本 『ヤンキー人類学 突破者たちの「アート」と表現』




Amazon.co.jp 『ヤンキー人類学 突破者たちの「アート」と表現』


15頁
 アール・ブリュット(Art Brut)とは、フランスの芸術家ジャン・デビュッフェにより
 提唱させた概念であり、一般に「伝統や流行などに左右されず、自身の内側から
 湧き上がる衝動のまま表現した芸術」のことを指す。 (櫛野展正・津田在五)

21頁
 ヤンキー文化から生み出される、効率を無視して巨大化し、多様な文化的形象が
 異種混合的に編集されたこのようなさまざまな表現は、近代的で合理的な
 私たちのあり方に対する身をもった批評であるかのようだ。 (櫛野展正・津田在五)

79頁
 日本を打ち負かした強大なアメリカと同化したいという潜在的な想いであり、
 (中略)ヤンキーに右翼・保守的な傾向が強く見られるにもかかわらず、
 彼らが舶来のディズニーランドやヒップホップに強い性向を示すのは、
 きっとそういうことだろう。 (椹木野衣)

98頁
 いま「マイルドヤンキー」みたいな言葉で代理店が仕事にしようとしてるけど、
 ふざけるな、って話ですよ。あれは「マイルドヤンキー」じゃなくて「地方のリアリティ」
 なんです。たとえばイオンで買い物して一日過ごしたり、軽自動車に乗ったりって
 いうのは、ヤンキーでもなんでもなく地方の人のほとんどのマジョリティが
 そうなわけでしょう? (都築響一)


改造バイク、デコトラ、特攻服、そして相田みつを。
アウトサイダー・アートとしてのヤンキー文化評。

権威や正統性へのプロテスト精神という点では
前に読んだ『反知性主義』に通ずる所がある。


ディズニーキャラを描いているけど、訴えられないのかしら。


スポンサーサイト
[ 2015/12/21 23:27 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3205-9a1059a8