映画 『エディット・ピアフ 愛の讃歌』




allcinema  『エディット・ピアフ 愛の讃歌』


地上波放送で鑑賞。
上映時間の半分くらい、エディット・ピアフは酔っ払っている。

こういう歌手の自伝映画はずるいところがあって
名曲を流しておけば全部帳消しになってしまう。
大切な人を亡くした時に愛の讃歌を聞いたらグッと来るよ、そりゃ。


映画はエディット・ピアフが人生に悔いなし、選んだのは自分だからと
歌って終わる。
マリオン・コティヤールがアカデミー主演女優賞を獲得したのも納得。


スポンサーサイト
[ 2015/05/31 23:38 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 カレル・チャペック著、栗栖継訳 『山椒魚戦争』




赤道直下の島で見つかった、知性ある山椒魚たち。
人間は従順な山椒魚たちをかつての黒人奴隷のように
労働力として世界各地に広げていく。

最初は使役させているつもりだった山椒魚がどんどん
数を増やし、遂には生物界の覇者となる。

人間が高度なテクノロジーを制御していると思っていたのに、
依存し過ぎてしまうあまり、そのテクノロジーなしでは立ち行かず
主従が逆転してしまうというのはどうしても原発を連想させる。
ロボットやドローン、人工知能は果たしてどうなるのやら。
現代にも通じる普遍的なテーマだ。


執筆された当時はナチス・ドイツが政権を取り、チェコスロヴァキアに
侵攻して全土を占領した、という当時の空気が反映されている。


[ 2015/05/30 23:02 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『フリーランサー NY捜査線』




allcinema映画 『フリーランサー NY捜査線』


地上波放送で鑑賞。

街のチンピラが警察学校を卒業後、心を入れ替え
父親と同じ警官という職に就くが、早々に悪徳刑事に
スカウトされて麻薬の売買に手を染める。
全然更生してないじゃん!

父親を殺害したのが悪徳刑事だと判明した後、
麻薬捜査官に協力しつつ、悪徳刑事も恐れる
大物に取り行って自分を売り込み、復讐を成す。


悪の道に進まざるを得ない主人公よりも
道を外れ、レースから下りた仲間の方が印象的。


[ 2015/05/30 22:39 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

麺匠SEN-NO-SENの精醤油麺とお買い物

ramen200


麺匠SEN-NO-SENの精醤油麺、850円と銀シャリ150円也。


ramen201


ramen202


魚介の出汁が良く効いているスープ。
鶏ガラと醤油で当世風の味。美味しいのでおすすめ。
『まんが日本昔ばなし』に出て来るような鉄釜で炊いた銀シャリは
もうちょっと硬めの方が好きだけど、デカい鉄釜を見せられると
なんだか美味しいように感じる。


ramen203


居酒屋「獨楽」の昼間を借りて営業している、いわゆる二毛作店みたい。
また行きたいと思わせる味だった。


今日はまずイオンモール府中に行く。
服を見て回る。
良いと思ったのはZARAのカーディガン。
値段も手頃だったが、とりあえず保留する。
指先がカットされたUVカットの手袋を購入する。

その後は市内中心部に移動してラーメンを食べる。
ヤマダ電機でカメラ用のポーチを購入する。
ストラップはソニー製のが良いがちょいと高い。

東急ハンズでスープボウルとサイクルキャップを購入する。
一番のお目当てだったシャツとカーディガンは見送る。
スーツカンパニーのリネンシャツが良かったんだけどなー。


