2014W杯 ガーナ1-2アメリカ

ハフィントンポスト 2014W杯 ガーナ1-2アメリカ


試合開始数十秒でデンプシーがゴールを決める。
ガーナはまだ気持ちが入っていない内に失点してしまったようだ。

その後はガーナが優勢に試合を進める。
ただ選手同士の連携はそれほど見られず、単騎で突破するに留まる。

後半もアメリカは守ってカウンター、ガーナは攻勢を強める展開となる。

後半37分、左サイドを崩してアンドレ・アユーが決めて同点に。
守備を固め交代も使いきっていたアメリカは打つ手なしと思えたが、
コーナーキックからブルックスが決めて再びリードし試合終了となった。


ガーナの縦への速さは凄い。
スペースに向けて雑にパスを出しても追いついてしまう。
アメリカは上手さはないが、全員が良く走るチームだった。


スポンサーサイト
[ 2014/06/17 23:22 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2683-787b2186