映画 『オデッセイ』



allcinema 『オデッセイ』


3D吹き替え版で鑑賞。

原作から内容が大幅にカットされている。
それだけにあの良いシーンがないのかと残念に
思うところもある。

それでも、火星の赤い荒野で独りぼっちという寂寥感は
良く現れていたり、原作では判りにくかったヘルメスによる
キャプチャ・ミッションが描かれていたりと優れた点も多い。
特にBGMでディスコ音楽が流れシーンとシンクロするのは映画ならでは。

原作では現状を正しく認識する、仮説を立てる、
無理のない運用計画を立てる、実行するという
歩みは遅いが確実に進んでいくプロジェクト遂行の面白さが
メインだったけど、映画では派手な打ち上げシーンや
水を作るための爆発シーンが多めに採用されている。
自分で手術する、超痛そうなシーンが妙に長いのが
リドリー・スコットらしい。


結末を知っているのにやはり最後はハラハラした。
NASA長官役のジェフ・ダニエルズが悪役を一手に引き受けていた。


スポンサーサイト
[ 2016/02/15 22:40 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3249-7af71d7c