カメラの水準器にこだわるあまり時間がかかる。
絞りの調整もどっちに回せばいいのか咄嗟に判断がつかない。


[ 2015/05/28 22:26 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

カメラ周辺機器とサイクルジャージ




ホールド感を高めるグリップ。
なくてもそんなに滑るとは思わないが、
まあ、あった方がいいんだろう。





クラス10のSDカード。
16ギガもあれば良かろう。割とすぐにデータを消す方なので。

革製のハンドストラップを買ったけど、35センチもあって
長すぎるので返品する予定。
返品のやり方がいまいちピンときていないが、大丈夫だろうか。





ルイガノの赤いジャージのファスナーが壊れてしまったので
購入する。Lサイズ。
予定外の出費でちょっと痛い。
レース仕様ではないけどウエストが結構絞ってある。


火曜日の朝10時過ぎに入金したら、翌日の
水曜日の14時ごろに配達された。
Amazonプライムでもないのにえらい速いな。


[ 2015/05/27 22:53 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

映画 『マレフィセント』




allcinema 『マレフィセント』


マレフィセントのオーロラ姫に対するツンデレぶり。
真実の愛が王子様のキスではない所が現代的。

とは言え、王様が死んで一件落着になるのはどうも。
王様も自分が跡継ぎになることによって人間が
妖精の国に侵攻するのを防ぐ、そのために泣く泣く
愛するマレフィセントの翼をもいだのだ、とした方が
深みが出ると思うのだけど。


あれだけ妖精の国を荊棘で覆ったのに、
わりかし人間が迷い込んで来るんだ。


[ 2015/05/27 22:38 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

SONYのカメラ、RX100M2を買う




SONYのカメラ、RX100M2を買う。
中古で4万円也。

ここ半年ほどAmazonや価格.comのグラフとにらめっこして
買い時を探っていた。
正直、あの時買っておけばと思ったこともあったが、
先週の金曜日の夜、Amazonで中古が4万円と表示されるのを見て
少し悩んだ末に購入する。

傷やスレがあり、と記述されていたので心配していたが、
実物は特に傷もなくきれいなもので、思わずガッツポーズ。
賭けに勝った。

ひと通り触ってみて、やはりスマホの画質とは段違いだ。
くっきり写るし、背景のぼかしもいい感じ。
早く腕を上げたい。

スマホともWi-Fiで写真のやり取りが出来るようにしたし、
特に機能にも問題なし。
良い買い物が出来た。

チルトモニターが90度しか動かないことと
本体にメモリがないのでSDカードがないと保存ができないのが
欠点と言えるが、まあM3が買えなかったのだから仕方ない。


グリップやハンドストラップ等を追加注文する。
良いカメラなんか買っちゃって、どんどん自分が
中年になって行くのを感じる。


[ 2015/05/25 23:20 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強い南の風。

500ミリリットルのペットボトルでは給水が足りなくなってきた。
身体にかける冷却用の水も、以前より多く使用する。
まだ夏の暑さではないけれど、入道雲らしきものが浮かんでいた。

土手の除草作業はやっている場所とまだの場所があり、
全面的に終わらせて欲しいのだけど、予算が足りないのだろうか。
花粉症はマシになってきたように思うが、まだくしゃみが出る。


今日はパトカーが多かったような。


[ 2015/05/25 23:07 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 三部けい 『僕だけがいない街 2巻』




昭和63年にタイムスリップした主人公。
これから起こる、連続小学生誘拐殺人事件の
最初に被害者である雛月加代を救うため
色々と画策する。


また良いところで次巻に続くんだ。


[ 2015/05/23 23:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。南の風。
平日だけど割と多くのロードバイクとすれ違う。

いろんな道路で工事中。
この時期、こんなに多かったっけか。
こちらが終わったと思ったらあちらで始まっている、という感じ。


まだペットボトル一本で大丈夫だけど、
そろそろ大きいペットボトルにした方が良さそう。
日差しも強くなってきて、日焼け止めの出番がやって来た。


[ 2015/05/22 23:29 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

本 アリソン・フーヴァー・バートレット著、築地誠子訳 『本を愛しすぎた男: 本泥棒と古書店探偵と愛書狂』




本泥棒と言っても万引きしたり金庫破りをして盗むのではなく
不正に入手したクレジットカード情報で支払い手に入れる。
なので『ルパン三世』的なスペクタクルはない。

主題は本泥棒ギルキーの動機だ。
ギルキーが犯行に及ぶのは「こんな素晴らしい稀覯本に
囲まれている僕、カッコ良いでしょう!」という承認欲求にある。
ドローン飛ばした小僧と大差ない。

