本 サラ・ローズ著、築地 誠子訳 『紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく』




19世紀、東インド会社はインド産のアヘンを中国に売り、
中国から茶を買っていた。
茶は高値で取引される商品で、税収にも貢献しており、
イギリスはどうにかして茶の栽培と精製技術を得ようとしたが、
中国はこれを機密として明かさなかった。

そのためイギリスは、中国からチャノキを持ちだし、
インドのヒマラヤ山麓で自ら栽培しようとした。
この任務を任されたのが、プラントハンターのロバート・フォーチュンである。


・茶は1660年代に初めてイギリスに紹介されたが、それはチャールズ二世に
嫁いだポルトガルの王女、キャサリン・オブ・ブラガンザが持ち込んだものだった。
一方、茶は会社にとって理想的な貨物であることがわかった。軽く、梱包しやすく、
何が起こるか予想もつかない船の長旅に耐えることができるからだ。

高級外国品である茶はたちまち上流階級の間で愛飲されるようになり、
肌寒く、雨がちなイギリスの気候では茶を振るまうことが礼儀を
わきまえた趣味の良さを表した。やがて茶は一般庶民にまで浸透していき、
十八世紀半ばにはイギリスで最も人気のある飲み物となり、ビールの売り上げを
上回るに至った。


様々な危険を乗り越え、中国の辺境からチャノキを始め沢山の植物の
苗木や種子を運び出したことが描かれるのだけど、これ要するに
産業スパイだよね。

イギリス人のやり方を見るにつけ、アングロ・サクソンは卑怯だからこそ
フェアプレイの精神が尊ばれるというネタ話にうなずいてしまう。


この時代から多国籍企業というのはろくでもないことが判る。
儲けるためには何やってもいいと思ってるな。


スポンサーサイト
[ 2013/10/31 23:08 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

空華で焼肉

今日は焼肉をおごってもらえるということでお出かけ。


lunch113


まずはビールスタンド重富で重富注ぎを飲み、ガソリン注入。
きめ細かい泡とスッキリしたビールをいただく。


lunch114


時間つぶしにスターバックスのフォームドピオエスプレッソを飲む。
なんだか、出汁の味がした。
このショットグラスはカッコいいのだけど、売ってくれないだろうか。


lunch115


そしてメインの空華で焼肉。
食べ放題、飲み放題を注文する。

肉で美味しかったのは、写真一番手前の肉と薄切りのロース。
やはり高い肉は美味しい。

社のエース営業マン、派閥争いなんかで大変らしい。
良き営業マンは、お客にも社内にもハッタリをかまし
私を信じてほしい、と説得することが大事だそうで。
弟子を育てること、営業の極意を秘伝書にして
メソッド化することはなかなか難しいみたい。

何故か締めのご飯の味で意見が分かれる。
超絶美味しいと言われたけれど、なんだか糠臭くて
炊飯ジャーに入れっぱなしにしていた味がしたんだけど。

大きな案件が片付いて、自分へのご褒美のおこぼれに預かる。
ボーナスが出たら、またおごってくださるそうだ。

しかしまあ、今年に入ってから量が食べられなくなった。
食べ放題、飲み放題だけど、おかわりをする前にお腹いっぱい。
無理して詰め込んでも、リバースするだけだしね。


帰り道、他の飲食店を見て回るけど、水曜日の夜は
これぐらいのにぎわいなんだろうか。
一人も入っていないお店を見ると、なんだかゾワゾワする。
新規出店も増えて、景気が回復傾向にあるような気がしているのだけど。


[ 2013/10/30 22:48 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』




allcinema 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』


結婚する親友のブライズメイズの主導権争いを巡る大騒動。

彼氏にふられ、仕事も上手く行かない主人公。
さらには大親友の一番の理解者という立場まで
奪われてしまいそうになり、自棄を起こして大爆発する。
こじらせ系女子とはこういうことか。

