小説 麻耶雄嵩 『神様ゲーム』


神様ゲーム (講談社ノベルス)神様ゲーム (講談社ノベルス)
(2012/05/08)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る



<ネタバレ注意!>

真犯人は母親。
かなり身体の小さい母は井戸の蓋に隠れることが出来た。

芳雄が養子であることから、母は同性愛者と思われる。

<ここまで!>



クラスメイトは創造主たる神様、だから犯人が
誰かはお見通し。
少年探偵団の一員である主人公はその彼から犯人の名を教えてもらい、
猫殺しの犯人を追うが事態は深刻な状況に発展していく。


子供向けの本だけど事件も真相もなかなかエグい。
あの終わり方はモヤモヤするわー。


スポンサーサイト
[ 2015/01/30 22:49 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2924-3ea5c56b