本 遠藤哲夫 『大衆めし 激動の戦後史: 「いいモノ」食ってりゃ幸せか?』




社会史としても文化史としても、B級グルメ礼賛としても
中途半端な内容だった。


国の進める政策がトンチンカンであるという指摘は納得。


スポンサーサイト
[ 2014/02/05 23:16 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2555-973f3b31