本 平松洋子著、谷口ジロー画 『ステーキを下町で』




美味しいものに囲まれた食いしん坊のしあわせ、再び。
北海道から沖縄まで各地を巡る。

『孤独のグルメ』つながりか酒を飲むエピソードが多い。
それも流行りのバルではなく、朝から開店している店や
もつ焼きを出す店が紹介されるのが実ににくい。

個人的なハイライトは根室港のさんま。
生のさんまを自ら炭火で焼いてその場で食べる様子に
居ても立っても居られなくなる。


食べさせられちゃった心地、というのは言い得て妙だ。
それでもホンオフェは遠慮しときます。


スポンサーサイト
[ 2014/07/15 22:52 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2738-5e2a7b4f