2014W杯 オーストラリア2-3オランダ


スポーツナビ 2014W杯 オーストラリア2-3オランダ


ファンハール「ファンペルシー、ロッベン、スナイデル、何とかしてこい!」

全体としてオープンな打ち合いになった。

前半20分、左サイドのブリントがロッベンにボールを送ると
ロッベンが単騎で突破、そのままゴールを決める。

直後の前半21分、今度はオーストラリアの右サイドからのクロスを
ケイヒルがダイレクトボレーで決めて同点に。

前半終了間際にオランダのCB、インディが負傷交代する。
これでオランダは布陣を3-4-3から4-3-3に変更するが、
さらにオープンな展開となる。

後半9分にハンドでPKを与えてしまい、オーストラリアがリードする。
後半13分、オーストラリアはオフサイドを取り損ねると
ファンペルシーに決められて同点に。

後半23分、交代で入ったWGのデパイが外に逃げるミドルシュートを
決めてオランダがリードする。

その後は両チームともチャンスを作るが、GKの好守もあり試合終了となった。

2勝したオランダはグループリーグ突破、2敗したオーストラリアは敗退となった。
良い試合をしていただけに、オーストラリア試合終了後にはうずくまる選手が多かった。

この試合のオランダは両サイドを高めにしており、攻撃は良かったが
その分守備力は落ちてしまった。
攻撃を前線の3人の個人能力にお任せしているので、
怪我や出場停止で欠くとどうなるやら。


スポンサーサイト
[ 2014/06/19 12:24 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2686-db05bf72