映画 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』




Amazon.co.jp 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』


allcinema 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』



エニグマの暗号解読をするカタルシスよりも
チューリングの苦悩を描くのが主だった。

本当の自分を押し殺し、普通ではないことに苦しむ。
天才数学者でその功績が偉大すぎて軍人には理解できないのと
同性愛者であることを隠して生きるチューリングとが対になっている。


キーラ・ナイトレイが英国訛りでしゃべるのがむしろ新鮮だった。


スポンサーサイト
[ 2016/03/30 22:40 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 長沼毅 『死なないやつら』




Amazon.co.jp 長沼毅 『死なないやつら』


71頁
ハロモナスは進化の系統上は端のほう、つまり、かなり進化した部類の生物です。
すると彼らのジェネラリストぶりは、進化の結果なのでしょう。私たち人間は、
人間こそがもっとも進化した「地球最強の生物」であると思い込んでいます。
しかし人間は環境の変化にもろく、気温がわずか数℃上がっただけでも不適合を起こし、
熱中症などで死亡することもあります。いわば人間は、生息可能な領域を
どんどん狭く、限定する方向に進化した生物であるともいえます。すると、生息可能域を
どんどん広げていく方向に進化したハロモナスは、人間とは「真逆の方向」に
進化した生物といえるでしょう。
(※ハロモナスとは広範囲好塩菌のこと。北極から南極まで生息している)

130頁
いま地球上に生き残っている生命のほとんどは「偶然の産物」といってもいいでしょう。

146頁
ところが、生態学と遺伝学を組み合わせた集団遺伝学の研究では、こうした状況は
「利他的に」ふるまう個体のほうが、子孫を残しやすいケースもあることがわかったのです。
そうしたことが起こるのは、たとえば「群れ」をつくって生活をしている動物の場合です。

147頁
そして実際に、動物には「利他的」な行動パターンが存在することがわかりました。
これにより、進化論は修正されることになったのです。ダーウィン進化論は個体間競争を
基本とするものでしたが、現代進化論では、遺伝子を最大限に残すためには
「利他」と「協調」が重要であると考えるわけです。


[ 2016/03/28 22:58 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強い南の風。

インナーを夏物に変える。
これでもちょっと暑いくらい。
でも夏用のジャージにしたらまだ寒そうだ。
発熱インナーを着ればちょうど良いのかも。


桜はまだ三分咲きくらい。
お花見をするには早過ぎる。


[ 2016/03/28 22:50 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

煙臺閣の麻婆豆腐定食とお買い物


煙臺閣 アクア店で麻婆豆腐定食を食べる。780円也。

味は山椒が効いているがまあまあの出来だったので
写真は無し。
最初はランチバイキングにしようかと思ったが
そんなに食べられないだろうから定食にする。

食べログではアクア7階の判りにくい場所にあるから
客もまばら、と書かれていたけどそれなりに繁盛していた。
中国人の店員さん、荷物が多いおばあさんのために
わざわざ持ってあげたりしてすげえ親切だった。

その後はお買い物。
ユニクロでコンフォートジャケットを購入する。
グレーに格子のラインが入ったもので、ジャージタイプ。
Mサイズを試着したら思いの外大きくて、どうせ
カーディガン代わりに羽織るのだからとSサイズにした。

東急ハンズでマグカップを購入する。
猫のデザインがされて小振りなもの。

ボディバッグは吉田カバンのタンカーのショルダーバッグが良い。
ブリーフケースは吉田カバンのクリップ 2wayブリーフケース
IS+のgraceの39センチサムソナイトのエルライト ブリーフケースSが良い。
前の両方とも15000円ほどで、サムソナイトは4万円超え。無印良品のものなら6000円強ぐらい。

腕時計はGショックのMT-G、オシアナス共に良い。
エディフィスはちょっと違う。
デザインは別で色が同じならベストなんだけど。


スーツ着てネクタイを締めていたら一目置かれているように感じる。
やはりセットアップを購入するべきか。
先立つものがあればなあ。


[ 2016/03/25 23:34 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

免許証の更新に行く


免許証の更新に行く。

最寄りのバス停を急行バスに乗って7時52分に出発し、
バスセンターに到着したのが8時33分だった。

グーグルの乗換案内によると8時20分に到着して
余裕があるはずだったのに。
特に渋滞があったわけでもなかったのだけど。

免許センター行きは8時33分出発だったので
当然乗り過ごす。
次の便は9時13分発。40分ほど寒風吹きすさぶ中で待たされる。

バスセンターを9時13分に出発し、免許センターに到着したのが
10時7分だった。

10時10分に受付に並んで、パワーポイントで段取りを説明される。
免許証、通知の葉書を提出して費用の3000円を支払い、
名前と電話番号、暗証番号を2つ書いたものと
病気を隠していないかなどの誓約書の二枚の書類をもらう。