微罪だから短い期間で仮出所し、犯行を繰り返す。
ギルキーに必要なのは刑務所よりもカウンセラーじゃなかろうか。


協力する刑事が探偵小説マニアというのが
映画的というか漫画的な展開だった。


[ 2015/05/22 23:18 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』




allcinema 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』


高校卒業時に達成出来なかったパブ・クロールを
成し遂げるために、中年になった幼なじみ五人が
故郷に帰ってくる。
しかし町の住民は宇宙人と入れ替わっていた。

パブ・クロールを続けたからといって世界が救われるわけじゃないんだ。
地球人を高みへと導こうとする高次宇宙意志に
人間には酔っ払って馬鹿をする権利がある、と
論破しようとして呆れられるのが実に愉快。


ニック・フロストは暴れ回ってナンボのもん。
輝いていたあの頃より今の方が良いと言える人生を送りたい。


[ 2015/05/20 23:09 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 ジェームス・ファロン著、影山任佐訳 『サイコパス・インサイド』




著者は神経科学者としてサイコパス殺人者の脳スキャン画像を
数多く解析してきた。
手違いで紛れ込んだ自分のスキャン画像をサイコパス殺人者のものと
診断したことから、自分と殺人者を分ける要因は何かを探る。

サイコパスの病因として前頭前皮質眼窩部と側頭葉前部、扁桃体の
異常なほどの機能低下、いくつかの遺伝子のハイリスクな変異体、
このもっとも有名なのが戦使の遺伝子、幼少早期の精神的、身体的、
あるいは性的虐待が挙げられる。

これまでずっと遺伝的決定論を唱えてきた著者も、
たとえサイコパスの要素を持って生まれてきたとしても
生育環境や養育によって充分に克服可能であると結論づけている。

自分に対する評価を本音で友人に語ってもらったところ、
おおむね「人でなし」という回答を得たが、本人があんまり
気にしていない様子なのは面白かった。


何度も登場するので「眼窩」が漢字で書けるようになりました。


[ 2015/05/18 23:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。南の風。

良く晴れた日曜日、今日は本当に
ロードバイクで走っている人が多かった。
今までで一番多かったかも。

アレグラを求めてドラッグストアを巡る。
が、日曜日ということでどこも薬剤師がいない。
4軒回って、結局昨日行って買えなかった
お店で購入する。
何だかすげえ損した気分。


今日はペダルが良く回る日だった。
いつもと何が違うんだろう。


[ 2015/05/17 23:11 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』




allcinema 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』


猿インフルエンザにより人類の大半が死滅した世界。
わずかに残った人類は電力確保のため、水力発電所のある
ダムを目指す。
しかしそこに行くには猿たちの村を通らねばならなかった。

テロによる一発の銃弾が戦争のきっかけとなったというのは
第一次世界大戦のサラエヴォ事件をモデルとしているのだろうけど、
安保法案が閣議決定されたタイミングで鑑賞すると安部首相が
コバに見えてしまう。
大義を掲げながらその実本人のルサンチマンが大きく
影響しているのもダブって見える。

相互不信と疑心暗鬼、念のため準備しておくことが
ますます相手の不信を招く。


武器を持つと使いたくなるもの。
平和のために戦争をするというのは何なのか。


[ 2015/05/15 23:02 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳 『特捜部Q ―檻の中の女―』




デンマーク製のミステリ。

左遷された主人公の刑事が未解決事件を専門にする特捜部Qで
自殺と処理された議員の失踪事件を再捜査することになる。

犯行の動機と仕掛けのダイナミックさには感心したが、
事件が動き出すまでが遅くて読み続けるのに苦労した。


残忍な殺害計画はフランス製ミステリを彷彿とさせる。
アサドは何者?


