2014W杯 アメリカ2-2ポルトガル


スポーツナビ 2014W杯 アメリカ2-2ポルトガル


USA! USA!となるはずが…。

前半5分、ナニがアメリカのクリアミスを蹴り込んで先制する。

後半19分、コーナーキックのこぼれ球をジョーンズがまさに
糸を引くようなミドルシュートを決めて追いつく。

後半36分、キャプテンのデンプシーがパスをお腹で押し込んで逆転する。

このままアメリカが勝利するかと思われた後半50分、ポルトガルがボールを奪うと
右サイドにいたC・ロナウドに展開、C・ロナウドが見事なクロスを上げると
バレラが頭で決めて同点に追いつき、試合終了となった。

逆転されて追いついてと、息をもつかせぬ好ゲームとなった。
ドイツvsガーナも凄かったが、グループGの第2戦は見応えたっぷり。

ポルトガルは全体的に動きが鈍い。
点が取れないのもあるが、守備が緩慢で相手に走り負けている。
気候の影響もあるのかな。

アメリカは中盤のツルツル頭、ブラッドリーが好守で良く走り回り
目立つのだけど、シュートを確実に決めていたらチームをもっと楽に出来ただろう。
それが出来れば、トップクラブで活躍しているのだろうけど。


どうもレアル・マドリー所属の選手の動きが鈍い。
好調を維持しているのはフランスのヴァランとアルゼンチンのディマリアくらい?
休養期間が短すぎたのか。


スポンサーサイト
[ 2014/06/23 22:14 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2698-b739509d