映画 『ファンボーイズ』




Amazon.co.jp 『ファンボーイズ』


allcinema 『ファンボーイズ』


スター・ウォーズファンのボンクラたちが癌で余命いくばくもない友人と共に
『スター・ウォーズ エピソード1』のフィルムをジョージ・ルーカスの所から
盗み出そうとするロードムービー。

施設に進入するために、不倶戴天の敵であるスター・トレックの
ファンや出演者を利用するというのが巧みだし面白かった。


スポンサーサイト
[ 2015/09/30 23:25 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 ジョエル・ディケール著、橘明美訳 『ハリー・クバート事件』

  


Amazon.co.jp ジョエル・ディケール著、橘明美訳 『ハリー・クバート事件 上』

Amazon.co.jp ジョエル・ディケール著、橘明美訳 『ハリー・クバート事件 下』


処女作がヒットした作家のマーカスは二作目が全く書けずにいた。
追い詰められたマーカスは、大作家であり、大学時代に小説の書き方を
手解きしてくれたハリー・クバートの元を訪れる。

再会してしばらく経った後、ハリー・クバートは33年前の
少女殺人事件の犯人として逮捕される。
師匠の無実を信じるマーカスは、ニューハンプシャー州オーロラで
調査を開始するが、次第に町の住民が持つ秘密が明らかになって行く。


<ここからネタバレ!>

ノラを殺害したのはトラヴィスとプラットの警察官二人。
ルーサー・ケイレブを追い殺してしまったのを見られたから。

『悪の起源』を書いたのはルーサー・ケイレブだった。


<ここまで!>



次々と新事実が発覚し、新たな謎が生まれる。
飽きさせないように視聴者の興味を引っ張り続けるアメリカの
テレビドラマを見ているようだった。

終盤の畳み掛けるようなどんでん返しの連続。
特にハリー・クバートが作家として一番やってはいけないことを
してしまったと弟子のマーカスに告白するのが、後味の悪さも含め
心に残る。


マーカスの母親の「うざいおかん」感が面白い。


[ 2015/09/30 22:53 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇り時々晴れ。南の風だったような。

今日は大き目のペットボトルだけで充分だった。
昨日まではかなり暑かったけど、明日から降る雨で
一段と秋が深まっていくそう。

帰り道、のんびり走っていたクロスバイクを追い抜いたら
後ろにぴったりついて追いかけて来た。
ぶち抜かれてむきになったのか、風よけにしようとしたのか。
結構頑張って付いてきたな。


サイクルコンピュータの受信機の電池を交換する。
これで使えるようになればいいが。
送信機側の電池切れだったらショップに持って行かないと。
どうやってカバーを外すのか判らん。


[ 2015/09/30 22:45 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』


allcinema 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』


<ここからネタバレ!>

巨人は過去の人体実験により生まれた人類の成れの果て。
この世界の支配層は情報と知識を統制し、人々を支配している。

シキシマは支配層に反旗を翻し、全滅したはずの調査兵団を
組織してテロ活動を行い、壁を破壊して壁の外の世界を見せようとした。
「人類の変革のために」。

クバル司令も巨人だった。
巨人に襲われるという恐怖により人々を統治しようとした。


<ここまで!>



壁の外は地獄だぞ!

前編で残された謎を後編では鮮やかに解き明かされるかと
思ったが、またそのパターンか。
ジョージ・オーウェルの『1984』だった。

相変わらず敵がいるのにボーッと立っている、なんか良く判らない
気合と根性で事態を解決する。

壁の穴を埋めるために不発弾を利用するのだけど、
どうやって壁の上まで運ぶつもりだったのか。
巨人化したエレンが運ぶのを織り込み積みだったのか。

シキシマは不発弾で壁を破壊しようとしていたが、
自分が巨人化すれば話が早いのでは。
元にクバル司令はそれで壁を破壊してたし。


結局、期待外れだった。
時間と金を無駄にしちゃった。


[ 2015/09/29 22:36 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


祖母の家に行く。
快晴で日差しがきつい。
コスモスが綺麗に咲いていた。

屋内を掃除し、神棚を下ろして床の間に飾る。
真ん中の部屋は風が通らないので
青カビが生えていたそう。

行きに砂利、バラスを4袋購入する。
納屋の前の畑を平にして、バラスを撒く。
足りなかったので3袋を追加購入する。

田んぼに日陰を作らないよう、庭から生えている
楓の枝を切らなければならないそう。
斜面になっているので、命綱を使わないと危ないな。
手動だとかなり時間が掛かりそうだけど。


