祖母の家に行く


祖母の家に行く。五十日祭。

朝7時に出発する。眠い。
到着してから屋内の掃除をし、墓の落ち葉を掃除する。
途中の坂の落ち葉も払っておく。

地元の神主さんに来てもらい、祝詞をあげてもらう。
その後はお墓に納骨する。
納骨は後で行う予定だったが、雨が降る予報もあったので
一気に行った。

参加したのは家族と葬式に参加した親戚のおじさん二人。
神主さんが帰った後、一緒に食事をする予定だったが
二人は帰って行った。
一人は足が悪いらしく、長時間床に座るのがしんどいらしい。
仕出しの弁当とお土産を渡して見送る。

その後は家族だけで仕出しの弁当、巻き寿司とお刺身を食べる。
期待はしていなかったが、大した味ではなかった。

食事の後は片付けとゴミ焼き。
全てを終えて出発したのが14時半くらい。
ゴミ焼きをしている時から雨が降り始め、雨脚は強くなって行った。
朝は晴れていたのに。
式の間は天気が持ってくれて助かった。

昨日ほど体力は使っていないので疲れはそれほどでもない。
これで大イベントが終了して皆がホッとしている。
着ていたジャケット、スラックス、ネクタイが土と埃で汚れまくる。
やっぱ田舎暮らしは無理だ。


あの人は本当に空気が読めない。
それをユーモアと勘違いしているのが非常に厄介だ。
年々酷くなるな。


スポンサーサイト
[ 2014/11/30 22:25 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2866-e115a644