小説 若竹七海 『静かな炎天』




Amazon.co.jp 若竹七海 『静かな炎天』


六の短編集。

淡々と話が進むが、ふとしたきっかけで散りばめられた
手掛かりが終盤一気につながっていくのは気持ちいい。
そのスタイルを象徴するような、つい口にした一言で犯行が
発覚する表題作「静かな炎天」が良かった。

日本のハードボイルド小説は探偵が女性の方が良いのかも。
女性の方が秘密を聞き出しやすそうだし。


検索すれば本人がSNSに情報を晒しているというのは現代的。
葉村晶と同年代なんだよな。

スポンサーサイト
[ 2016/09/29 23:03 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

ビッグ ホーン ステーキの国産牛100%ハンバーグランチ250g

lunch201609271


じぞう通り、ビッグ ホーン ステーキの国産牛100%ハンバーグランチ250g、1,177円也。


lunch201609272


粗挽きで実に肉肉しい。中心部はレア。
三種類のソースで召し上がれ、と言われたが
何もつけず下味だけが一番美味しかった。


lunch201609273


接客にはあまり力を入れていないよう感じられた。
こちらのやり方に合わせてもらうという圧力がある。


今日は最初に駅前のビックカメラに行く。
売り場は全体的に狭い。
ヘッドホンの品揃えが多くてほとんどが視聴可能。
これはありがたい。




Amazon.co.jp MOLDEX meteors メテオレギュラー 耳せん 2ペア


食事の後は東急ハンズでモルデックスの耳栓を買う。
今使っているサイレンシアよりも遮音性は高い気がする。

眼鏡を物色した後、ドトールでアイスマロンラテを飲む。

今日は最高気温が32度まで上がって暑かった。
ジャケットを着てネクタイまで締めているのは僕くらい。

スリムタイプの紺のジャケット、前のボタンを締めると
ピチピチな感じになる。
肩周りに比べて胴周りが太いのか。
細身じゃない方が良いのかも。

リーガルのブーツを履いて歩くと膝や腰が痛くなる。
ビルケンシュトックのインソールをまた買ってみるか。
帰宅してから痛すぎて湿布貼りまくりになるのは避けたい。

図書館に本を返却し、紀伊國屋書店で新刊を一冊購入して帰宅する。

スマホは富士通のarrowsで決まりにする。
カープ優勝キャップは売ってなかった。
スーツに合う革製のトートバッグは2万円超え。
パターンオーダーのスーツかジャケットを誂えたい。


広電バス、回送中の表示にカープ坊やが描かれていた。


[ 2016/09/27 22:56 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

小説 三津田信三 『首無の如き祟るもの』




Amazon.co.jp 三津田信三 『首無の如き祟るもの』


<ネタバレ含む>

トリックは兄妹だったり男女だったりの入れ代わり。
人数が多かったり時制がどっちだったかとかでややこしい。

最後はツイストの連べ打ち。
やり過ぎると置いてけぼりを食らった気にさせられる。


[ 2016/09/26 23:04 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇りのち晴れ。強い北の風。

台風が通過してから気温も下がり、秋らしくなって来た。
湿気が少ない。小さい保冷の水筒で足りたし、
凍らせたペットボトルは半分ほど使った。

どこもかしこも除草作業と下水道の工事だらけ。
この時期にやらなきゃならない理由でもあるのか。


どうにかして大金をせしめることが出来ないだろうか。


[ 2016/09/23 22:54 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『マーシュランド』




Amazon.co.jp 『マーシュランド』


allcinema 『マーシュランド』


1980年のスペイン。
湿地帯で起きた少女の殺人事件を二人の刑事が追う。

犯人のお前誰だよ感が半端ない。
殺人事件に麻薬、地方の実力者への忖度、
何かを隠している関係者と要素は多いものの
上手く物語を交通整理しているとは言えない。


何で犯人を滅多刺しにするのかと思ったら
そういう過去を持っているからなんだ。


[ 2016/09/21 23:45 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 矢野和男 『データの見えざる手』




Amazon.co.jp 矢野和男 『データの見えざる手』


加速度センサを腕に取り付けて生活し、何年もの間に渡って
活動量を計測し膨大なデータを収集する。

その結果判ったのは、人間の活動はエネルギー保存則などの
科学的法則に支配されており、その人の自由意思と選択に
委ねられてなどいないということ。

また個人の能力や性格に依るとされていた業務の生産性が
実は周囲の人達の身体的な活発度に影響されることも判明した。

幸福度は人と人の相互関係で高まるので、活気ある職場にする。
そのためには個人主義より身体的なコミュニケーションを重視する。
「顔をつきあわせてのやりとりなんて非効率、組織の一体感が大事なんて
前時代的(キリッ)」というこまっしゃくれた考えがエビデンスを持って否定される。

