小説 深町秋生 『アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III』




シリーズ三作目。
夫の死の真相が明らかになる、一応の完結編。

各キャラクターの強烈な個性や派手なアクションシーン、
主人公の中に存在する、悪徳刑事であることの黒い喜びを喝破するなど
読者を飽きさせない小説なのだけど、肝心の追いかけていた夫の死の真相が
あっさりと処理されていて、肩透かしを食らう。
シーズン2へのお楽しみ、なんだろうか。

この作家、どうも粘りに欠ける印象があるなー。


スポンサーサイト
[ 2013/07/20 22:38 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2362-c622dde3