祖母の家は370メートルほど標高が高い。
気温差は2.2度くらいか。
もうちょっと涼しい気がする。


[ 2015/09/28 23:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。北の風。
晴れた休日、多くのロードバイクとすれ違う。

今年の9月は寒いなと思っていたら
10月になる直前になってまた暑くなった。

割と調子が良くて、少し距離を延ばしたけど
帰宅時間はいつもと同じだった。


自動車の窓から顔を出した犬に吠えられてビビる。
最初、どこから聞こえてくるのか判らなかったよ。


[ 2015/09/27 23:21 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『ジャージー・ボーイズ』




allcinema  『ジャージー・ボーイズ』


『シェリー』や『君の瞳に恋してる』で知られるバンド
フォー・シーズンズの伝記映画。

結成当初はフロントマンのフランキー・ヴァリは下っ端だったが
ヒット曲を連発するようになってからバンド内での序列が
変化していき、メンバーの心は離れ、去って行く者が出る。

自分を引き上げてくれたとはいえ、所詮は他人であるメンバーの
借金を肩代わりするなんてなかなか出来ないよ。
その引き換えに自分の家族が不幸になるのだから、つるくが合わない。


全員が踊りながら歌う当時のスタイルを見て
現代のアイドルと一緒だなと思った。
Perfumeってあんな感じだ。


[ 2015/09/23 23:11 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇りのち晴れ。弱い北の風。

曇で日差しがなく、出発した時は肌寒かった。
帰宅した直後に晴れ出す。

休日ということでロードバイクに乗っている人が多かった。
それ以上にランニングしている人が目立つ。

寺町では墓参りする人達が多かった。
秋分の日は明後日だけど。

乗る前から左足太ももの裏に張りがある。
こういう経験がないので湿布を貼るくらいしか対処法を知らない。


風がないと走るのが楽。
連休でも除草作業をしなくちゃならないのか、大変だな。


[ 2015/09/21 23:11 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 ジャック・フィニィ著、福島正実訳 『盗まれた街』




Amazon.co.jp ジャック・フィニィ著、福島正実訳 『盗まれた街』


[ 2015/09/21 23:07 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

小説 白石一文 『永遠のとなり』




50歳を前にして人生を振り返る。
順調に進んでいると思っていても親は死ぬし
自分も病気になる。
他人には好き勝手に生きているように見えても、
本人にはそこに至る大きなルサンチマンがあったりする。


危険運転致死傷罪が厳罰化されるきっかけとなった
交通事故って、確か福岡で起こったよな。


[ 2015/09/19 22:57 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。非常に強い北の風。

秋晴れで暑くなった。
まだ凍らせたペットボトルは必要。

行きは追い風だったので、平地で時速40キロが出る。
帰りのことを考えると萎えるけど。

河川敷では除草作業が行われていた。
リモコン操作で全体を刈り、人の手で細かい場所を刈る。
手押しの芝刈り機みたいなのも使っていた。


シルバーウィークはお天気が良いみたい。
特にお出かけする予定はないけど。
あの人、機嫌を直してくれないだろうか。


[ 2015/09/18 23:03 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 早見和真 『イノセント・デイズ』




<ネタバレ注意!>

罪を犯した女の数奇な半生を綴る系の小説。

不器用が故に周囲に誤解され、気づけば道を踏み外すというのは
この手の小説にありがちだが、実は冤罪だったというのは新しいところ。

幸乃が死刑による自殺を望む理由が曖昧なままなので
憐憫の情が湧きにくく、感情移入しづらく、
また放火した真犯人が別にいることはきちんと捜査すれば
簡単に判るのではないかという点が不満。


