FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最後の更新


10年以上続けてきたこのブログも今日で最後の更新。
『ガキの使い』を一時中断して書く。


今後はスマホのアプリで簡単な日記をつけて行くつもり。
各種SNSもそれに集約していく。


スポンサーサイト
[ 2017/12/31 22:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 ジュリアン・バーンズ著、土屋政雄訳 『人生の段階』





Amazon.co.jp ジュリアン・バーンズ著、土屋政雄訳 『人生の段階』


大切な人を失った悲しみは他人には理解されない苦しさ。
所詮は他人事。自分という宇宙から逃れられない。


[ 2017/12/30 22:32 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇り。北の風。
風もないが日差しもなく、洗濯物が乾かない。

2017年の走り納め。
休暇に入ったのか割りとロードバイクに
乗っている人が多かった。

自動車の走行量は多めだけど人気は少ない。
市内中心部に近づくにつれ買い物客で賑わう。
いつもの休憩所は歳末のくじ引きみたいなので
混雑していた。

距離を短めにして袋町方面に足を向ける。
ごった返している、というほどではない人出だった。
平和記念公園は寒いのに人が多かった。


カイロを貼るか腹巻きを着けるかどちらかで良い。



[ 2017/12/29 22:41 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。非常に強い北の風。

楠木町のファミマの隣が更地になっていた。
前は確か古い民家だったと思うが、思い出せない。
何度も通っているのに。

どうもタイムが落ちてきている気がする。
出発する時間が遅いのか。
以前と信号で引っかかるタイミングがズレて来ているような。


右肩痛が徐々に引いて来ている。
寒さに連動していたのだろうか。



[ 2017/12/27 22:40 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

本 ギィ・リブ著、鳥取絹子訳『ピカソになりきった男』





Amazon.co.jp ギィ・リブ著、鳥取絹子訳『ピカソになりきった男』


逮捕された時、彼はもう描かなくて良いという
安堵感に満たされた。
手がけたピカソの贋作が真作としてカタログに載り
シャガールの娘から本物だとお墨付きをもらう。
そんな作者の半生を描く。

画家本人になりきるために文献で研究し憑依させる。
画材や額縁も当時の物を取り寄せる。
その努力は並大抵のものではない。

的確でないかもしれないがテストのためにカンニングペーパーを
作ったら結果として勉強したことになったのに似ているなあと思った。

贋作ビジネスには画商も絡んでおり、アート界全体が
素人を騙すためにグルになっている。
新人画家の傑作よりも有名画家の贋作の方が
需要があるというのが付け込まれる隙きになっている。


逮捕後に有名画家風の絵を描いて欲しいと依頼されるというのは
何だか皮肉に思える。


[ 2017/12/27 22:25 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『アイム・ソー・エキサイテッド!』





Amazon.co.jp 『アイム・ソー・エキサイテッド!』


allcinema 『アイム・ソー・エキサイテッド!』


やたらとゲイネタが多くブラックユーモアに溢れているというわけでもない。
あんまり面白くなかった。


スマホを拾うルディ役のブランカ・スアレスが割りと好み。


[ 2017/12/27 22:20 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『エージェント・ウルトラ』





Amazon.co.j 『エージェント・ウルトラ』


allcinema 『エージェント・ウルトラ』


Amazonビデオで鑑賞。
もっと面白いかと思ったが。



[ 2017/12/26 23:17 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『ブレックファスト・クラブ』





Amazon.co.jp 『ブレックファスト・クラブ』


allcinema 『ブレックファスト・クラブ』


Amazonビデオで鑑賞。

罰として作文を書くために図書館に集められた
カーストの違う五人の生徒。

「明日になったら挨拶されても無視する」というのがリアル。
その時は盛り上がってキスしたりもするけど、いつまで続くか
判らない。


ウォッカ好きの不思議ちゃん役のアリー・シーディが超好み。
黒いアイラインを入れてダサい服の方がむしろ良い。


[ 2017/12/26 22:58 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『リリーのすべて』





