映画 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』



allcinema 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』


吹き替え版で鑑賞。

ウルトラマンと怪獣が戦って街はメチャクチャ、という
古くからのツッコミに対しての回答がスーパーヒーローを
国連の監視下に置くということ。

秩序を重んじるか自由を重んじるかの対立。
規制派が復讐という極めて個人的な事情や感情に
取り込まれて行くのがさらに入れ子構造になっていて
脚本の巧みさに舌を巻く。

アクションシーンはどつき合いが多く迫力があって
非常に良かった。
キャプテン・アメリカは盾がないと途端に攻撃力が激減するが、
序盤から盾を失うシーンが何度かあり、それが最終的に
あんな風に収斂されて行くのにもこれまた舌を巻く。


アントマン、美味しすぎるだろ。
スパイダーマンとアントマンの節足動物対決。
ヴィジョンことテンガマン。


スポンサーサイト
[ 2016/05/09 23:01 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3319-d83964d5