麺屋元就の元就らーめんと豚めし

ramen176

ramen177


麺屋元就の元就らーめん680円と豚めし200円也。

元就らーめんは次世代の広島ラーメンの王道という味。
ラーメンはもちろん、チャーシューが美味しいので豚めしはおすすめ。
他にはない味付けだった。チャーシューが美味しいお店はラーメンも美味しいの法則。

つけ麺を注文するお客が多かったな。
次はつけ麺にしてみようか。


天気は晴れのち曇り。行きは追い風。
シーツを洗濯し干してから走る。

ここ数日の暖かさが少し影を潜める。
半袖のインナー、短めのソックスで少し暑いくらい。

今日は各地の桜を見ながら走る。
平和公園はほぼ満開。川沿いの公園や広場も人が多かった。
ホームテレビ裏の桜はもうちょっとかな。


ロングタイツは三月でおしまい。
夏装備を用意せねば。


スポンサーサイト
[ 2014/03/31 22:46 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

本 パオロ・マッツァリーノ 『偽善のすすめ: 10代からの倫理学講座』




・現実の社会やネット上での議論を見ても、相手を論理的に論破して議論に勝ってる
 ケースは少ないような気がします。意固地に自説を押し通し続けて、自分は正しいのだ、と
 叫び続けたあげく、論敵がさじを投げて議論から撤退したところをみはからっって
 勝利宣言をしてるヤツのほうが多いように思えますけどね。

・つまり寄付をして税金を安くする制度を利用できるアメリカ人は三割しかいないのに、
 アメリカ人の六五パーセント以上が寄付をしています。てことは、寄付をするのは
 節税のためという説は成り立ちません。(中略)
 
 どんなに税金をたくさん納めてる大富豪でも、寄付をまったくせずに普通に
 税金を納めたほうが、 手元に残るお金は多くなるという計算結果が出たそうです。
 純粋な損得だけで考えたら、寄付はしないほうがトクなんです。

・一部で不正があるからといって、寄付や募金はすべてインチキだ、偽善だ、と
 決めつけてやめてしまうのはいきすぎだし、バカげてます。(中略)
 そうやって少数の例をおおげさに責める人には、逆にこう詰め寄ればいい。
 「だったらあなたが管理責任者になって、すべての不正を未然に防いでみてください。
  ただし、もし一件でも不祥事が起きたら、責任とってあなたも一生、
  刑務所に入ってもらいますよ。」

・記事の著者は、こんなことをしても世の中の貧富の差はなくならないだとか、
 こんな偽善は世の貧乏人を堕落させるなどと批判しています。
 この論法はいまでも、国や自治体の福祉政策を批判する人が使っているんですよ。
 百年たっても同じことをいっているのだから、人間って進歩しないものなんですね。

 この手の批判の論法は同じです。要するに、チャリティ活動はごく一部の人しか
 救えないことを問題視しているんです。彼らの理屈だと、一部の人だけを救うのは
 偽善で、すべての人を一斉に救うのが本当の善だということになります。

 でもそれは、非現実的な理想論です。全員が救えるようになるまで、なにもしては
 いけないのでしょうか。準備が完璧に整ったところで、いっせいの、せ!で全員を
 救わなければそれは不公平で偽善だとでもいいたいのでしょうか。

 たとえば誰かが、「電車に乗ってるすべての老人に席を譲れないのだから、だれにも譲るな。
 一部の老人だけが席に座れて、座れない老人がいるとしたらそれは不公平だから偽善だ」と
 主張してたらどう思う?
 「ばかばかしい。話にならねえッスよ」
 「自分が席を譲りたくないのを正当化するために、もっともらしい理屈を
  こねてるだけじゃないの」

・中野好夫はこう主張します。悪人や偽善者には、自分が悪いことをしているという自覚があって、
 自分なりのルールに則って行動してる。だからルールを理解して警戒していれば
 悪人とつきあうことができる。

 しかし自分は絶対正しいと信じこんで行動してる善人は、ルールではなく信念や
 信仰みたいな動機で行動してる。彼らは、善意の自分を批判したり敵対してくる者は
 絶対に悪だと決めつけてしまうから、ルールを無視した卑怯な手段で攻撃してくる。