それでも、問題は他人ではなく自分の中にあることに気付き
ルサンチマンを乗り越える。


ピンクレモネードを飲んで、悔しいけど美味しい、と言うところが最高。
非常にお下劣なので、お気をつけて。


[ 2013/10/29 23:15 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。行きは追い風。

室内でもフリースが必要になったけど、
自転車も出発した時は寒さで身が切られそう。
それでも、走っている最中は暑くなるのだから厄介。

今日はあまり信号に引っかからない日だった。
休憩できないのは意外と大変だ。


横川のゴッドバーガー、本当に閉店していた。
昨年食べに行った時は、まだ店主も元気そうだったから
安心していたのだけど。


[ 2013/10/28 23:48 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 4』




1970年から1983年まで、S-Fマガジンなどの掲載された短編集。

理解できないものは存在しないことにされる「ヒョンヒョロ」、
全てがリセットされる結末の「自分会議」、
タイムマシンが完成することはない理由が納得の「T・Mは絶対に」、
ミート・キューブの「カンビュセスの籤」が良かった。


[ 2013/10/26 23:03 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

小説 貫井徳郎 『プリズム』




<ネタバレ含む!>

小学校の女性教師が殺害された。
生徒や同僚、関わりのあった人々が真相に挑む。

解説にもあった通り、アントニイ・バークリー
『毒入りチョコレート事件』の手法をとる。
つまり真相の追求よりも、推理の過程が重視される。


読み終えた後、やっぱスッキリせんなあ。
イケメン刑事の使い方がもったいない気がする。


[ 2013/10/25 23:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

LAFUMAのリクライニングチェア




座椅子が壊れたので購入する。

折りたためる、無断階リクライニングが購入の決め手。
室内で使うにはやや長いようにも思うが、まあこんなものか。
ほぼ水平まで倒れるので寝るのも楽チン。


物珍しいのか、猫が興味津々。
壊れた時のメンテナンスがちょっと心配。


[ 2013/10/24 23:03 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『シュガー・ラッシュ』




<ここからネタバレ!>

ヴァネロペが操作できるキャラクターとなると、
プレイヤーが故障したと思い、電源が抜かれてしまう。

電源が抜かれてしまうと、ゲームから外に出ることが出来ない
ヴァネロペは消えてしまう。

キャンディ大王の正体はターボ。

<ここまで!>



主人公が天職を見つける成長と、あちらが立てばこちらが立たぬ、
その中で決断を迫るという展開の妙が実に巧みだった。
前半がちょっとかったるいのが欠点か。


ヴァネロペ役の諸星すみれがものすごく達者。
そうだよ、コインがなくてもヒーローになれるよ。


[ 2013/10/23 23:24 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 斎藤 環 『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』




ヤンキー文化は何故日本人を惹きつけ、嫌われるのか。

家族や仲間を大事にする「絆」主義、分析よりも行動を重んじ、
情熱と気合があれば困難も乗り越えられるはずという反知性主義。
場当たり的に根拠や伝統を捏造し、躊躇なく乗っかることが出来る
メンタリティとバイタリティ。

これらが近現代に生まれたものではなく、大昔から日本人の中に
存在するメンタリティだということに辿り着く。
ヤンキー家族主義における「母性」の圧倒的優位性への指摘は
大変興味深い。

暴走族や芸能人にヤンキー精神が宿るのはかまやしないのだけど、
保守系の政治家が気合で乗りきれの反知性主義だったり、家族主義を
押し付けてくるのが一番困る。

近代国家とは、地縁や血縁が切れた人も見捨てないシステムを
作り上げることだと思うのですよ。


皆が熱く盛り上がっている時に冷水をぶっかける理屈バカだから、
僕は主流派になれないんだ。


[ 2013/10/22 22:42 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車

天気は晴れ。行きは追い風。

天気も良く、暑くなった。
保冷の水筒ではなく大きめのペットボトルと
冷凍の物を持っていく。
水は半分くらい余る。


いろんな場所で測量をしていたけど、
なんかあったのか。


[ 2013/10/21 23:36 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 3』




1978年から1984年まで漫画アクションに掲載された短編集。

「メフィスト惨歌」「超兵器ガ壱號」「テレパ椎」
「旅人還る」「倍速」が良かった。
「メフィスト惨歌」のトリックと「倍速」のオチが秀逸。


[ 2013/10/20 22:58 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『リンカーン弁護士』