丹下翔の、恵まれているが故に持たざる者の苦しみが
理解できないイノセントぶりの方がよっぽど恐ろしい。


[ 2015/09/17 22:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『ザ・ホスト 美しき侵略者』




allcinema  『ザ・ホスト 美しき侵略者』


地球に残り少ない人類と人類に寄生する宇宙人。
両者が共存する道はあるのか。

ウィリアム・ハート演じるジェブおじさんが万能すぎて
何もかもが任されるのは作劇としてどうなんだろう。


[ 2015/09/16 22:57 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『クーリエ 過去を運ぶ男』




allcinema  『クーリエ 過去を運ぶ男』


地上波放送で鑑賞。

脚本が雑過ぎて何が何やら。
登場人物たちの行動に整合性や合理性がなくて
見ているこちらは混乱しっぱなし。

ことの真相が明らかにされるシーンは『エンゼル・ハート』調で
それを受けてのミッキー・ローク起用だったのかしら。


主人公の友人でボクシングジムの会長、
『ブレイキング・バッド』での車椅子に乗ったカルテルのボスの人だ。


[ 2015/09/15 22:50 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

自転車を洗う


天気が良かったので、自転車を洗うことにした。

割と日差しも強くて、日向においておけば
すぐに乾く。

スプレータイプのオイルが噴出口から漏れて
しまうのが困る。
ビニールテープでノズルを固定できないかとやってみたが無駄だった。
今度からはビニール袋にでも入れて使ってみるか。

もう一つ、懸念だった車庫の雨樋を掃除する。
パイプが詰まっているようで、あふれた雨水が溢れて
下の石垣を穿っていたのが気になっていたので。
パイプには大き目の洗濯ばさみが詰まっていた。
取り除いたから、ちゃんと水が通ればいいけど。


小さい窓側のサンシェード、芯が折れて風が吹くと
めくれ上がるようになったので、割り箸で補強しておく。
今日は修理してばかりだ。


[ 2015/09/14 22:37 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 薬丸岳 『その鏡は嘘をつく』




トリックよりも犯行の動機に重点が置かれている。
長編になると水増しした感が強くて切れ味が鈍っているように思う。


被害者にも言い分はあるけど、殺害される原因となった行動に
同情の余地がない。
そりゃ恨まれるって。


[ 2015/09/13 23:00 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

道元のねぎラーメン

ramen201509121


市役所前、道元のねぎラーメン、780円也。

ちぢれ麺とストレート麺が選べるが、今日はストレート麺にした。
こってりとなっていたけどそれほどでもなく、甘みの強い今風のラーメンだった。


ramen201509122


美味しいけれど、何かパンチが足りない。


ramen201509124


担々麺など、味噌系のラーメンの方が正解だったかも。
再訪するかどうか微妙。


ramen201509123


厨房の前にあるカウンター席の他に、奥にも
細長いカウンター席がある。
何故か立て続けに小さい子供連れの家族が来たのだけど、
子連れの客にも優しいお店と評判なんだろうか。


北上すると陽気大手町店があった。
行列は出来ていなかったけど、店内に立っている客がいたので
繁盛しているのだろう。
昔、本店で食べたことがあるが、あまりピンと来なかったけど。


デオデオでヘッドホンを物色する。
今はネックレス型の物は売っていないのか。
今使っている物は非常に便利なので、同じような物を
手に入れたいが、どうも無理っぽい。
ネックバンド型にするしかないか、でもちょっと違うんだよな。






オーバーヘッド型だったらソニーのMDR-ZX770
コストパフォーマンスが良さそう。
本音はゼンハイザーやハイレゾ対応の物が欲しいけど、
流石に手が出ない。





また腕時計を見たが、やはりオシアナスのOCWS1007A2JFが良い。
今は熱に浮かされている状態なので、もうちょい頭を冷やさないと。
こちらも本音はグランドセイコーが欲しいのだけど。

