小説 ロアルド・ダール著、田口俊樹訳 『王女マメーリア』




Amazon.co.jp ロアルド・ダール著、田口俊樹訳 『王女マメーリア』


九の短編集。
全体的に作者の底意地の悪さを感じさせる。

お前みたいなワインの味も判らない田舎者は
皿を洗った後の汚れ水でも飲んでろと捨て台詞を吐く
「執事」も素晴らしいが、一番は「ボディボル氏」。
おじさんになってから発症した中二病的行動を半笑いで
観察する嫌らしさが全開で良かった。
なまじ財力があるだけにエスカレートするのを止められないの。


スポンサーサイト
[ 2016/04/23 22:47 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3306-297eab9f