 私は何十年も生きてきたので、まさにこれだな、と思いあたる事例をいくつも知ってます。
 善意の善人と戦うやっかいさは、いまもむかしも変わりません。
 善意の善人にとっては自分の善意だけがすべてです。よのなかには色々な“正しさ”が
 あるということを理解できない人たちなんです。

・中野は、人間は完璧な存在になれないといいます。人間は救いがたいほど醜くて弱くて
 ずるくてスケベである。もちろん自分もそうなのだ。その欠点を完璧に克服することは
 不可能だ。でもだからといって、それをありのままに見せることが誠実だとは思わない。
 欠点を克服したいと願い、克服しているかのように装うのが偽善であり、そうあるべきだと。

・丸山眞男が「偽善のすすめ」で危惧していたのは、まさにこういう態度が世間に蔓延することです。
 偽善とわかっていても、悪いことは悪いと批判しなければ、どんどんよのなかは
 悪くなっちゃうんじゃないの? 偽善を恐れるあまりに悪を気取ったり悪を認めたりしていたら、
 とんでもないことになっちゃうんじゃないの?

・きれいな善、美しい善など存在しません。人間の行う善は、すべて偽善なのだから。

・「しない善よりする偽善、でも、やりすぎるのは独善だ」

・「気が向いたときだけ善行をしよう。偽善者になろう」

・偽善を批判する人たちの最大のあやまちは、動機や気持ちを重視するところです。私は
 その考え方は危険だとすら思っています。なにより大事なのは、動機や気持ちでなく、
 結果なんですから。

 たとえ、心からの純粋な善意にもとづいてやった行為であっても、それが結果的に
 だれかを傷つけたり苦しめたりしてるなら、配慮しなければいけません。場合によっては
 その善行をやめなければいけません。

 善意が人を傷つけることもあります。善意が人を苦しめることもあります。善意なら
 なにをやっても許されるわけではありません。

・愛は地球を救えないかもしれないが、偽善はだれかを救ってます。


[ 2014/03/29 23:03 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

蕎人むらなかのせいろ

lunch122

lunch121


蕎人むらなかのせいろ、750円也。
炊き込みご飯と小鉢が付く昼セットで200円増し。

蕎麦は細めで噛みごたえがある。
つゆはカツオの風味と酸味が強いが、わさびとの相性が良い。
でも一番美味しかったのは炊き込みご飯だった。


天気は快晴。行きは強い向い風。
もう長袖のインナーだと暑いくらい。

今日は多くの自転車乗りとすれ違う。
ランニングしている人も多かった。

桜が咲き始めたので寄り道をする。
かなり咲いている木もあれば、蕾の方が多い木もある。
全体的には五分咲きといったところか。

平和公園の桜の下ではお花見の人たちが多かった。
本格化するのは週明けくらいだろうか。
外国人の観光客も写真を撮っている人が多かった。


ヘルメットのアジャスターがまた千切れる。
本当はあご紐とともに交換したいのだけど、もう部品は取り扱っていないだろう。
買い換えるのはしばらく先。


[ 2014/03/28 23:13 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

小説 法月綸太郎 『キングを探せ』




四人による交換殺人。キングの正体とは。

ミステリとしては計画を変更せざるを得ない状況から
どうリカバリーするか、そのトリックを見破るかがミソ。
相手を罠にはめるつもりが馬脚を露すことになるのが
犯人にも探偵にも起こる辺りは巧みだ。

とはいえキングではなくジョーカーだった唐突さは否めない。
真相を隠すため策を弄しているが、地道に捜査を続ければ
全て明らかになったのでは、と思う。


僕みたいなおっちょこちょいは、交換殺人には誘わうとえらいことになりますよ。


[ 2014/03/28 22:39 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『横道世之介』




一言で言うと、可愛らしい映画だった。
こういう学生生活を送りたかった、と羨ましく見る。


死んだ時、どれだけの人に思い出されるか、
惜しまれるかにその人の価値があると思う。


[ 2014/03/26 23:20 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『桜姫』




allcinema 『桜姫』


開始3秒で「これは金と時間をドブに捨てた」と思った。
とにかく画面のルックがダメで、1980年代のドラマかと思うほど。

釣鐘の刺青、子供のいたずら書きかというクオリティ。
予算がなかったんだろうな、と同情する所もあるけど。


日南響子の鼻が好き。


[ 2014/03/26 23:10 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

漫画 押切蓮介 『ハイスコアガール 4』




1995年、高校生になったハルオは自宅でセガサターンに夢中になっていた。
小春に格闘ゲームで負けたことをきっかけに、ゲーセンに戻ってくるが
どうしても大野さんの影を探してしまう。