ボディバッグはビアンキ、ヒップバッグはコールマンの小さいのが良い。


その後は出来上がったスリーピースを受け取る。
試着してみたが特に問題なし。
店員さんに変じゃないですかと訊ねたら問題なしと言われる。
お前は何着ても問題だらけじゃ、と内心は思われているのだろう。


今日はにわか雨が割と多かった。
夜になって雨が降ってきた。


[ 2015/09/12 22:24 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気はほぼ快晴。
行きも帰りも向い風だったような。

9月に入ると気温も低くなり、今日は秋晴れの天気。
日が落ちるのも早くなったと感じる。
大きめのペットボトルと凍らせたペットボトルを持って走る。

昨日は茨城県と栃木県に50年に一度の大雨で特別警報が出るほどだった。
今日は宮城県にも特別警報が出て、川の堤防が決壊し
住宅が流されるなどの大規模災害が発生した。

昨年の広島での豪雨災害を思い出して恐ろしくなる。
走っている途中に見たが、未だに山には土砂崩れの傷跡が
はっきりと残っている。


毎年何らかの災害が発生するなあ。
人はともかく、猫をどうやって避難させようか。


[ 2015/09/11 22:39 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

本 森山 優 『日本はなぜ開戦に踏み切ったか』




Amazon.co.jp 森山 優 『日本はなぜ開戦に踏み切ったか』


日本の意思決定システムは「船頭多くして船山に登る」状態だった。
何か有効な解決策を実行しようとしても、誰かが強硬に反対すれば、
決定できない。まさに独裁政治の対極であった。

効果的な戦争回避策を決定することができなかったため、最も
ましな選択肢を選んだところ、それが日米開戦だったという事実である。

陸軍は中国から撤兵すると利権を失うのでやりたくない。
しかし撤兵しないと日米開戦は避けられない。
陸軍は海軍が、海軍は陸軍がアメリカと戦うと思っていた。

結局、組織的利害を国家的利害に優先させ、国家的な立場から
利害得失を計算することができない体制が、対米戦という
危険な選択肢を浮上させたのである。

開戦派だった東条英機を首相にすることで軽率な行動が取れないよう
自制させる、動きを封じる。

アメリカに武力で勝利する手段がないことを自覚しており、
開戦となったら日本人の精神力と国際情勢が有利になることを
当てにするしかない。
希望的観測を根拠とした判断停止の産物だった。

しかし、ほんの少し長期的な視点をもてば、仮に現有戦力で日本が短期的な
勝利をおさめたとしても、数年後には圧倒的な大兵力を揃えたアメリカに
惨敗する可能性が高いことに、思い至るはずである。戦うなら、最も条件が
有利な時に戦いたい、作戦担当者がこのような作戦至上主義に陥るのは、
当然の側面もあるが、問題は長期的視野に立ってそれを抑える政治の力が
欠けていたことだった。

東条首相は決して戦争そのものに反対だったのではなく、外交交渉を
ないがしろにして何が何でも戦争に向かおうとする陸軍の姿勢に対して
不信感を抱いていた。戦争に至らずして外交交渉で話がまとまれば
御の字と考えるのは、政治に責任を負う者にとって当然である。

一方でこれまで陸軍がやってきたことは、謀略、中央政府の統制を無視した
軍事行動、テロに内乱など、きわめて無秩序な行動ばかりだった。

アメリカは日本の外電情報をほとんど解読しており、甲案が成立しなければ
乙案に切り替えるという二段構えの作戦が筒抜けだったため、ハルは
甲案を交渉の対象としなかった。

ハルが突然方針を転換した理由は未だ不明。一説にはスチムソン陸軍長官から
日本軍が大船団を南下させ、台湾の南方まで達していると報告されたからだと
されているが、この報告は勘違いに基づく過剰反応だったとされている。

ハル・ノートを歓迎したのは、陸軍を中心とする開戦論者たちであった。
東郷外相のシナリオ通りにアメリカが妥協の姿勢をみせたら、日本に深刻な
分裂をもたらしたであろう。アメリカが譲歩を小出しにしてくれば、日本は戦争に
踏みきれず、戦機は失われる。そうなれば、アメリカは全く血を流さずして
目的を達成できたに違いない。それこそ統帥部が最もおそれたシナリオであった。
アメリカは、そのような老獪さよりも、原理原則を守ることを選んだ。大国が故の
自信に基づいた判断であった。

