小説 奥田英朗 『家日和』




Amazon.co.jp 奥田英朗 『家日和』


六の短編集。

中年に差し掛かり、平々凡々な自分の人生に
疑問と後悔を抱く市井の人を描く。

自分の好みに部屋を改造する「家においでよ」は
とても共感できる。
最後に逆転ホームラン級の解決をする「サニーデイ」が良かった。


こういう肩のこらない短編集も良いね。
直木賞作家ってそんなに儲かるんだ。


スポンサーサイト
[ 2015/11/22 22:43 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3178-7bbe6e04