漫画 小林まこと 『劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎』




自分が殺した男の妻と子の面倒を頼まれたアウトロー。
迫り来る追ってから逃れ、カタギとして生まれ変わることを
決めた矢先に人斬りの腕を見込まれた仕事が舞い込む。
これを最後と決めて刀を握るが…。

西部劇やギャング映画のテーマとしてもはや古典と言える
プロットだけど、これを飽きさせず緊迫感たっぷりに描く
小林まことのベテランの技は素晴らしかった。

スポンサーサイト
[ 2014/06/28 22:56 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2710-5e46ea1a