小説 ベン・H・ウィンタース著、上野元実訳 『地上最後の刑事』




半年後に小惑星が衝突することが発表され、絶望し世を儚む
人々があふれる世界。
主人公の刑事は同僚が自殺として処理しようとした首吊りの死体に
違和感を覚え、殺人事件として一人捜査を進める。

地球滅亡を前にして職務を全うする人と死ぬまでにやりたいこと
リストを消化する人、酒や麻薬に溺れる人、命を絶つ人。

地道な捜査を続けることで様々な人々の思いが交錯して
事件の全容が明らかになって行く。


人はそんなに強くないんだよ。


スポンサーサイト
[ 2015/05/05 23:01 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/2998-684318c2