二枚の書類に記入して提出すると次は視力検査と写真撮影を行う。
ここまで終えて10時25分。
10時30分から優良者向けの安全講習が始まった。
ベルトコンベア式に流れて行くのでトイレに行く暇もなかった。

安全講習は30分で終了、新しい免許証を交付される。
トイレに行った後、11時10分のバスに乗ってバスセンターに
到着したのが11時57分だった。

免許証の顔写真を見ると、5年前に比べて色んな所が
白くなっている。
もっと顎を引いて撮影されるべきだった。


免許センターは1階だけで全て完了したのだけど、
2階より上では何が行われているのか。
探索する暇があったらさっさと帰るけど。
5年後はもっと早く行って見てみようかしら。


[ 2016/03/25 23:05 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 ジョー・R・ランズデール著、北野寿美枝訳 『ボトムズ』




Amazon.co.jp ジョー・R・ランズデール著、北野寿美枝訳 『ボトムズ』


1930年代のテキサス。
幼い兄妹が夜の森で見つけたのは惨殺された
黒人女性だった。
治安官の父親が捜査を開始するが、これは連続殺人事件の
始まりにすぎなかった。

KKKが大手を振って活動していたテキサスの片田舎という
非常に閉鎖的な土地で、人種差別と闘いながら
捜査を進める父親の苦悩と再生が心を打つ。
犯人が登場した途端に「あ、こいつだ」と判るのが
玉に瑕だけど。


テキサスというと乾燥して砂煙が舞っているイメージだけど、
ルイジアナ寄りの東部は湿地帯(ボトムズ)が広がっているそう。


[ 2016/03/23 23:15 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『キングスマン』




Amazon.co.jp 『キングスマン』


allcinema 『キングスマン』


『キック・アス』の頃から違和感があったのだけど、
今作を見てハッキリした。
マシュー・ヴォーンとは合わない。
表現がグロいとかではなく、彼の価値観が。

キングスマンにしても敵の組織にしても、
いまいち優秀には見えないんだよなー。
どちらも計画に穴が多く、それが引っかかって
のめり込めない。


今後は「威風堂々」が流れると笑っちゃいそう。


[ 2016/03/23 22:54 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

なな川で夕食


映画を見終わった後、母と二人でなな川で夕食を食べる。

付きだし、お刺身の盛り合わせ、穴子の白焼、メバルの煮つけ、
天ぷら盛り合わせを食べる。

どれもハズレ無しで美味しかった。
お刺身のなめろう、メバルの煮つけは特に良かった。
また食べたくなるくらいの出来だった。

瓶ビール2本を含め会計は13,000円ほど。
ちょいとお高い。
母は昔から通っていたそうで、店主も顔を覚えていた。
その時は主に昼食で焼き魚やお刺身の定食を食べていたそう。

客は他に一人いたのだけど、そのおじさんは常に
食べ物とお酒のマリアージュについて熱弁を振るっていた。
還暦を越えて長髪を後ろに束ね、フライトジャケットを着ていたが
何者なんだろうか。


写真を撮る雰囲気じゃなかったんだよ。
あと、店を訪れる前に福屋でちょいと値の張るネクタイを買ってもらっちゃった。


[ 2016/03/22 22:28 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

映画 『エヴェレスト 神々の山嶺』


allcinema 『エヴェレスト 神々の山嶺』


八丁座で鑑賞。

他人が登ったルートや頂上に興味がなく、
あくまで自分がルートを切り拓く、一番乗りをすることに
妄執する狂人・羽生と彼に魅せられ同行するカメラマン・深町。
エヴェレストのほぼ垂直な冬季南西壁を単独無酸素登頂で挑む
羽生と深町、果たして成功するのか。