衝撃的だったのは、人間の専門家と人工知能で売上対決をした所、
人工知能が圧勝したこと。
人間より人工知能の方が正しい判断をする。

脳が行動を支配するのではなく、行動することに
脳が影響され幸福度が上がる。

これは人間にとってむしろ解放と言える。
これまで「私は何者か」という永遠の課題に「下手の考え休むに似たり」
「考えるだけ時間の無駄」という解答を示したのだから。

[ 2016/09/21 23:08 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

本 海猫沢めろん 『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』




Amazon.co.jp 海猫沢めろん 『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』


人工知能やアンドロイドなど最新科学の研究者へのルポルタージュ。
対談集や講義集に近い。

科学が発達し研究が進んだ結果、人間と機械の違いが
曖昧になって行くというのが実に興味深い。

3Dプリンタで自己複製も出来るしデータをアップデートすれば
より良い次世代機を生むことが出来る。
ビッグデータで人間の行動を詳細に分析したら、人間の行動は
受動的であり自由意志など存在しないことが判明する。

人間には心があるじゃないか、というのもあくまで主観的な考えであり、
自分たちがそう信じているからに過ぎない。
あなたは特別な存在ではないし、そもそも人間全体がそうだと明らかになる。


科学も突き詰めると、人にとっての幸せとは何か、善き人生を送るには
どうしたら良いのかという問いに突き当たり、哲学や宗教に辿り着くのは
面白い。


[ 2016/09/19 23:16 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『はじまりのうた』




Amazon.co.jp 『はじまりのうた』


allcinema 『はじまりのうた』


Huluで鑑賞。
ジョン・カーニー作品は相変わらず長いPVみたいな映画だ。

映画のハイライト、マルーン5のアダム・レヴィーンが
歌うなんてずるくない?
あんなん誰でも感動するわい。


[ 2016/09/19 23:06 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

麺工房 東海の担々麺

ramen201609172


麺工房 東海の担々麺、麺大盛り無料で800円也。


ramen201609173


味付けはまろやか。個人的にはもっとパンチの効いた味の方が好み。
麺は小麦の香りを強く感じさせる。


ramen201609171


客としては一番乗り。
土曜日だったせいか、家族連れが多かった。
次は牛テールラーメンだな。


[ 2016/09/17 23:19 ] 食べた物の記録 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇りのち晴れ。南の風。
まだ暑さが残る。

今日は信号機との相性が悪い日だった。
止まれば随分と待たされる、突っ込めば危ない。


ここ数日、やたらと眠くなる。
午後10時を過ぎた辺りからもうダメ。
そのまま断続的に睡眠を取って、午前4時頃目が覚める。
どうにかして元に戻さないと。


[ 2016/09/17 04:33 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 山本弘 『アイの物語』




Amazon.co.jp 山本弘 『アイの物語』


七のSF短編集。

前半は20世紀に発表された作品もあり、現在の視点からだと古臭く感じ、
まあなんちゅうことないのだが、書き下ろしの「詩音が来た日」と
「アイの物語」は素晴らしい。

この二編はロボット(人工知能)を人間に近い存在にするため
人間らしさを教え込もうと奮闘する話なのだが、
人間と共に生活し人間らしさを学習した結果、あっという間に
人間を超越し、むしろロボットは人間らしさを拒否する。

ロボットが進化すれば、覇権を争うため人間と機械の間で
戦争が始まると思われがちだが、合理で判断すれば争いよりも
共存を選ぶはずで、彼らは人間よりも高次の存在だから
人間を傷付けるようなことはしない。

ロボットにとって人間は希少動物だから保護の対象となる。
悪性もまた人間の一部であり、それこそが人間らしさだと主張し、
地球の覇者の座を奪われたことを受け入れられない人間が
ロボットへの抵抗運動を続けることになる。

もし猫が喧嘩をしていてうるさいな、と思ってもせいぜい水をぶっかけて
追い払うくらいで、じゃあ猫という種を絶滅させようとはしないのと一緒だ。

人工知能にとって人間は愛玩の対象であり、人間は人工知能によって
魂の救済が行われるのではなかろうか。


読後に「さっさと人類なんて滅んじゃえばいいのに」と思う派が
増えるんじゃなかろうか。


[ 2016/09/14 23:31 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『イット・フォローズ』




Amazon.co.jp 『イット・フォローズ』


allcinema 『イット・フォローズ』


自分を殺しに来る霊にずっと付け回される。
セックスをすると相手に霊を押し付けることが出来る。
取り憑かれた人が殺されると霊は遡ってまた付け回される。
霊は取り憑かれた人だけに見えるが、物理攻撃が有効で、
これは他人でもダメージを与えることが出来る。