小春がハルオに告白してきたりと、恋模様が一段と進展する。
失踪した大野さんを探しながらも珍しいゲームに引き寄せられ
寄り道するアホっぷりは健在だけど。


サターンや初代プレステ発売の頃だったら、女子高生は
コギャル文化全盛の頃だったなあ。


[ 2014/03/25 22:56 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

小説 フェルディナント・フォン・シーラッハ著、酒寄進一訳 『コリーニ事件』




新米弁護士、カスパー・ライネンは殺人事件の容疑者、コリーニの
国選弁護人となる。
だがしかし、コリーニが殺害したハンス・マイヤーは幼い頃から
自分を可愛がってくれた恩人だった。

コリーニが殺害したことは明らか。その動機は一体何なのか。


<ここからネタバレ!>

コリーニの父はパルチザンとして活動していたが、ナチス親衛隊により
捕らえられ、処刑された。
その命令を下したのがハンス・マイヤーだった。

コリーニは以前、ハンス・マイヤーを戦争犯罪人として告発したが、
1968年に発布された法律により時効となり、捜査は中止となった。

ドレーアー博士による秩序違反法に関する施行法は、ナチスとして行った
犯罪ほぼ全てが時効となり、罪に問われないこととなってしまった。
これは事実上の特赦だった。


<ここまで!>


誰も気づかないうちに恐ろしい法律が成立してしまう。
為政者が自分の罰を逃れるために。


敗戦と戦争犯罪にきちんと向き合っているように見えたドイツでも
こんなことが行われていたのか。
どうしても日本の今後を考えてしまう。


[ 2014/03/24 23:05 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

風雲丸の味玉ゆずつけ麺

ramen175


風雲丸の味玉ゆずつけ麺、大盛りで829円也。

魚介スープに柚子の香りが食欲をそそる。
おすすめということでひや盛りにする。なかなかコシが強くてのどごしが良い。
スープ割りにしても美味しかった。

キムチがやけに甘いのな。
大盛りだと量が多すぎた。しかし量が食べられなくなったものだ。


天気は晴れ。行きは強い向い風。
冬用のジャージとタイツだが、インナーは夏用にする。
それでも暑いくらい。次回からはトーカバーを外して走ろう。


今年は花粉症がきつい。スギ花粉はそれほどでもなかったのに。
これからもっと酷くなることを考えると憂鬱だ。


[ 2014/03/24 22:56 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『プラチナデータ』




allcinema 『プラチナデータ』


地上波放送で鑑賞。

アンジェリーナ・ジョリーならともかく、ニノを取り逃がす
無能な日本のおまわりさん。

監視カメラシステムばかりで追跡し、携帯電話の電波や
メールの解析による場所の特定をしない捜査関係者。

簡単に銃を持ち込めるザルなセキュリティ。

かなり早い段階で誰が黒幕かが判るキャスティング。


なんか感動的な音楽を流して綺麗な男女が見つめ合っていれば
観客を騙せると思ったら大間違いだぞ。


[ 2014/03/23 23:17 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

メモリ増設


注文していたメモリがようやく届く。
一週間くらいで取り寄せる事ができるとの事だったが、
実際には二週間かかった。

お店に持って行くと、一日パソコンを預かることになると
言われていたが、実際は二時間位で取り付け可能だと言われる。
当日にパソコンが返却されてありがたい。

4Gから8Gへ。
あんまり大きな変化は感じられないけど。
これでようやくデータの移行やソフトのインストールが出来る。


あそこからの移動には、電車よりバスの方が便利。
乗り降りは駅前のバス停で行うのが吉。

[ 2014/03/23 23:17 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


祖母の家に行く。

草むしりが主な目的だったけど、まだ寒さが残るせいか
ほとんど雑草は生えておらず、家の掃除と墓参り、近所への挨拶回りで終わった。
僕自身は運転しただけ。

日向だと暖かいが、風が吹くとまだダウンが必要な寒さ。
彼岸を越したのでこれからは春めいてくるのだろう。

消費税増税前ということで卵の自販機もリニューアルと値上げをしており、
機械の調整中ということでいつもの新鮮たまごを買うことが出来なかった。
卵かけごはんを食べる気満々だったので残念。


