願望のある男が少女に話す
お伽話を映像化している。

CGを少なめにして、世界各国でロケして
大人数をエキストラとして投入する物量作戦が、今の時代となっては新鮮だ。

その割には、画面に迫力とダイナミズムが足りない。
本物を使うことで、実在することの空気感が伝わってくるものだと思うのだが。


ターセム監督が好きなのか、石岡瑛子の衣装デザインが好きなのか
判らなくなってきた。
ダーウィンの毛皮と、姫の初登場シーンの衣装が好き。


[ 2011/01/05 23:35 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

漫画 諫山 創 『進撃の巨人』




エレンが巨人になる理由やメカニズムは、まだ明らかにされていない。


男なのにエレンという名前で、ヒロインがミカサという名前だから、
どっちがどっちか判らなくなる。


[ 2011/01/04 23:48 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車

keshiki10


<本日の走行距離> 約34キロメートル


天気は晴れ。行きは向かい風。


今年の走り初め。
晴れて暖かく、ネックウォーマーをしていると暑いくらいだった。
気持ち良く自転車で走ることが出来た。

ベストの体重より3キロオーバーしているせいか、
体が重いし腹まわりが少し窮屈になっている。
暴飲暴食も今日までだ。

自転車乗りに何人かすれ違ったが、
リカンベントに乗った人が二人もいた。
寝っ転がって乗るから楽みたいだけど、何だかバランスを
取るのが難しそうで、僕が乗ったらすっ転びそうだ。


フラットペダルのあの人、抜かれたのが悔しいのか
抜き返してきたけど、こちらがマイペースで進んでいたら
すぐに追いついた。
終いにはバテたのか止まっちゃう始末。
そんなに頑張らなくていいのに。


[ 2011/01/03 23:32 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

今日の散歩


大晦日か元日にかけて雪が降ったりしたけど、
今日は晴れて気温も10度を超えて暖かい日だった。

マイクロSDをSDサイズで使えるアダプタ、キーボードを
埃から守る、貼り付けるタイプのカバーを買う。
家電量販店、ユニクロで中国人らしき客が多くいた。
こんな田舎でも、彼らは増えてきているなあ。
故郷にお年玉として送ったりするのだろうか。

初売りということで、家電量販店もスポーツ用品店も
お客が多かったが、2010年末のクリスマスも年末も、
そして2011年の年始も、例年に比べて何だか盛り上がりに
欠けていたような気がする。
不景気ばかりを言いたくはないけれど。


ケンタッキーのお年玉バーレルのCMを見て、
うちの母親が食べたいとか言っていた。
あの年齢の人でもお節料理に飽きているのか。
つられて僕の昼食はケンタッキーのチキンのセットにした。
やっぱ美味いなあ。


[ 2011/01/02 23:35 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 ジョージ・オーウェル 『一九八四年』




国家が全てを統制する社会、という設定の
数々の小説やら映画やらの元ネタとなった作品、と言っていいのかな。

政府の機関で働く、しょぼくれた男・ウィンストンは
所属する全体主義国家のやり方に疑問を持ちつつも、
目立つことなく日々を送っていた。

ある日、ジュリアという魅力的な女性と出会い、
彼女と過ごして行く内に、全体主義国家に対抗する
運動に参加を決意するのだが…。

ウィンストンがジュリアとの生活で人間性を取り戻していく過程が
非常にエキサイティングな展開なのだけど、まさかああなるとは。
今となってはありがちな展開と言えるけど、やっぱり気が滅入る。

国民に過去を捏造してでも、自分たちに都合の良い情報を与え、
歌謡曲やポルノまで提供してガス抜きをさせるという、
全体主義国家を目指すなら読んでおいた方が良いかもしれない。

国家による統制とそれに反発する人たちというテーマは
繰り返し多くの媒体で描かれているが、
何度も描かれているということは、統制をしても必ず抵抗活動が
生まれるということだから、人間の不屈さもなかなかのものだ。
もっと自分たちの力を信じていいのだろう。



プロレタリアを恐れる理由は何ひとつない。放っておかれたら、
彼らは、反抗したいという衝動など少しも持たないどころか、世界は今とは違った風に
なり得るのだということを理解する力も持たないままに、
何世代にも何世紀にも亘って、ただただ労働し、子どもを産み、
死んでいくことだろう。彼らが危険な存在になりうるとしたら、
工業技術の進歩によって、彼らにより高度な教育を施す必要が生じたときだろう。
しかし、軍事競争、商業上の競争はもはや重要ではなくなっている為、
国民の教育水準は実際、下降の一途を辿っている。
大衆がどんな意見を持とうが持つまいが、関心を払う価値もないと思われている。
彼らには知性がまっくないので、知的自由が与えられるのである。



石原慎太郎とかこんな風に考えているんだろうなあ。


トマス・ピンチョンの解説がまた素晴らしい。



[ 2011/01/01 22:52 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)