allcinema 『リンカーン弁護士』


<ネタバレ含む!>

司法取引で依頼人の刑を軽くしてきた弁護士ハラー。
資産家の息子から依頼を受け弁護を引き受けるが、無罪を
勝ち取ることを要求される。
調査を続ける内に、過去の事件との共通点が見つかり…。

自他共に認める悪徳弁護士が、依頼人が本当は有罪であることを知るが
秘匿義務により告発できないというジレンマ。
しかも過去に担当した殺人事件で無実の依頼人を取引で刑務所送りに
してしまったことが発覚する。

やり手として自信満々だったハラーが脅迫されたとはいえ
悪党に鼻面を引き回される中盤は非常に面白い。
しかし攻守が逆転する終盤でのプロセスが鮮やかとは言えず、
もったいなく感じた。


別れた家族や警察との関係性をもっと整理して描いていればなあ。


[ 2013/10/16 23:29 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 中町信 『模倣の殺意』




『七月七日午後七時の死』という小説を残し、坂井正夫は自殺した。
その題名の時間に。
編集者の中田秋子はその死に不審な点を感じ、独自に調査を始める。
一方、ライターの津久見伸介も仲間だった坂井の死について
追い始めるが、やがて有名作家が関係する盗作騒ぎにぶつかり…。


<ここからネタバレ!>

中田秋子と津久見伸介の追っていた坂井正夫は、同姓同名の別人。

中田秋子が追った坂井正夫の自殺の理由は、我が子に手をかけたから。

津久見伸介が追った坂井正夫の死は、有名作家だった中田秋子の父親の
盗作が発覚するのを恐れ、中田秋子が坂井正夫を毒殺した。


<ここまで!>



腑に落ちない部分もあるが、見事に騙された。

もとは1972年に出版された小説なので所々に
古めかしさを感じる。
カメラのトリックは、デジカメ時代の今となっては
理屈が上手く理解できなかったり。


サラリと読めて真相に驚く、出張のお供に良いのではなかろうか。


[ 2013/10/15 23:17 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は快晴。行きは追い風。

体育の日。外でスポーツをしている人は多かった。
ロードバイクとも多くすれ違う。

来週からは寒くなる、と言われ続けてはや10月も半ば。
夏を思わせるほどではなくとも、秋とは思えない暑さだった。
冷却水と保冷の水筒が未だ活躍している。


今週半ばにまた台風の影響で雨になるらしい。
流石にこれで秋が訪れると思うけど。


[ 2013/10/14 22:39 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 2』




ビッグコミックに1975年から1995年まで
掲載された短編集。

今、自分が生きている世界は本物なのかと疑問に思ったり、
平行世界にいる別の自分と交わる話と、
様々な特徴のある不思議なカメラに振り回される話との
二つに分類できる。

第一巻に比べるとブラックさは軽減されている。


[ 2013/10/13 22:43 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

酒まつり2013

sakematsuri201310121


西条で行われた、酒まつり2013に行ってきた。

電車に揺られ、9時過ぎに西条駅に到着。
そういえば、来るのは初めてだ。

ほとんどの酒蔵は10時からイベントが始まるので、
到着した頃ではまだまだ準備中。
賀茂鶴はすでに開いていたので向かう。

500円で四種類の日本酒が飲める、有料試飲を行う。
立て続けに味見をすれば、流石に違いが判る。
最後に飲んだぬる燗の酒が美味しかったので、お土産に買ってもらった。
大吟醸マカロンも買って帰る。