Amazon.co.jp 『リリーのすべて』


allcinema 『リリーのすべて』


当代きっての美男子、エディ・レッドメインをしても
やはり女装しているようにしか見えないが
次第にそんなことはどうでも良くなる。

性同一性障害で苦しんだ人生を取り戻すため、
ありのままの自分を受け入れてもらえるようもがく姿は
息苦しさを感じている多くの人に共感されるのではなかろうか。


ハンス役の俳優はプーチンの自伝映画が作られたら
起用されるのではないか。


[ 2017/12/25 22:50 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


祖母の家に行く。

雪かき用のスコップと園芸用の土、
ブルーシートを購入し、昼食を買って行く。

屋内の掃除し、墓掃除へ。
あまり落ち葉もなく簡単に済ませる。

庭の掃き掃除と畑にブルーシートを敷く。
今日は比較的作業も少なく早めに帰宅する。
米と卵を購入する。野菜を沢山分けてもらった。


草刈りをしないと害虫が湧き、米作りの妨げになるそう。
あと五年は管理が続く。その後は売却するみたいだが
買い手が付くのか。


[ 2017/12/23 23:26 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

小説 畑野智美 『罪のあとさき』





Amazon.co.jp 畑野智美 『罪のあとさき』


良かった。


[ 2017/12/23 23:23 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。南の風。
暖かい。

前回キシキシ言っていたチェーンも注油したことで
スムーズに回転する。

いつもの休憩所は福引をしていた。
夢中になると周りが見えなくなるおばさんと
見事一等を当てた少年を見る。


帰り道、ヴィクトワール広島の選手が
列なして走るのとすれ違う。


[ 2017/12/22 22:27 ] 自転車 | TB(0) | CM(1)

映画 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』


allcinema 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』


IMAXで鑑賞。

ジェダイ版「書を捨てよ町へ出よう」。

シリーズに思い入れのない立場からすると
今作を酷評する人が老害扱いされるのは
『ガンダム』のファースト原理主義者が
『ガンダムW』や『ガンダムSEED』世代から
老害と非難されるのと同じか。

「ジェダイとかクソ」というのは「ニュータイプとかクソ」というのを
散々見せられてきた身からするとかつて来た道、という感じ。

多くの人が指摘しているが、プロットに穴が多くて
のめり込めなかった。

反乱軍の作戦が無茶苦茶。
まず何故逃げ続けるのか味方に説明しない。
だからフィンは危険を顧みずハッキングのスペシャリストを探しに行く。

反乱軍は大型船をおとりにして輸送船で要塞のある星に
逃げる作戦だった。
しかしその作戦も見抜かれ大損害を追う、しかもフィンたちの
行動は全くの徒労だった。

そもそも輸送船は見つからずに逃げられるという根拠が判らない。
要塞からの脱出も概略図に乗っていない自然の穴があるという
ことだったがそれが結構大きくて、これ誰も知らなかったのかと疑問に思う。

カジノ星のシーンは面白くないし、ギャグはことごとくスベってるし
ハッキングされてモニターが乱れるのを叩いて直そうとするとか古臭い。
フィンとローズのキスとか急すぎて何が何やら。


レイ役のデイジー・リドリーの顔が真ん丸だったけど、何があったのか。


[ 2017/12/20 22:46 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 綾辻行人 『十角館の殺人 』





Amazon.co.jp 綾辻行人 『十角館の殺人 <新装改訂版>』


『そして誰もいなくなった』オマージュのミステリ。


[ 2017/12/20 22:44 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ。強い北の風。

起きた時は曇だったのでどうかと思ったが
毛布類を洗濯してから出発する。
次第に晴れてきて暖かくなる。
ヒートテック腹巻きは着けなくても良かったな。
走り始めは手の指先がジンジン冷えたけど。

舟入方面にあるはせ川というラーメン屋を確認しに行く。
近くにはめじろもあった。
自転車で行くべきか電車で行くべきか悩む。


ホンマムカつく。
しゃべりかけんな。


[ 2017/12/18 23:24 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

映画 『沈黙 -サイレンス-』





Amazon.co.jp 『沈黙 -サイレンス-』


allcinema 『沈黙 -サイレンス-』


「主はお前と共に苦しんでいるのだ」
教理と実践が対立した時に実践を取るというのが
イエスと同じということ。


小説では最後にあたるロドリゴのその後が
描かれているのが有り難い。


[ 2017/12/18 23:09 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 降田天『彼女はもどらない』