つまり、戦争、外交ともに悲観すべきところを楽観していた。換言すれば、日本の
指導者たちは、不都合な未来像を直視することを避けたのである。

つまり、内的なリスク回避を追求した積み重ねが、開戦という最もリスクが大きい
選択であった。


現在でも2020年開催の東京オリンピックにまつわるゴタゴタが起こっている。
まるで成長していない。
いや、計画が白紙撤回されたのだから、少しは進歩しているのか。

[ 2015/09/09 22:49 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『MUD マッド』




Amazon.co.jp 『MUD マッド』


allcinema 『MUD マッド』


[ 2015/09/09 22:45 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

とみや別館の広島牛すき焼き丼

lunch201509071


とみや別館の広島牛すき焼き丼、味噌汁とサラダが付いて1200円也。


lunch201509072


牛肉の他に豆腐、白菜、白葱、しらたき、春菊などが入っている。
味付けはかなり甘めで、温泉たまごは黄身が固め。
思ったよりも肉は硬い。歯応えのある、とはまた違う。

lunch201509073


lunch201509074


正午過ぎに到着したが、あまり待たされることはなかった。
店員さんの説明によると、一階の焼肉は待たされるみたい。
とみや本館の方は行列が出来ていた。


昼食の前にスーツカンパニーで黒のスリーピースを購入する。

ビジネス兼用のものと比較して、結局冠婚葬祭用のものを選んだ。
そちらの方が生地の光沢がなかったから。

ジャケットとジレは問題なかったが、スラックスのサイズが合わない。
175の8ドロップでYA体なのだけど、ウエスト78センチがきっちり過ぎる。
指一本が入る余裕はあるが、腰骨を締め付ける。
結局、1.5センチほどウエストを広げてもらうことにする。

スラックスの裾とウエストを直し、滑り止めを付けるのは別料金。
カジュアルなシャツを追加して、合計5万1000円ちょっと。
出来上がりは土曜日とのこと。
予想より高価になってしまった。

対応してくれた女性店員はしまおまほに似ていたような気がする。


ロフトで見たビアンキのボディバッグコールマンのウォーキングポーチが良かった。

腕時計は銀のオシアナスのクラシックラインGショックのG-STELLセイコースピリットのチタン製のが良かった。


[ 2015/09/07 23:09 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

小説 白井智之 『人間の顔は食べづらい』




Amazon.co.jp 白井智之 『人間の顔は食べづらい』


<ネタバレ注意!>

ウイルスにより肉が食べられなくなった世界。
人は自分のクローンを作り出し、食べることにした。

クローンが登場するのだから本人との入れ替わりが
展開として重要な要素なんだろうとは予想していたが、
そこに叙述トリックを絡めてくるとは。しかも二人分。
ちょっとの煙で咳き込むのに煙草を嗜む矛盾に
もっと早く気付けたはず、ムキーッ。


[ 2015/09/06 23:33 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『オカルト』




allcinema 『オカルト』


地獄だぞ!

通り魔に襲われて以来、不思議な声が聞こえたり
謎の物体が見えるようになった江野くん。

不思議な声が神託だと気付いた江野くんは
人々をあちらの世界に連れて行かねばならないと
理解し、自爆殺戮渋谷交差点を決行する。

その姿を撮影し続ける監督の白石くんも徐々に
江野くんの狂気に取り込まれていく。

江野くんのだらしなさと図々しさが素晴らしい。
カメラを回し続ける白石くんに酔っ払ってタメ口を要求したり、
焼肉屋で次々と注文したり、女性に説教を始めたり。
その調子の乗り具合が観客をいらつかせる。

