2014W杯 ドイツ4-0ポルトガル

ハフィントンポスト 2014W杯 ドイツ4-0ポルトガル


デデーン! ペペ、アウトー。

序盤はポルトガルが鋭い攻撃を見せるが、ボールキープしていたのはドイツ。
前半12分、ジョアン・ペレイラがゲッツェを倒して得たPKを
ミュラーが決めて先制する。

前半でFWウーゴ・アウメイダが負傷交代。
前半32分にはコーナーキックからフメルスがヘディングシュートを
文字通り叩き込み追加点。

前半37分にはペペがミュラーに頭突して一発退場。
頭突きと言っても、頭でグイと押しただけだったが。

前半46分にミュラーが決めて突き放す。
もうこの時点で勝負あり、だった。

後半、ドイツはボールキープを第一とする省エネサッカーを展開する。
一人少ないポルトガルは時折カウンターで反撃をするが鋭さに欠ける。
後半20分にはコエントランも負傷交代してしまう。

後半33分、右サイドのシュルレからのクロスをGKが弾くが
これをミュラーが押し込んで4点目。ミュラーはハットトリックを達成する。

ポルトガルはC・ロナウドの調子も上がらず、さらに退場者を出すわ
負傷者続出だわと踏んだり蹴ったりだ。
立て直せるかどうか微妙なところ。

ドイツはミュラーを1トップにする「偽9番」の布陣だったけど、
かなり完成度は高い。
おそらくグループリーグは首位通過するだろう。
ラーム、ケディラ、トニ・クロースの中盤はコンビネーションが良く
攻略するのはなかなか難しいのではないか。
ラームが慣れないせいか、ボールを奪われることが多いのが気になるが。


この対戦、レアル・マドリーに関連する選手が多かった。
現在所属している選手、所属していた選手が試合前に挨拶していた。
こういうのってやりにくいんかな。


スポンサーサイト
[ 2014/06/17 22:54 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2682-14646369