小説 ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳 『特捜部Q ―檻の中の女―』




デンマーク製のミステリ。

左遷された主人公の刑事が未解決事件を専門にする特捜部Qで
自殺と処理された議員の失踪事件を再捜査することになる。

犯行の動機と仕掛けのダイナミックさには感心したが、
事件が動き出すまでが遅くて読み続けるのに苦労した。


残忍な殺害計画はフランス製ミステリを彷彿とさせる。
アサドは何者?


スポンサーサイト
[ 2015/05/14 22:35 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3007-ffd60954