あれだけ焼肉を食べていたのに、狂牛病が怖くて
牛丼が食べられないというのはどういうことだよ。


100円のくだりを上手く回収したなと思う。
江野くんと白石くんとのブロマンス映画とも言える。


[ 2015/09/06 23:08 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『ザ・ゲスト』




allcinema 『ザ・ゲスト』


戦死した息子と同じ部隊にいた青年が訪ねて来る。
ハンサムで人当たりも良く、魅力的な彼は
家族や周囲の人間を引き寄せて行く。

何故わざわざ家族を訪問したのか疑問に思うが、
弟のいじめっ子を懲らしめたり、父親のライバルを
亡き者にしたりと、やり方は極悪だが本人は
全くの善意からやっていると考えると納得する。


どんな軍事実験だったかを明らかにしないのは
思いつかなかったからだろうか。


[ 2015/09/05 22:58 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

祖父母殺害、少年が拘置所で告白 公園暮らし、壮絶な生い立ち


TBS News i 祖父母殺害、少年が拘置所で告白 公園暮らし、壮絶な生い立ち


去年3月、埼玉県川口市で祖父母を殺害して現金を奪った当時17歳の少年の控訴審判決が、4日に言い渡されます。事件の背景に、母親が育児放棄し、公園での生活を強いられるなど、少年の壮絶な生い立ちがあったことが浮かび上がってきました。

 横浜市内の公園。4年前、少年は母と幼い妹と一緒にここで暮らしていました。今、少年は東京拘置所にいます。接見室で祖父母を殺害した当時の心境を語り始めました。

 「やるしかないって、どうやって生活するんだって、正当化してました」

 両親は幼い頃に離婚し、10歳までは、埼玉県のアパートなどで暮らしました。しかし、母親は・・・

 「お母さんは夜中に帰ってくる。派手な格好して」(近所の人)
 「(カーテンの)隙間から外眺めていて、暗いところで、お母さんいないんだなと思った」(近所の人)

 水商売をしていた母親は、少年にひどい言葉を浴びせた上、1か月間、帰らないこともあったといいます。それでも母親は、少年にとってかけがえのない存在でした。

 「気持ち悪い、近寄らないでと言われても、母が目に入る場所にいないと不安だった。幼いころ、母がサッカーの相手をしてくれたのが一番良い思い出です」(少年の手記)

 やがて母親はホストだという男性と再婚。2人は定職に就かず、一家はアパートを出ます。金があるときはラブホテルに泊まり、なくなると公園で野宿。そんな中、母は少年にとって妹となる赤ちゃんを産み、少年は学校にも通わず、必死に育てたといいます。

 「生きているのがただただ辛い。何も見えない、全く消えない闇の中にいた」(少年の手記)

 少年は祖父母や親戚に借金をして回りました。“殺してでも借りてこい”母親から、そう命じられていたといいます。

 14歳のとき、少年はついに助けを求めます。自ら役所に生活保護を求めたのです。一家は簡易宿泊所に落ちつき、児童相談所が支援して、少年はフリースクールにも通い始めました。

 「(友達と)交わりたいなという気持ちがよく分かった。普通の暮らしをしてさえいれば、恐らく学校に戻れて集団の中でも活発な子でいられた」(フリースクールの責任者)

 しかし、普通の暮らしは叶いませんでした。2か月後、母親が「鳥籠の生活は嫌だ」と宿泊所を引き払ってしまったのです。役所や児童相談所は少年の居所をつかめなくなり、支援も届かなくなりました。

 そして、その日が来ます。2014年3月。17歳になった少年は母親に命じられ、川口市の祖父母の家に。

 「もう戻れないからね、本当に出来るんだよねと、何回も何回も(母に)言われました。お金、お金、お金、そう考えていました」(少年が記者に宛てた手紙)

 借金を断られると、少年は包丁で祖父母を刺して殺害。現金8万円を奪いました。

 「地域社会が彼を支えきれなかった。大人社会の問題が非常に大きい」(フリースクールの責任者)

