小説 薬丸岳 『友罪』




過去の罪や若気の至りが一生ついて回る。
人は罪を償い社会復帰をしても、幸せになってはいけないのか。

簡単に答えや解決策が存在しないテーマなので仕方ないが、
やや説教臭く、登場人物も類型的に感じた。
もう一捻り。


鈴木が達也を殺すんだろうと思ってた。


スポンサーサイト
[ 2014/06/11 22:48 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2671-761f5177