映画 『戦場にかける橋』


戦場にかける橋 HDデジタルリマスター版 [Blu-ray]戦場にかける橋 HDデジタルリマスター版 [Blu-ray]
(2012/10/03)
ウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス 他

商品詳細を見る



地上波放送で鑑賞。

<ネタバレ注意!>

日本軍の鉄道建設のために橋をかける労役に従事させられる英国人捕虜たち。
工事が遅れているため、士官にも作業するよう命令されるが、
ジュネーブ協定違反を理由にニコルスン隊長は拒否する。
このため、士官たちは営倉入りとなる。

これに対抗するため、英国人捕虜たちは橋建設のサボタージュを行う。
橋建設が遅々として進まないため、日本軍は遂に折れて
士官たちを営倉から釈放し、待遇改善を約束する。

英国人捕虜たちは工事計画を最初から洗い直し、新たな計画を立案して
後世に語り継がれるような、立派な橋を建設する。
理由は偉そうな日本軍にムカついたから。

一方、脱走に成功した米国兵のシアーズはもうすぐ帰国するはずだったが、
橋を爆破する任務に道案内人として参加することになる。
拒否するが、死んだ士官になりすまし、身分を偽っていたことで裁かれることを
告げられたため、仕方なく任務に就く。

橋が完成し、汽車が通過する日。
川の水位が下がったため、橋に仕掛けた爆弾とワイヤが丸見えに。
それに気付いたニコルスンは汽車を止めろと日本軍に警告する。
シアーズたちの放った迫撃砲が間近に着弾し、意識が朦朧とした
ニコルスンは爆破スイッチに倒れこみ、橋は爆破された。


死すとも任務を果たす派と何があっても生き延びる派の争い。
ニコルスンと日本軍の将校との間にも友情が芽生え始めた所であったし、
橋を完成させたのも爆破したのも連合国軍同士という虚しさ。
色々と考えさせられる映画だった。
世界が争いに向かっている今、これを放映する人がいることを讃えたい。


映画の最後に軽快な音楽で幕が下りるというのがなあ。

スポンサーサイト
[ 2015/02/01 22:37 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2929-b277e229