 一審、さいたま地裁は、犯行を思いとどまることは十分にできたとして、去年、少年に懲役15年の判決を言い渡しました。

 しかし、少年と面会を重ねた専門家は、母親との特殊な関係性をもっと重視すべきだといいます。

 「(母親が子どもに)お金をどこからか工面してくれることを依存していた。少年はお母さんの期待に応えたい という気持ちが非常に強かった。お金を持って来てあげれば、自分は母に見捨てられないことを信じることができる、非常に強い共依存の関係にあった」(理化学研究所脳科学総合研究センター・黒田公美氏)

 母親の強い支配から抜け出せない特殊な心理状態だったというのです。

 少年側は、少年院で教育すべきだとして控訴。控訴審判決は今月4日、東京高裁で言い渡されます。

 「お金は、母とをつなぐ鎖のようなもの。判決はどうでもいい。でも、自分と同じような境遇の子がいたら救ってほしい」
(03日18:15)



どうして、僕はこの子を救えなかったのか。


[ 2015/09/04 22:56 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強い南の風。

今日は晴れて暑くなったが、9月に入って
雨も多く随分と涼しくなった。

自転車にあまり乗れなくて身体がなまっているのか。
少しふらついて、なかなかクリートがペダルにはまらない。
時間もいつもよりかかっているし、速度が落ちている。

ヘルメットを洗う。
身体を洗うついでに、ボディソープでストラップや
クッション部分をゴシゴシと。
あまり汚れが落ちたようには見えないが、やらないよりはマシだろう。


あの人の空気の読めなさには本当に驚かされる。


[ 2015/09/04 22:49 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『ジュラシック・ワールド』



allcinema 『ジュラシック・ワールド』


3D吹き替え版で鑑賞。

業績を上げて株主を納得させるために
目玉となる恐竜を遺伝子操作で作り出す。
生み出された凶暴で高い知能を持つ「インドミナス・レックス」は
檻から逃げ出し、人を襲う。

人間の力によってどんな恐竜でも制御できると驕り、
これまでに投資した金が惜しくて生け捕りにしようとするが失敗し、
被害予測を過小に見積もって戦力の逐次投入をして泥沼化する。
福島の原発事故を見ているようだった。

ジャイロスフィアは搭乗者が操縦できるようになっており、
非常時に施設側がコントロールを奪えないとか、
マッチは持っているのに懐中電灯は持っていないとか、
逃げればいいのに屋台に隠れちゃうとか
登場人物たちの行動に不自然さを感じる点も多い。

しかし面白かった。
そういう瑕疵を吹き飛ばす映像の素晴らしさ、迫力。
特にTレックスの真打ち登場で上がりまくり。
Tレックスとヴェロキラプトルがインドミナス・レックスを相手に
大立ち回りを演じる場面は正に怪獣歌舞伎だった。


僕はジュラシック・ワールドに行きたい。
たとえ恐竜に食べられるとしても。


[ 2015/09/02 22:40 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 薬丸岳 『刑事の約束』




<ここからネタバレ!>

「不惑」
窪田が新郎の成宮を殺そうとしたのは、麻里子の仇だからと
言うだけではなかった。

窪田は麻里子への愛情を失っていた。
いい加減別れを告げなければと思っていた矢先に
麻里子は自殺未遂により植物状態になってしまった。

窪田は成宮を襲ったことで、植物状態の婚約者とその親からの
呪縛から逃れられると考えたから。

「終の住処」
老婆である千鶴子が老人ホームに行くことを拒んだのは、
桐の箪笥を持って行けないことに気付いたから。
その桐の箪笥は、殺人を犯し服役している息子が作ったもの。

「刑事の約束」
裕馬と葵は共犯。
裕馬が葵の母親を殺害し、葵が犯人として出頭する。

葵が二十歳を過ぎてから出頭したのは少年院ではなく
医療刑務所に入るため。
医療刑務所には、癌で余命いくばくもない裕馬の母親がおり、
葵に裕馬の母親を殺してもらうため。


<ここまで!>



五の短編集。

犯人が図星を突かれて逆切れする「不惑」
家族との絆を断ち切れなかった「終の住処」
残酷過ぎる動機が判明する交換殺人の「刑事の約束」が
良かった。

動機に人の醜さとやるせなさが同居する
話にグッと来る。


[ 2015/09/01 22:36 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)