エヴェレストに挑む登山家も凄いがそれを撮影する
カメラマンはもっと凄いんじゃないか問題。

最後の挑戦もどうかしているが、左腕と左足を骨折しながら
生還したエピソードの方がどうかしていると思う。


ところどころショットがダサいんだよなー。


シネコンと違い、八丁座は上演前の予告編が5分で
終わったので大変心地良い。
椅子の座り心地はそうでもなかった。


[ 2016/03/22 22:12 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は快晴。非常に強い北の風。

晴れた休日、意外とロードバイクは少ない。
小さい子供を連れた家族が多かった。
自転車の練習をしているみたい。

お彼岸だから寺町はさぞ人でいっぱいなんだろうと思ったが
そうでもなかった。
月曜日だからだろうか。


車道を走っていたら自動車にクラクションを
鳴らされたでござる。


[ 2016/03/21 23:01 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇りのち晴れ。
強い南の風。

ネックウォーマーを着けず、手袋も一重に。
出発直後は寒いが帰り道は暑いくらい。

シフトチェンジは良好。
修理に問題はない。
少し乗り味が変わった気がするが、気のせいか。

ようやく道路工事も終わりかけてきたよう。
帰り道に警察が実況見分をしているのを見たが
事故を起こしたらしい自動車やバイクは見当たらなかった。


魔改造が足りない。


[ 2016/03/16 22:36 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

自転車の修理が終わる


自転車の修理が終わる。

やはりバーテープの交換は余計だった気がする。
なんかダサくなったし。

シフトの部品交換はシマノ製だから問題ないとは思うが。
やはり専門店に行けば良かった(二度目)。


今回は大事にはならなかったけど、
深刻な故障となったらどうやって持って行こうか。


[ 2016/03/15 23:02 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』




Amazon.co.jp 『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』


allcinema 『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』


なんか変な映画。

ナチス・ドイツに対抗するワルシャワ蜂起を描く。
戦闘で人が簡単に死ぬリアルさと恋愛をアート映画みたいに
表現するのが混在すると言うか共存すると言うか。


映画が進むにつれ主人公の面構えが変わって行くのが
良かった。


[ 2016/03/15 22:50 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 魯迅著、竹内好訳 『阿Q正伝・狂人日記 他十二篇』




Amazon.co.jp 魯迅著、竹内好訳 『阿Q正伝・狂人日記 他十二篇』


[ 2016/03/14 22:57 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

自転車を修理に出す


自転車を修理に出す。

昨日、チェーンなどに注油した後、シフトレバーを動かしたら
バキッという音と共に変速機が動かなくなった。

どうしようもないので近くの自転車屋に持って行く。
よりによって一番重いギアの所で固定されてしまったので
上り坂で苦労する。

ワイヤーが切れており、交換することに。
バーテープも買わされた。

こちらの知識が乏しいことをいいことにふっかけられた気がする。
あの店員、なんか説明が少ないんだよな。

やはり専門店に行けば良かった。
まずはかかりつけ医に相談だなんて止めとくべきだった。

修理が終わったと連絡が来たのが16時過ぎ。
帰宅していたので取りに行くのは後日となった。
料金は5000円ほど。

雨が降っているので明日は無理。
取りに行くのは火曜日になると思う。


今日の収穫はニトリに行ったこと。
洗濯用のハンガーと米を洗うグッズが安く買えた。
座椅子やらテーブルやらアクセサリーケースやら、最近の
ニトリ製品は性能が上がっている。


[ 2016/03/13 22:58 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れのち曇り。強い北の風。
予想最高気温よりも暑く感じた。

行きのバイパスでニホンザルと遭遇する。
一頭だけだったけど、道路を横断して住宅地の方へ
走って行った。
この辺にも生息しているんだ。

今日は自動車との相性が悪い日だった。
幅寄せされるし路側帯を塞がれるし後方を確認せず
ドアを開けられるし。
後方から割り込んで目の前で駐車された時は肝を冷やした。

魔改造したクリートの角度がしっくり来ない。
感覚としては爪先のから外に30度向いているように感じる。
調整してみたけど、今度は外れにくくなったし、
結局最初のが一番マシだった。


