映画 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』




allcinema 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』


親の因果が子に報い、じゃないけど。
結局エイヴリーが幸福の総取りになるのだけど、
こういう理不尽や報われなさに対して怒るのではなく
ああ、何か判るわ、と受け入れられるようになったのは、
年を取った証拠なのかも。

デイン・デハーンより、ドラ息子の方が印象に残った。
あの甘やかされたるんだ感じが実に良い。


この作品にもレイ・リオッタとベン・メンデルソーンが出演していた。
こっちのレイ・リオッタは超おっかねえ。
あんなのに人気のない場所へ連れて行かれたらちびっちゃう。


スポンサーサイト
[ 2014/06/04 22:32 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2666-68530da5