前評判の高さに期待しすぎたかな。
設定の新しさは感心するが、ルールに従えば
終りがないからモヤモヤしたまま結末を迎えることになる。


他人にも霊が見えるようにする方法に気付くのが遅過ぎやしないか。


[ 2016/09/14 23:14 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『駆込み女と駆出し男』




Amazon.co.jp 『駆込み女と駆出し男』


allcinema 『駆込み女と駆出し男』


離縁のための駆け込み寺を巡る物語。

小説で言えば連作短編集というところか。
限定された場所で人が入れ代わり立ち代わりし
物語が展開する。

その各エピソードが人の機微と人情に溢れていて実に良い。
鯖売り、信次郎のハッタリ、お吟が駆け込んだ理由、
隠れキリシタンのエピソードがグッと来た。

余韻を残さないバッサリした編集が印象的だった。
もうワンシーンあるかと思える場面もすぐに次の
場面転換するのな。


最後にこれまでの伏線が回収される手際の良さ。
ブルーレイで見たら四季がとても美しいの。


[ 2016/09/12 23:01 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 米澤穂信 『満願』




Amazon.co.jp 米澤穂信 『満願』


<ネタバレ含む!>

六の短編集。

共通するのは犯行が発覚するのを恐れて
色々と工作を目論み、暴かれること。
ホワイダニットで読者に挑む。

「そっちかい!」と思わず突っ込みたくなる「万灯」、
テーマ通り、都市伝説の当事者になる「関守」が良かった。


どれもクオリティが高いのが素晴らしい。


[ 2016/09/11 23:01 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

カープ、25年ぶりのリーグ優勝


スポーツナビ 20160910 カープ 6-4 ジャイアンツ


カープ、25年ぶりのリーグ優勝を決める。
もう前回はどんなだったか、覚えていない。
記録映像を見てぼんやり思い出す。

胴上げの時、黒田が泣いているのを見てもらい泣き。


[ 2016/09/10 23:15 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ時々曇り。北の風。

いつもの休憩をする場所でばったり出会う。
結構距離があると思うが、徒歩で来ているんだろうか。
ツタヤに来たついでとか。


[ 2016/09/09 22:59 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 ダニエル・フリードマン著、野口百合子訳 『もう年はとれない』




Amazon.co.jp ダニエル・フリードマン著、野口百合子訳 『もう歳はとれない』


87歳の元刑事が逃亡中のナチスの将校を追う。
しかも将校が隠し持つ金塊を巡っての奪い合いが始まり…。

偏屈で口の悪い老人と弁護士志望の孫のバディもの。
勢いはあるけどそのやり方で良いのか、とやや鼻白む。

でも老人が犯人が道を踏み外したのは自分にも責任があると
振り返る姿にはグッと来た。


いくら他人に罪を被せるとは言え、殺し過ぎじゃない?


[ 2016/09/07 23:05 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』



allcinema 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』


真面目に見ちゃ駄目。細かいことは気にするな。

料金分の面白さはあった。
ただ前作の売りだった大仕掛なトリックによる
ハッタリが少なくなっており、クライマックスが
カードのパス回しという地味な見せ場なのは残念。

最後に実はあの人も味方だった、というのは
前作を踏襲しているだろうけど、やはり整合性に
欠けると思う。


あの二人のモデル、ジョブズとウォズニアックなんだろうか。


[ 2016/09/07 22:54 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 ジョイス・キャロル・オーツ著、栩木玲子訳 『邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇』




Amazon.co.jp ジョイス・キャロル・オーツ著、栩木玲子訳 『邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇』


四の中編集。

うち三つは主人公の女性が強権的な男性に
蹂躙される話で、「処刑」だけが男性が主人公で
毛色が違うのだけど、これが良かった。

所属する大学の友愛会(フラタニティ)への出費がかさみ
親からの援助も断られたバートは両親を斧で殺害する。
逮捕され裁判にかけられるが、事態は意外な方向に進む。


どの話も作者に鼻面を引きずり回され、どんな結末に向かうのか
判らない不安さや驚きに満ちている。


[ 2016/09/05 22:43 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ時々曇り。南の風。

東北と北海道を襲った台風が来てから
それまでの灼熱は姿を消し、気温も下がって来た。

おかげで自転車に乗るのも楽になった。
落ちていたタイムも元に戻った。

今日はハンドルに身体をあずけるような前かがみの
姿勢を改め、なるべくサドルに体重をのせるような
走り方をした。

ここ数日はPM2.5のせいで頭痛と歯痛に襲われ
体調不良だった。何事にもやる気が起きない。


今日はウォーキングしている人が増えたように感じた。
自転車乗りも前より増えたような。


[ 2016/09/02 23:07 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)