本 高野秀行、清水克行著 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』




Amazon.co.jp 高野秀行、清水克行著 『世界の辺境とハードボイルド室町時代』


世界の辺境を巡る作家と日本中世史を専攻する学者との対談。
研究の共通点を見つけて互いのグルーヴが上がっていくのが面白い。

日本の中世を知りたければ世界の辺境に行け。
近代化されもはや日本には残っていない人々の
営みがまだ存在するから。

中世や辺境を知ること、学ぶことは現在日本の価値観が
絶対ではないことに気付くこと。


徴税を連帯責任にしたことで同調圧力が生まれたと指摘する箇所を読んで、
それ以前は我々のご先祖は荒くれだったりかなりいい加減な生活だったと知り、
じゃあ僕もお気楽に生きようと決める。


スポンサーサイト
[ 2016/01/31 23:36 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3236-2ed7eab0