次回持って行くもの、長い靴べら、トイレの芳香剤、チャッカマン。


[ 2014/03/22 23:07 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 横山秀夫 『64(ロクヨン)』




不本意ながら県警の報道官を務める三上。
家庭では娘が家出してしまった。
記者クラブとの軋轢、部署同士の権力争い、
さらに中央キャリアによる干渉と問題が次々と舞い込む中、
もうすぐ時効を迎える少女誘拐殺人事件がゆらりと姿を現す。

権力闘争と面子を立てる意地の張り合いが続く前半は乗れなかったが、
三上が広報官として職務に誠実に向き合う決意をしてから、
敵として対抗していた記者クラブと連帯し難局を乗り越える熱いシーンがあったり、
現在起きている誘拐が過去の誘拐事件に絡みあい、真相が明らかにされるのは
鮮やかだった。


連作短編集を無理矢理長編にしたようないびつさはあるが、
次々とトラブルが起こるハラハラ感はジェットコースターのようだった。


[ 2014/03/21 23:24 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

アディダスのジャージとバイクスタンド


アディダスのジャージとバイクスタンドを買う。

今着ているジャージは2011年の3月に買ったもので、
すでに袖口や擦れた部分はボロボロに。
サイズもSでちんちくりんだった。

今度はMサイズ。それでも丈も胴回りもかなりゆったり。
週の半分、三年も着続けると買い替えやね。
今度のジャージは三年よりは短い期間で買い替えたいものだ。

ロードバイク用のディスプレイスタンドを買う。
今度買うロードバイクはスタンドが付いていないだろうから
買っておかなければならぬのだ。増税前にね。


昼食はばくだん屋で旨辛味噌ラーメンと唐揚げ三つ。
美味しかったけど、やたらお腹いっぱいになってしまった。
そのため夕食は少なめに。
量が食べられなくなったなあ。


[ 2014/03/20 23:04 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『塔の上のラプンツェル』




allcinema 『塔の上のラプンツェル』


地上波放送で鑑賞。

お伽話にあれこれ注文をつけるのもなんだけど、
生き返った理由が判らない。


ヒロインの鼻が上を向いているのはディズニーの美意識なのか。


[ 2014/03/19 23:02 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 梓崎優 『リバーサイド・チルドレン』




とある理由からカンボジアのストリート・チルドレンと
共に暮らす日本人の少年、ミサキ。
最底辺の生活ながらも、仲間と協力しあって何とか
生きていたが、仲間が次々と殺される連続殺人事件が発生する。
犯人は誰か、その動機は何なのか。


<ここからネタバレ!>

ザナコッタ、ティアネン、ソム兄さんを殺したのは泣き虫ハヌル。

動機は、ストリート・チルドレンである自分達が人間扱いされないことに怒り、
人間を殺せば自分が人間として認められると考えたから。

最終的には尊敬するヴェニイを殺した警官の黒に復讐しようとした。

<ここまで!>



人は過酷な状況においても自らの尊厳を傷付けられれば怒り、
現実の世界に抗おうとする。
寓話のゴーレムのように。


ミステリとしては設定がトリックの奴隷になっているように思う。


[ 2014/03/17 23:22 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は快晴。行きは強い向い風。

