2014W杯 韓国0-1ベルギー


スポーツナビ 2014W杯 韓国0-1ベルギー


大アフロは高良健吾に似ている。

グループリーグ突破を決めているベルギーは
かなりメンバーを変更して試合に臨む。

試合を優勢に進めるのはベルギー。
韓国も時折カウンターを仕掛けるが、ほとんど何もさせてもらえない。

前半終了間際、デフールが踏みつけたとして一発退場する。

後半は人数で有利になった韓国が攻めるが、ベルギーの守備を崩せない。
後半33分、オリギのシュートをGKが弾くがフェルトンエンが詰めてゴール。
これが決勝点となった。

韓国の状況は日本よりも深刻なのではないか。
テクニックが足りなさ過ぎる。

その中で違いを見せたのがイ・チョンヨン。
柔らかいボールタッチでチャンスを作る。
しかしフィジカルの強さが足りない。
潰し屋タイプのボランチにガツガツやられて
前を向かせてもらえないタイプに見える。

フェルトンエンは前半、ベルギーの国旗をあしらったキャプテンマークを
巻いていたけど、後半は皆が使っているFIFAの黄色いものに変わっていた。
怒られたのかしら。


ベルギーの右サイドバックにヴァンデンボーアが出場していた。
何代か前のマスターリーグで主力だった選手だ。
ツルピカ髭モジャになっていたけど。


スポンサーサイト
[ 2014/06/27 22:27 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2708-ad23bcb2