[ 2015/05/14 22:35 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強烈な南の風。

昨日は季節外れの台風到来で雨。
今日は台風一過で晴れたけど、少々蒸し暑く
風が強かった。
もがきながら走る。

今日はランニングしている人が多かった。
もうすぐ大会でも開かれるのだろうか。


夕方から花粉症で鼻水と目の痒さが治まらない。
この酷さは花粉症だけでなく、黄砂の影響の方が
強いかもしれない。
何やっても駄目だな。



[ 2015/05/13 22:40 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『スプライス』




allcinema 『スプライス』


地上波放送で鑑賞。

科学者夫妻が遺伝子操作によって新しい生命体を
創りだしてしまい、その扱いに困る話。

妻は研究第一で子供を作る気はないが、生まれた生命体、
ドレンを我が娘のように育てる。
妻は自分の母親と折り合いが悪く、ああはなりたくないと思っていたのに
ドレンにはその母親と同じように振る舞ってしまう。

ドレンには妻の遺伝子を用いていた。
最後は妻がオス化したドレンの子を宿す。


これ、結局は子育ての話なんだ。
子供なんて未知の生命体みたいなもんってことか。


[ 2015/05/11 23:06 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


祖母の家に行く。

ガソリンを入れてから直売所により
昼食を買って到着。

部屋の掃除をして草むしり。
時間がなかったこともあってあまり捗らなかった。
除草剤のおかげであまり生えてはいないのだけど。

良く晴れて暑くなった中を草むしり、
目の前の道路をオートバイが楽しげにツーリングしているのを
呪いながら。

墓掃除をしてから帰宅。
日差しがきつくなってきたなあ。


ガソリンスタンドで空気圧を調節してもらっていると、
タイヤが古くなっていることを指摘される。
2006年からだから9年使っている。
タイヤの寿命は大体2,3年だそう。

ただ、どうやら自動車を1台にしようという
話が進んでいるらしい。
そうなるとますます自動車の運転しなくなるだろうな。


[ 2015/05/10 22:46 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

本 ブレイディみかこ著 『ザ・レフト─UK左翼セレブ列伝』




『ハリー・ポッター』はプロレタリア文学だった?
英国在住のライターが語る、左派有名人の発言や行動を
まとめたもの。

ケン・ローチやモリッシーは老いてなお意気軒昂だな、と左翼セレブの
エキセントリックな言動に最初は笑っていたが、段々と薄ら寒くなっていった。

サッチャーの子供たちによるキャピタリズムの毒はもはや
日本人が考える西欧の先進国の隅々まで広がり、
どれほど左翼セレブが声を上げても止められないからだ。

キャピタリズムについていけないものは死ね。
福祉を削減され格差はどんどんと拡大していく。

セレブですらこうなのだから、いわんや最底辺の生活者は
政治を変える意欲すら奪われている。

もうお国柄で先進国だ後進国だと語るのは時代遅れなのかもしれない。
ブラックユーモアを許容する英国ですら揚げ足取りでSNSで炎上し、
移民や生活保護受給者へのヘイトで満ちているのだから。


どうすりゃいいんだよ。
世界のどこにも逃げ場がないじゃん。

[ 2015/05/09 22:47 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強い南の風。

花粉症が酷い。
目はかゆい、鼻水は止まらない、皮膚はかゆい。
アレジオンに変えてみたけど、効果が実感できない。


疲れもあってふらふらと飛び出してしまった。
以後は気をつける。


[ 2015/05/08 23:40 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『トータル・リコール』




allcinema 『トータル・リコール』


地上波放送で鑑賞。
コリン・ファレル主演のリメイク版。

原作は未読だし、もうシュワルツネッガー版も覚えていない。
が、退屈だった。

富裕層と労働者層が隔離されている世界。
記憶を失っていた主人公は富裕層の支配に抵抗する
レジスタンスのリーダーを捕らえるための二重スパイだった。


リーダーが隠れていた場所がゲームの『メトロ』っぽい。
ブライアン・クランストンは悪役が板についてきたな。


[ 2015/05/08 23:27 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ時々曇り。強い南の風。

ゴールデンウィーク最終日、多くのロードバイクと
すれ違う。
ランニングしている人も多かった。

水筒を2本持って行ったが、まだ一本で充分。
帰りに身体に振りかけてみたけど、まだ大丈夫。

ハンドルバーは400ミリの方がしっくり来る。
交換して正解だった。


花粉症がつらすぎる。
目は痛い、鼻水は止まらない。薬は効かない。
なんとかしてくれ!

