映画 『ジュラシック・ワールド』



allcinema 『ジュラシック・ワールド』


3D吹き替え版で鑑賞。

業績を上げて株主を納得させるために
目玉となる恐竜を遺伝子操作で作り出す。
生み出された凶暴で高い知能を持つ「インドミナス・レックス」は
檻から逃げ出し、人を襲う。

人間の力によってどんな恐竜でも制御できると驕り、
これまでに投資した金が惜しくて生け捕りにしようとするが失敗し、
被害予測を過小に見積もって戦力の逐次投入をして泥沼化する。
福島の原発事故を見ているようだった。

ジャイロスフィアは搭乗者が操縦できるようになっており、
非常時に施設側がコントロールを奪えないとか、
マッチは持っているのに懐中電灯は持っていないとか、
逃げればいいのに屋台に隠れちゃうとか
登場人物たちの行動に不自然さを感じる点も多い。

しかし面白かった。
そういう瑕疵を吹き飛ばす映像の素晴らしさ、迫力。
特にTレックスの真打ち登場で上がりまくり。
Tレックスとヴェロキラプトルがインドミナス・レックスを相手に
大立ち回りを演じる場面は正に怪獣歌舞伎だった。


僕はジュラシック・ワールドに行きたい。
たとえ恐竜に食べられるとしても。


スポンサーサイト
[ 2015/09/02 22:40 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3105-d3078811