次はお目当てだった賀茂泉に向かう。
二種類を試飲し、名人による打ちたての蕎麦をいただく。
10時15分くらいから約30分ほど並んだ。
蕎麦は香りが非常に良かったが、蕎麦つゆがイマイチだった。

賀茂泉では美酒鍋も食べる。一杯500円也。
鍋というよりは、野菜炒めに日本酒をふりかけ、煮詰めた感じ。
竹筒に入った日本酒もいただく。焼いた味噌も酒のあてに出されていた。

sakematsuri201310122

賀茂泉のタンク。ライトアップされてカッコいい。
ここでは仕込み水が飲み放題だった。

酒蔵通りを歩き、亀齢で二杯。
白牡丹で塩麹ラーメンを食べる。一杯500円也。
正午前で人も多く、30分くらいは並んだ。
味は普通。優しい味で飲んだ後の締めに良い感じか。

sakematsuri201310123

良い天気。
白壁と煙突が青空に映える。

その後は南下して五千人の居酒屋会場をぐるりと見て回る。
色々な屋台が出ていた。世羅牛や鶏の串焼きなんかも売っていたので、
食べたかったけどラーメンを食べたばかりだったのでパス。

当日2000円で、日本全国のお酒が飲み放題という酒ひろば。
今年は見送り。流石に値段に見合うだけ飲めないだろうから。

少し北上し、西にある山陽鶴と賀茂輝を見て帰る。
こちらはこじんまりしていた。


甘みのあるポカリスエットじゃなく、水にしといた方が良かった。
食べ物はブラジル料理の屋台で買った、もちもちしたピロシキみたいなのが
一番美味しかった。

日本酒は五杯、ビールを一杯くらいが丁度良い気がする。
帰りの電車では八割方寝ていた。


[ 2013/10/12 22:21 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 相場英雄 『震える牛』




<ネタバレ含む>

初動捜査の誤りによって外国人による強盗殺人とされた事件。
刑事の田川は再捜査を命じられ、足を使った地道な捜査を続ける。
やがて事件は日本最大のショッピングセンターチェーンにつながって行く。

狂牛病、ミートホープ、イオンの食品偽装など現実の事件がベースとなる。
焼畑農業のように地元の商店街を衰退させるが、自身も新規出店を続けなければ
倒れてしまう、ショッピングセンターの自転車操業。
混乱を避ける、市場への悪影響が大きすぎるという理由で
真実が闇に葬られるのは、何度繰り返されるのか。


地味な裏付け捜査によって物語が展開するので、ミステリとしては勢いに欠ける。
尻拭いばかりをしてきた番頭の滝沢に感情移入するものの、
一番得してやんの。



[ 2013/10/11 23:04 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『ライフ・オブ・パイ』




allcinema 『ライフ・オブ・パイ』


虎のリチャード・パーカーの目を盗んで救命ボートから
物資を持ちだしたり、嵐に遭遇して「主よ! 何故このような試練を与えるのですか!」と
叫んだ途端に波がザパーンと吹き飛ばされたりと、ドリフのコントを見ているようだった。


動物も信仰を持つとか、幻想なんじゃないの。


[ 2013/10/08 22:38 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車

天気は曇りのち晴れ。蒸し暑い。
行きも帰りも追い風だったような。

台風が沖縄に接近しており、明後日には
本州にも大雨を降らせるそう。
その影響か、10月に入ったのに暑い。

あまり体調が良くないのに距離を伸ばしたせいか
少々体がダルい。無理がきかない年令になったな。


この時間になっても、くしゃみが止まらない。
花粉でも飛んでいるのか。


[ 2013/10/07 23:30 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 『GIANT KILLING 28』