[ 2015/05/06 23:38 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『うさぎドロップ』




allcinema 『うさぎドロップ』


地上波放送で鑑賞。

芦田愛菜のための企画。
確かにすげえ可愛いわ。

内容的には割とありがちな展開に終始した。
皆が仕事を放り出して捜索に出かけるかな?


高畑淳子演じる施設の職員と車内でやり取りする
シーンが良かったけど、幼児時代しか描かれないので
全体としてはただただ可愛がるだけで終わってしまった。


[ 2015/05/06 23:22 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 ベン・H・ウィンタース著、上野元実訳 『地上最後の刑事』




半年後に小惑星が衝突することが発表され、絶望し世を儚む
人々があふれる世界。
主人公の刑事は同僚が自殺として処理しようとした首吊りの死体に
違和感を覚え、殺人事件として一人捜査を進める。

地球滅亡を前にして職務を全うする人と死ぬまでにやりたいこと
リストを消化する人、酒や麻薬に溺れる人、命を絶つ人。

地道な捜査を続けることで様々な人々の思いが交錯して
事件の全容が明らかになって行く。


人はそんなに強くないんだよ。


[ 2015/05/05 23:01 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

ウッドワン美術館に行く


ウッドワン美術館に行く。

朝の8時半に出発し、到着したのは9時半だった。
ゴールデンウィーク期間中は開館時間が早まるらしい。

メインである吉村芳生展はまあそれなりに良かった。
鉛筆画にそれほど思い入れがないので、あんな風に
マトリックスを作って塗りつぶしていくんだ、と感心した。

個人的には次の薩摩焼の方がグッと来た。
より職人感が出る焼物が案外好きみたい。
鯉を立体的に表現した壺が非常に良かった。

新館の岸田劉生や円山応挙、エミール・ガレのガラス展示は
まあそれなりに良かった。
マイセンコレクションの歴史的変遷が興味深い。
特にロココ調時代のサイケデリックなデザインと色使いは
はっちゃけ過ぎていて笑える。

11時半にレストランめがひらでジンギスカンの鉄板焼きを食べる。
その後は皆は温泉に入り、自分一人ロビーで待つ。
まだ温泉に入りたいと思わないんだよな。

帰宅したのは14時過ぎ。
この日は午後から雨と予報されていたが9時頃には
結構な降り方だった。
気温も低めでジャケットを持って行って正解だった。
晴れていたらウッドワン美術館に沢山生えていた
八重桜をもっと楽しめただろう。


まだこちらが着替えている最中なのに他の皆は
自動車に乗り込んでいて、置いてけぼりを食らうかと思った。
一応荷物を載せただけだと言っていたが。
それにしては早すぎないか。


[ 2015/05/03 22:48 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 滝口悠生 『寝相』







三の短編集。

視点や話題の主人公がリンクしながら
次々と変わっていくので、昨日見た夢の話を聞いているようだった。

表題作の「寝相」は好き勝手に生きて来た老人が
人生の終わりが近づくにつれ、本当に望むのは
他者とのつながりだったと気付くお話で、これが一番良かった。


装幀が実にイカす。


[ 2015/05/02 22:33 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。東の風だったような。

良く晴れて暑かった。
北部では30度近くまで気温が上がったそうだ。

連休ということもあってか多くのロードバイクとすれ違う。
平和大通りを走っている人もいた。

幅400ミリのハンドルバーは高速だと良い感じだが
低速だと少し安定感に欠ける気がする。
とは言え慣れの問題かな。
帰宅してから左手の手のひらと肘周りに痛みが出たけど。

よそ見をしていたら道路にいた鳩を
危うく轢き殺しそうになった。
あいつら野生の鳥のくせに逃げたりしないのな。


週明けから気温は少し下がるみたい。
そろそろ大きめのペットボトルと保冷剤を用意せねば。


[ 2015/05/01 22:44 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)