小説 舞城王太郎 『淵の王』




Amazon.co.jp 舞城王太郎 『淵の王』


三の連作短編集。

階段を登っていたら徐々に足場が揺らぎ始め、
最後の一歩に階段がなくて闇に落下してしまうような読書体験を味わえる。
しかもこちらを闇に落としても最後に光を見せる豪腕ぶりが素晴らしい。


共通するのは闇に立ち向かい大切な人を救うために立ち上がる点で、
その覚悟にグッと来る。
ジャンルとしてはホラーになるのかな。

スポンサーサイト
[ 2015/12/14 22:55 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3198-87e339c2