本 ソーア・ハンソン著、黒澤令子訳 『羽―進化が生みだした自然の奇跡』


羽―進化が生みだした自然の奇跡羽―進化が生みだした自然の奇跡
(2013/04)
ソーア ハンソン

商品詳細を見る



夏休み自由研究その4、生物。
鳥の羽が持つ様々な能力を解説する。

保温性はダウンジャケットや羽毛布団に、
気流を制御する構造は飛行機の設計に、
美しさは装飾品として人間の文化に活用される。

心に残ったのは撥水性について。
これまでは自ら分泌する脂を羽に塗ることで撥水性を保っていると
考えられていたが、研究により羽自体が複雑な接触点や
空気ポケットにより構造として水を弾いていることが判明している。


<289頁>
現代のような結果を重視する文化では、結果にこだわって、問題を解いて
正解を見つけることに目を奪われがちだが、人が惹きつけられる真の魅力は、
新しい知見が蓄積されるごとに増すものである。新しいつながりが生み出され、
新しい傾向が明らかになり、新しい認識世界が開かれるからだ。

自然の驚異を探索することは、好奇心に駆けられて行なう行動で、
基本的に終わりはないのだ。科学で重要なのは必ずしも答えを出すことではなく、
問いかけをすることだということを思い出させてくれる。


スポンサーサイト
[ 2014/08/12 22:47 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2766-d16b0928