映画 『おおかみこどもの雨と雪』




地上波放送で鑑賞。

子育ての戸惑いと巣立ちの寂しさは心を打つ。
だけどその他の描写に引っかかってのめり込めない。

この母親、国立大学に進むぐらいなのに、人生を
ノープランで突っ走る。

前作からそうだったけど、製作者は田舎を舐めすぎ。
子連れのシングルマザーが引っ越してきたら、
あの閉鎖的なコミュニティでは常に監視され続けて、
奔放に暮らすことなんて出来ないぞ。


映像の迫力とドラマチックな音楽でかなり底上げされているな。


スポンサーサイト
[ 2013/12/20 23:35 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2503-c7da13fe