かなり暖かい。発熱するインナーだと暑いくらい。
ウォーキングをしている人も上着を脱いでいる人が多かった。

バイパス工事が未だ続いており、しばらくは北に膨らむ
コースは止めておこう。
道路も掘り返して、砂利や小石が散乱しているし。


最近、自分の走りのマナーが悪くなっているので改善せねば。
まあ避けてくれるだろう、と自分勝手な走り方をすることが多いので。


[ 2014/03/17 22:58 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『ホビット 竜に奪われた王国』


allcinema 『ホビット 竜に奪われた王国』


3D吹き替え版で鑑賞。

ドワーフ一行はガンダルフと別れ、迷いの森で
レゴラスらのエルフに捕らえられ、脱出し、
湖の町を経てスマウグと対決する、という流れ。

ハイライトは樽で流されての脱出劇。
あのシークエンスは最高に面白かった。
炉を使ったシークエンスはいくらなんでも無理がありすぎ。

指輪に取り憑かれ、悪に染まって行くビルボはどうなるのか。
ドワーフは捕まる→逃げ出すの繰り返しばっかりだな。


[ 2014/03/16 22:57 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

地震とパソコン返却


愛媛県沖を震源とする地震が発生した。

寝ようと思った午前二時過ぎ、かなり強い揺れに襲われる。
緊急地震速報で携帯電話が鳴り始めたが、直前すぎて
落下物を押さえるくらいの大した行動は取れなかった。

震度5弱だったらしいが、体感では震度4くらいだったか。
とはいえ阪神大震災や芸予地震を思い出し、怖かった。

あんまり大きな被害が出なかったのは幸いだった。
愛媛県沖が震源だけど、上関原発なんか本当に建設するの?


修理に出していた先代のノートパソコンが返ってくる。
OSをVistaからWindows7にアップグレードさせる。
Chromeのブックマークを移したりと、まあ手間のかかることよ。
古いパソコンの方がテレビに綺麗な映像を出せるというのはどういうことよ。


[ 2014/03/14 23:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 桜坂洋 『All You Need Is Kill』




映画化するので原作をチェック。

人類はギタイと呼ばれる謎の生命体と戦争中だった。
キリヤ・ケイジは出撃して戦死すると前日に戻るという
ループを繰り返すことになる。
幾度となくやり直し、経験を積み強くなるが、
撃墜王のリタと再会したことで状況が変化する。


<ここからネタバレ!>

ギタイ・サーバと呼ばれる敵は、時間をさかのぼり過去の自分達に
危険を知らせることが出来る。
その信号は人間にも夢という形で伝えられ、ループの中に取り込まれる。

リタとキリヤの二人が存在することはバックアップ・アンテナが存在することとなり、
どちらかが死ななければループから抜け出せない。

リタはキリヤに倒された。

<ここまで!>


ループの理屈はオリジナリティに溢れる。
ギタイの正体を明かしていないから、とも言えるが。

結末のやるせなさは心を打つ。
全てを判った上で受け入れるのだけど、頭では判っていても
なかなか行動に移せるものではない。


ラノベ文体はもうしんどいな。


[ 2014/03/14 22:49 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気はほぼ快晴。行きは強い追い風。

かなり暖かい日だった。
ネックウォーマー、手袋の二重はなし。

晴れて暖かいので、多くの人達が歩いたり走ったりしていた。
幼稚園児が先生に率いられて、公園や土手を走り回っていた。

今年はすでに花粉症が出ている。
割りとしんどい。


消費税増税前に、ということらしく
近所ではリフォームブーム。


[ 2014/03/12 23:03 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『ファミリー・ツリー』




allcinema 『ファミリー・ツリー』


カメハメハ大王の末裔であるマットは先祖代々受け継いできた
広大な土地を売却することに。
その手続きに追われる最中、妻が事故で植物状態になってしまう。
残された二人の娘とも上手く接することができず、更に
妻が浮気をしていたことも判明する。


家族の絆なんて脆いものだし、みんな自分勝手。
それでも人には違う側面もあり、どうにか折り合いをつけて
やって行かなきゃならない。


ジョージ・クルーニー、世界で最もセクシーな俳優の一人なのに
映画中ではものすごくショボくれたおじさんに見えるのがさすが。


[ 2014/03/12 22:55 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 今和泉隆行 『みんなの空想地図』





子供の頃から空想で作り上げた架空の都市、中村市(なごむるし)の
地図を未だに制作し続けている作者。
フィールドワークとして日本各地を回り、地図製作に
反映させているという徹底ぶり。
駅前にある商業ビルのテナントまで設定しているほど。

