本 信田さよ子著 『カウンセラーは何を見ているか』





カウンセリングセンターを経営するベテランカウンセラーによる著作。

クライエントの気持ちが判る、共感すると言うカウンセラーは
欺瞞に満ちていると看破する。
その代わりクライエントを引き受ける覚悟が問われるのだそう。

相手の話を聞くのが仕事のカウンセラーが他人の気持ちなんか
理解できないとはっきり言うのは新鮮だった。


全体的にまとまりに欠け、やや水増しされている感は否めない。


スポンサーサイト
[ 2015/06/30 22:47 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3047-b308266f