小説 ロジャー・ホッブズ著、田口俊樹訳 『ゴーストマン 時限紙幣』


ゴーストマン 時限紙幣ゴーストマン 時限紙幣
(2014/08/08)
ロジャー ホッブズ

商品詳細を見る



カジノから強奪した金は連邦準備銀行の新札。
48時間を超えると仕込まれたインクが爆発してしまう。
主人公は始末屋として逃げた実行犯と金を追う。

そもそもが楽な仕事ではないのに依頼主や地元の組織との
対立など複雑に要素が絡んでいく。
主人公がどんな脅しにもひるまず、あっさり危機を回避する
無敵状態なので緊張感に欠ける。
無敵にならなければならなくなったのには過去の
大きな失敗があるのだけど。


誰かになりすますのには、正確性よりも堂々としていることが重要。
自信満々に行動したら相手は疑ったりしないものなんだろう。
それが出来る度胸はないなあ。


スポンサーサイト
[ 2015/01/06 22:14 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2904-402e0979