映画 『風立ちぬ』


allcinema 『風立ちぬ』


歴代の宮崎駿作品の中でもかなり好きな映画になった。

自分の好きなことに夢中で、美意識のためのみに生きる人を
描いているのだけど、映画内に登場する飛行機、機関車、
路面電車、大八車、そして人々のキビキビとしてフェティッシュな
動きの表現に僕はうっとりし、夢中になった。

空を飛ぶ飛行機を、地べたから見上げることしか出来ない二郎は、
他にも沢山のことを諦めなければならなかった。
自分の力ではどうしようもないことばかりだけど、それでも人生は続いて行く。


二郎と菜穂子のロマンス部分は、興行的な妥協だったのかな。
二人の出会いが唐突に思えた。


スポンサーサイト
[ 2013/09/06 22:46 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2406-e1ad063f