Amazon.co.jp 降田天『彼女はもどらない』


衝撃に次ぐ衝撃の結末と言いたいところだが
やっぱやり過ぎだわ。


人には別の側面があることとネットの匿名性を
もう少し深掘りしてくれれば、と思う。
このミス出身の作家って作品は面白いけど
読後に何も残らないことが多いんだよな。


[ 2017/12/16 22:53 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は快晴。北の風。

久し振りの好天に恵まれる。
毛布類を洗濯して来れば良かった。
掛け布団だけは干していく。

犬の散歩をしている人を多く見かける。
暖かかったので皆もお出かけしたくなったみたい。


水筒に入れたお茶が熱すぎた。
なかなか適温に出来ない。


[ 2017/12/15 23:50 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

小説 降田天 『女王はかえらない』





Amazon.co.jp 降田天 『女王はかえらない』


トリックに関しては大体察しがつく。
ちょっと狡いと思うけど。
だから動機が何なのかに関心が向いたが
ストレートだけどなるほどと思えるものだった。


新人にしては文章も構成も手慣れていると
思ったらラノベ作家として有名だったのね。


[ 2017/12/13 22:36 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『帰ってきたヒトラー』





Amazon.co.jp 『帰ってきたヒトラー』


allcinema 『帰ってきたヒトラー』


現代にタイムスリップしてきたヒトラー。
芸人だと思われてテレビに出演させたら大人気に。

昨今の移民排斥や貧富の差で人心が乱れているのを
目の当たりにするとこの映画が笑えない。
ドイツ人が割りと安易にナチス式敬礼をするのにびっくり。


ヒトラーがオードリーの春日に見えて仕方ない。
ザヴァツキの服装は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の
マーティから来ているのかしら。


[ 2017/12/13 22:25 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

本 町山智浩 『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで』





Amazon.co.jp 町山智浩 『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで』


KKKを蘇らせた『國民の創生』、東京大空襲のヒントを与えたディズニー・アニメ、
フェイクニュースで大衆を扇動する『群衆』など
負の影響を与えたアメリカ映画を解説する。

時節柄ポピュリズムを煽って独裁者を誕生させ、返って排外主義を
広めてしまった映画が紹介される。
歴史修正主義どころか歴史改竄や漂白と言っていい。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ』のロバート・ゼメキス監督が
黒人社会が被った被害や公民権運動を映画内でなかったことにしているのを
知りガッカリする。


