スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 『ザ・ウォード/監禁病棟』


ザ・ウォード 監禁病棟 [Blu-ray]ザ・ウォード 監禁病棟 [Blu-ray]
(2012/03/02)
アンバー・ハード、メイミー・ガマー 他

商品詳細を見る



allcinema 『ザ・ウォード/監禁病棟』


1966年、クリステンは精神病院の監禁病棟に閉じ込められる。
そこには同年代の女性が数人いた。
やがて自分たち以外の誰かが居り、次々と死者が出る。

<ここからネタバレ!>

監禁病棟の女性たちは全てアリスの人格。
アリスは多重人格者だった。
医師により人格を統合する治療が行われていた。


<ここまで!>



最初からヒントは提示されていたのに
真相を見抜けなかったのはちょっと悔しい。
同じようなシチュエーションが繰り返されるので
ちょっと退屈だった。


びっくり箱的な驚かされ方をするのでビクッてなる。


スポンサーサイト
[ 2015/04/15 22:45 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2983-ebef0d93


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。