小説 アンディ・ウィアー著、小野田和子訳 『火星の人』

 


Amazon.co.jp アンディ・ウィアー著、小野田和子訳 『火星の人 上』


Amazon.co.jp アンディ・ウィアー著、小野田和子訳 『火星の人 下』


死んだはずだよワトニーさん、どっこい火星で生きていた。
火星に一人残された植物学者でエンジニアのサバイバルと
NASAによる救出ミッションを軽妙な語り口で描く。

一難去ってまた一難、次から次へとトラブルが起こる。
火星の過酷な自然環境はもちろん、何気ない行動が最先端科学の
粋を集めた装置がお釈迦にしてしまう。
それが生命の危機に直結するのだからたまらない。

ユーモアに溢れているのでSFアレルギーも出ず。
面白い、というより読んでいて楽しい小説だった。


くたばれ、エントロピー!


スポンサーサイト
[ 2016/02/09 23:12 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3244-bc5560b3