小説 ジョー・R・ランズデール著、北野寿美枝訳 『ボトムズ』




Amazon.co.jp ジョー・R・ランズデール著、北野寿美枝訳 『ボトムズ』


1930年代のテキサス。
幼い兄妹が夜の森で見つけたのは惨殺された
黒人女性だった。
治安官の父親が捜査を開始するが、これは連続殺人事件の
始まりにすぎなかった。

KKKが大手を振って活動していたテキサスの片田舎という
非常に閉鎖的な土地で、人種差別と闘いながら
捜査を進める父親の苦悩と再生が心を打つ。
犯人が登場した途端に「あ、こいつだ」と判るのが
玉に瑕だけど。


テキサスというと乾燥して砂煙が舞っているイメージだけど、
ルイジアナ寄りの東部は湿地帯(ボトムズ)が広がっているそう。


スポンサーサイト
[ 2016/03/23 23:15 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3280-5fe5315e