ウッドワン美術館に行く


ウッドワン美術館に行く。

朝の8時半に出発し、到着したのは9時半だった。
ゴールデンウィーク期間中は開館時間が早まるらしい。

メインである吉村芳生展はまあそれなりに良かった。
鉛筆画にそれほど思い入れがないので、あんな風に
マトリックスを作って塗りつぶしていくんだ、と感心した。

個人的には次の薩摩焼の方がグッと来た。
より職人感が出る焼物が案外好きみたい。
鯉を立体的に表現した壺が非常に良かった。

新館の岸田劉生や円山応挙、エミール・ガレのガラス展示は
まあそれなりに良かった。
マイセンコレクションの歴史的変遷が興味深い。
特にロココ調時代のサイケデリックなデザインと色使いは
はっちゃけ過ぎていて笑える。

11時半にレストランめがひらでジンギスカンの鉄板焼きを食べる。
その後は皆は温泉に入り、自分一人ロビーで待つ。
まだ温泉に入りたいと思わないんだよな。

帰宅したのは14時過ぎ。
この日は午後から雨と予報されていたが9時頃には
結構な降り方だった。
気温も低めでジャケットを持って行って正解だった。
晴れていたらウッドワン美術館に沢山生えていた
八重桜をもっと楽しめただろう。


まだこちらが着替えている最中なのに他の皆は
自動車に乗り込んでいて、置いてけぼりを食らうかと思った。
一応荷物を載せただけだと言っていたが。
それにしては早すぎないか。


スポンサーサイト
[ 2015/05/03 22:48 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2997-5e89e47e