おにぎり、あれでは小さすぎる。
帰宅して色々と腹に詰め込むのでは意味が無い。


[ 2016/03/11 23:12 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

本 ヴィクトール・E・フランクル著、池田香代子訳 『夜と霧』




Amazon.co.jp ヴィクトール・E・フランクル著、池田香代子訳 『夜と霧』


ユダヤ人精神分析学者が自らの強制収容所体験をつづる。

人としての尊厳が踏みにじられる強制収容所では、
自暴自棄となり希望を失った人から死んでいった。

では生き残った者に希望を与えたのは何か。
それは連行される前にすごした家族との思い出であり、
仲間との助け合いであり、冗談を言い合うことだったり、
歌だったり、美しい夕焼けを眺めることだった。

フランクルは過酷な状況でも研究者としての好奇心を忘れず、
冷静に観察を続け、ユーモアを忘れず、歌に慰められた。
『火星の人』の主人公ワトニーと一緒だね。


145頁
「人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても
 毅然として祈りのことばを口にする存在でもあるのだ」


[ 2016/03/11 22:52 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『博士と彼女のセオリー』




Amazon.co.jp 『博士と彼女のセオリー』


allcinema 『博士と彼女のセオリー』


伝記、もしくは難病ものかと思ったら三角関係ものだった。

ホーキング博士役のエディ・レッドメインも凄いとは思ったが、
妻ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズが素晴らしい。
これでどの主演女優賞も取れなかったのはかわいそう。


[ 2016/03/09 22:49 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 宮部みゆき 『悲嘆の門 上・下』




Amazon.co.jp 宮部みゆき 『悲嘆の門 上』


Amazon.co.jp 宮部みゆき 『悲嘆の門 下』



<ネタバレ注意!>

前作『英雄の書』を読んでおいた方がいいと思う。
世界観の地ならしが出来ていた方が入りやすいから。
今作は言わばユーリの兄が如何にして闇に取り込まれて
しまったかを描いている。

宮部みゆきはテーマとして実存主義を取り上げることが多い。
ルサンチマンに身を焦がし、他人の幸せが許せない。
自分の言葉で紡がれた物語に自分を塗りつぶす。
悪人に正義の鉄槌を食らわせる快感に酔って
鵜の目鷹の目で獲物を探す。
そんな我々の隣人の闇を、そして読者自身の闇を突きつける。


「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
 おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。」


今回も一筋の光を見せて物語は終わる。


[ 2016/03/07 23:00 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』



allcinema 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』


サブプライムローンの破綻に丁半博打を行い、
大金を手にしたトレーダーたちの話。

個人が大手銀行や証券会社を出し抜いてやったぜ的な
カタルシスより、この博打に勝つということは多くの人が
職を失い、家を失い、財産を失うことに良心の呵責を覚えるという
描き方をしている。

銀行に証券会社、格付け機関にマスコミ、
そして政府までがグルとなって金融危機を起こしたという事実が
なんともやり切れない。
しかも誰も責任を取らないなんて。


「人は凶事ほどリスクを低く見積もる」
「人が詩を嫌うのは真実を突きつけられるから」など
心に刺さる言葉が多い。


[ 2016/03/07 22:40 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

漫画 清野とおる 『ゴハンスキー 1』




Amazon.co.jp 清野とおる 『ゴハンスキー 1』


グルメ漫画と言うよりは変わったお店探訪記。
この作者には変な人を呼び寄せる能力があるみたい。


食後に睡魔が襲ってくるレストランとか角の席に座ったら倒れるお好み焼き屋とか
お腹がパンクするほど食べさせられる食べ放題の店とか、なかなか強烈。
椎の実を集めるのも命がけだな。


[ 2016/03/06 22:39 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強烈な南の風。

最高気温が20度まで上がる。
ネックウォーマーは着けずに出発する。
行きの早い段階で手袋を一重にし、前のファスナーを開けたが
冬装備だと暑いくらいだった。

晴れて暖かい休日、これまでで一番多いくらいの
ロードバイクとすれ違う。
散歩している人、ランニングをしている人も多かった。

チーム・スカイのジャージを着た人を
三人も見かけたが、同じチームのメンバーなんだろうか。


他人を呪うのは碌でもないことだと判っているけど。


[ 2016/03/05 23:07 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

漫画 三部けい 『僕だけがいない街 4』




Amazon.co.jp 三部けい 『僕だけがいない街 4』


アニメ版に追い越されてしまった。

雛月を救うために大胆な行動に出る。
もうなりふり構っていられないから。


母ちゃんは何でもお見通しだなあ。


[ 2016/03/01 22:53 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)