面白いのは、妄想や空想なのだから自分の都合よく制作すれば良いのに
「これはありえない」と地図の方が主張して、しばしば進行が頓挫してしまうこと。
自分が創造主であるはずなのに、動き始めるともう制御不能になるのは不思議だ。


現実の都市設計も理想通りには進まず、現実と折り合いをつけて
いるのだろうな。


[ 2014/03/11 23:10 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

小説 山本兼一 『白鷹伝』




鷹匠に憧れるのですよ。
鷹という生物としての美しいフォルム、獰猛な猛禽を
手懐けて意のままに操る様は、よく知らないからこそ
カッコ良く見えるのです。

主人公の小林家次は「からくつわ」と呼ばれる
雪白の鷹に魅せられ鷹匠を志す。
あまりに鷹のことばかり考えているために仲間から
鷹狂いと呼ばれるほど。
浅井長政、信長、秀吉、家康に仕え鷹狩から見える
主君の為人を描く。

「からくつわ」は覇者の象徴であり、覇者から覇者へと
所有が移るのが聖剣のようで「覇者だから所有できる」のが
「所有すれば覇者になる」と逆転するのが興味深い。


所有が移る「からくつわ」とお市の方が重なって見えた。


[ 2014/03/10 22:45 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『オブリビオン』




allcinema 『オブリビオン』


エイリアンの襲撃により地球は人が住めなくなり、
人々は他の星へ移住していった。
地球での監視を続けるドローンの管理と整備任務に当たる
ジャックは、スカヴと呼ばれるエイリアンの生き残りと戦うのだが、
時々フラッシュバックで覚えのない記憶が蘇る。


<ここからネタバレ!>

テットの方がエイリアン。スカヴの方が地球人。
ジャック・ハーパーは元宇宙飛行士で、クローンにより大量に存在する。

<ここまで!>



銃弾一発で制御不能になるドローン。小型原子炉を搭載しているのに
バンバン撃ち落として大丈夫なのか。

ドローンを使うより、ジャックを大量生産してスカヴの殲滅に
当たらせた方が良かったのでは。

テットが何故49番目のジャックを内部に導いたのかが謎。
あれだけ徹底してスカヴを見つけ出していたのに、
ほぼノーチェックで謁見するの?


[ 2014/03/09 23:03 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 新井恵雄 『ハイデッガー (センチュリーブックス 人と思想 35)』




ごく初期にナチスに共鳴したため(すぐに袂を分かつ)、
戦後しばらく追放されていたハイデガー。

人里離れた山奥で生活をしていたのは、科学技術の進歩が
戦争において大量の死者を出し、平和な時代においても
人々が機構の中に組み込まれ自己を失ってしまい、どうすれば
人が幸せになれるかを考え続けたからであった。


本の内容が難しくてまだ消化できず。
特に「ある」とは何か、についてが高い壁。


[ 2014/03/08 23:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

パソコンを買い換える


パソコンを買い換える。

3月4日に先代のノートパソコンが起動しなくなる。
どうも内蔵HDDが物理的に壊れたらしい。

翌日に修理に出す。
大体10日はかかるということなので、買い換えることにした。

消費税増税前のセールということで、約13万円。
4Gのメモリを追加して8Gにしてもらう。
メモリは取り寄せとのことで、来週買ったパソコンを
預けて増設してもらう。

しかしまあ、現代はネットにパソコンが繋がっていないと何もできない。
お下がりのiPadとプレステ3でネットには繋がるけれど、パソコンで
認証しないと満足なサービスを受けられないのには困った。


今日はブックマークとポッドキャストの登録でヘロヘロ。
まだ残っている作業は多い。道は遠いなあ。


[ 2014/03/07 22:58 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は快晴。行きは強い追い風。

シーツを洗濯し、干してから出発する。
暖かいのでネックウォーマーなし、手袋を一重。

今日は非常に風が強かった。
行きは追い風だったのでかなり楽だったけど、
帰りは全然進まない。
横風がきついので帰りは安全なコースを走る。


左膝の痛みは少し良くなった。
あちこち工事中で、石が道路に転がっているのが困りもの。


[ 2014/03/03 23:47 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)