U22日本代表に選ばれた赤崎と椿の二人。
オリンピック最終予選のウズベキスタン戦、
椿は同点から流れを変えるため、投入される。

椿のプレイは人を巻き込む。
ボールを追う貪欲さに、勝利を諦めないひたむきさに
皆が引っ張られる、だって。カッコいー。


なんか気になる、応援したくなる選手っているよね。



[ 2013/10/07 23:15 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

漫画 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1』




1969年から1974年までビッグコミックに
掲載された短編漫画集。

今まで当たり前だった価値観が180度転換したり、
超人的な能力を手に入れた際に、人は倫理観と
どう向き合うかを問うテーマが多いか。
「黒い」藤子不二雄が読める、あの絵で。


「ミノタウロスの皿」「気楽に殺ろうよ」
「定年退食」「ノスタル爺」が良かった。


[ 2013/10/06 22:40 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

小説 トム・ロブ・スミス 『チャイルド44 』

 


1953年、スターリンの恐怖政治下にあるソ連。
国家保安省の捜査官レオはスパイ容疑をかけられた
妻ライーサを救ったがために、地方の人民警察へ
左遷されてしまった。

赴任先で体を切り裂かれ、口に木の皮を詰められた
少女の殺人事件を捜査する。
すでに容疑者は逮捕されていたが、レオはこれが連続殺人事件では
ないかと思い、真犯人を追う。
そしてレオとライーサも国家保安省から追われる身となり…。


人類の理想郷であるソ連には連続殺人事件など存在しない。
「存在しない」が「存在してはならない」と現実を歪める方に向い、
価値の逆転が生ずる。

誤謬を認めないソ連の社会システムという巨大な怪物に
個人で立ち向かわなければならないという絶望感たるや。
捜査と逃亡の助けとなったのが、人同士のつながりだったのだけど。


現代の日本は、このソ連の姿を笑えるだろうか。


[ 2013/10/06 21:54 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』




allcinema 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』


地上波放送で鑑賞。

最後ということで多少はましになったけど、
やはり突っ込みどころは多し。
子供はバナナが好きだから、という理由で犯人が
見つかるだなんて、ちょっと意味が判らない。


警察機構の不正を正したいなら、わざわざ過去の事件を
なぞらなくても、他にやり方があったのでは。
現に上層部は過去の事件との共通点に気づかなかったわけだし。


[ 2013/10/05 23:38 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気はほぼ快晴。行きは追い風。

天気が良かったので、距離を伸ばし
江波の三菱工場まで走る。
工場は私有地なので、海の側ギリギリまで
行くことが出来なかったのは残念。

遠いけど、帰れないほどではないという微妙な距離。
前日のランニングで左膝の外側を痛めたのにもかかわらず、
勢いにまかせて走ってしまった。
そのせいか少し痛むけど、歩けない程ではない。


次は宇品のグランドプリンスホテルに行ってみようか。
流石にあの格好でレストランに入るわけにはいかないけど。


[ 2013/10/04 22:50 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『怪盗グルーの月泥棒』

[ 2013/10/02 22:53 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『ミッドナイト・イン・パリ』




allcinema 『ミッドナイト・イン・パリ』


脚本家から小説家への転身を図るギル。
酔い覚ましに深夜のパリを歩いていると、見知らぬ人から
誘われパーティに招かれる。
そこにいたのはフィッツジェラルドやヘミングウェイだった。

フィッツジェラルドにヘミングウェイ、ピカソやダリなど
1920年代のパリにいた沢山の芸術家たちと触れ合う。
自分にとってのアイドルたちと交流し、このままこの黄金時代で
生きていたいと願うも、どの時代に生きていたとしても
「今じゃないあの頃が最高」だと人々が口を揃えるのを聞いて考え直す。

昔は良かった、のではなく今も昔も同じようにしょうもないし
素晴らしい。自分がどう生きるかが問題。


パリを音楽で表現する時、アコーディオンを使ってしまうのは万国共通らしい。


[ 2013/10/01 22:51 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)