芸術として優れている映画は観客を熱狂させ狂気に走らせる。


[ 2017/12/11 22:37 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『砂上の法廷』





Amazon.co.jp 『砂上の法廷』


allcinema 『砂上の法廷』


Amazonビデオで鑑賞。

父親を刺殺した未成年の少年の弁護を担当するが
少年は裁判になっても何一つ語ろうとしない。
何故少年は沈黙し続けるのか。


<ここからネタバレ!>

父親を刺殺したのは弁護士。
弁護士とできていた母親が犯人になるつもりが
息子が自分が犯人だとかばったため話がややこしくなった。


<ここまで!>


証言者が少しずつ嘘をついているので誰も信用できない。
事件の真相には驚かされたが思い返すと
やはり辻褄が合わない所もある。


レニー・ゼルウィガーってあんなだったっけ。


[ 2017/12/10 22:35 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 『マリアンヌ』





Amazon.co.jp 『マリアンヌ』


allcinema 『マリアンヌ』


Amazonビデオで鑑賞。

第二次世界大戦、カサブランカでナチス・ドイツの高官を
暗殺したイギリスのスパイ二人がロンドンに戻り結婚する。

子供も生まれ幸せに暮らしていたが、夫は軍に呼び出される。
妻にナチス・ドイツのスパイ疑惑が掛けられていた。

スパイとして偽りの夫婦生活を送る内に本物の恋愛に発展して
行くが同時に疑念も湧く。本心とは別の他者を演じるという
スパイと俳優が入れ子構造になっている。


鏡を使った演出が多いがその人のもう一つの面を描くということか。
基本的に地味な映画だけど時折銃撃戦やスパイとしての
破壊工作を入れてくるので飽きさせない。


[ 2017/12/09 01:53 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

小説 スタニスワフ・レム著、飯田規和訳 『ソラリスの陽のもとに』





Amazon.co.jp スタニスワフ・レム著、飯田規和訳 『ソラリスの陽のもとに』


最後はなんか『ナウシカ』っぽい。


[ 2017/12/07 22:51 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

映画 『FAKE』





Amazon.co.jp 『FAKE』


allcinema 『FAKE』


猫とケーキとハーフパンツ。

映画を観ると佐村河内守氏に肩入れしてしまいそうになるが
これも真実の一側面だと思い直す。

佐村河内守氏に真実を話せと糾弾するジャーナリストや
新垣隆氏がこの映画の出演を断るというのは
フェアじゃない。


一番引っかかったのは障碍者に対する知識の不足と
偏見だった。
良く判らないこと、人物に対して一方的に決め打ちして
深く対象のことを深く知ろうとしない態度に薄ら寒くなった。


[ 2017/12/06 22:22 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は曇り。北の風。

今日から上下とも冬装備にして走る。
汗をかかずちょうど良いくらい。
明日は寒くなって場所によっては雪が降るかもという予報だった。

雨が降るかもという予報だったので早めに折り返す。
結果的には日差しが戻ったり、実際に降り始めたのは
夕方になってからだったりと不安定な天気だった。


走行中はしょうもない思考実験をああでもないこうでもないと
繰り返す。
最近は帰りもトイレに行きたくなって困る。


[ 2017/12/04 22:42 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

祖母の家に行く


祖母の家に行く。
快晴で暖かい。

途中でブロックと昼食を買い、農協で
通帳の記帳をして行く。

屋内の掃除をして食事をし、三部屋でバルサンを炊く。
家に入れない間に墓掃除をする。

墓は落ち葉で埋もれていた。
それらを掃き出すだけで1時間かかった。

バルサンは2時間ほどかかるので庭や井戸の周りの
落ち葉や雑草を処理する。
ゴミを焼いて除草剤を撒き、水抜きをして出る。
米と卵を買って帰宅する。


今日は久し振りに自分のアホさ加減に落ち込む。
何故一つの方法に固執してしまうのか。
駄目だったら別の方法を模索するべきなのに。


[ 2017/12/02 23:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

本 上間陽子著 『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』




Amazon.co.jp 上間陽子著 『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』


今年読んだ中で一番ショッキングな本。

沖縄でキャバクラに勤める少女たちに生い立ちや若くして
妊娠するに至った経緯の聞き取り調査を行ったもの。

多いパターンは両親の不仲や離婚で家庭に居場所がなくなって
家出し、十代で妊娠しシングルマザーになり、
生活費を稼ぐため夜の仕事に従事するというもの。

少女たちは支援を拒否し自力で何とかしようとする。
幼い頃から暴力に接してきた結果、嵐が過ぎ去るまで
やり過ごすことが解決策だと学習したからだ。

離婚の原因は夫の暴力に耐えきれずというのが多い。
DVはどこにでも存在するが沖縄では特に多いようで
親から子へ、先輩から後輩へと暴力を振るわれた者が
暴力を振るう側に回るという悪循環が起こる。


これは現在の日本で起きていること。
この現実から目を逸らせては駄目だ。


[ 2017/12/01 22:27 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

今日の自転車


天気は晴れ時々曇り。北の風。

寒くなるとの予報でヒートテック腹巻きを胸に巻いて
走ったがそれだと暑いくらいになった。

今日は下校中らしい中高生を良く見かけたけど
何か半ドンになるような行事があったのだろうか。


12月に入ったので下も冬装備にしよう。


[ 2017/12/01 22:22 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。