本 植木不等式 『ぼくらの哀しき超兵器――軍事と科学の夢のあと』




Amazon.co.jp 植木不等式 『ぼくらの哀しき超兵器――軍事と科学の夢のあと』


と学会系の人なので笑っちゃうようなおもしろ兵器を
あげつらうのかと思ったがそうでもなく、力点は
科学に関わる人の欲望を炙り出すことに置かれている。

おもしろ兵器製造計画が生まれる背景には、政治家や軍人の無茶な
思い付きを科学者が具体化するよう押し付けられる場合と、
科学者が軍事にかこつけて自分の発想を具体化しようとする場合がある。

こういう科学者たちはルネサンス期の芸術家に似ている。
芸術家も自分の作品を完成させるためにパトロンを求めており、
パトロンの要求に応えて教会に天井画を描いたり彫像を製作した。

科学が政治や思惑に振り回される哀しさにあふれた本だった。
人は追い込まれると自分の信じたいものだけを信じ、
一発逆転を狙って新兵器を開発しようとするのだな。


スポンサーサイト
[ 2016/02/15 23:19 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3250-2a2e0731