EURO2016 決勝 フランス 0-1 ポルトガル


スポーツナビ EURO2016 決勝 フランス 0-1 ポルトガル


本当に、フットボールは何が起こるか判らない。

自国開催のフランスが押し気味に試合はスタート。
前半17分にC・ロナウドがパイエのタックルを
左膝に受けて負傷する。

しばらくはプレイを続けていたが、前半25分にクアレスマと交代する。
大黒柱を失い、フランスの勝利は決まったかと思われたが、
ここからポルトガルが覚醒する。

自分たちで何とかするしかない。
ディフェンスは気持ち、とは良く言ったもので、
ポルトガルは一対一で負けない、相手よりも走るといった
基本的なことを忠実にこなしていく。
フランスの選手が気圧されているのが画面からも伝わって来た。

フランスとしては前半の内に点が取れていれば
ポルトガルの士気を挫くことが出来たろうが、スコアレスで
後半に向かう。

後半も膠着状態が続くが、フランスのデシャン監督は
存在感を示せなかった司令塔のパイエを下げて
“スピードキング”のコマンを投入する。

これで縦への突破を得たフランスはポルトガル守備陣を
押し込んで行く。
ポルトガルのフェルナンド・サントス監督はすぐに対応し、
テクニックのあるジョアン・モウチーニョを入れて
中盤を落ち着かせる。
この辺りは監督同士の戦術眼が光っていて見応えがあった。

両チームともサイドを起点に攻撃を仕掛けるが得点は奪えず。
両チームのゴールキーパーが好セーブを見せたり、
シュートがバーやポストに跳ね返されるツキの無さがあった。

そして延長後半4分、途中交代のフォワード、エデルが
単騎でドリブル突破し、ペナルティエリア外から目の覚めるような
シュートを決めて遂にポルトガルがリードする。

距離、スピード、コースともうここしかない、
多分サッカー人生で一度あるかないかと言えるシュートだった。

フランスの反撃も虚しく、ポルトガルがこの一点を守り切って初優勝を決めた。


グループリーグを3分けの3位で通過したポルトガル。
その戦いぶりを見ていて、内容は拙いのにどういうわけか
勝ち進む姿を不気味に感じていた。

国際大会においては、大会前から完成されたチームは
意外と勝ち進めないけど、グループリーグで苦しみを乗り越え
一皮むけたチームでないと優勝できないというのは
今まで色々な大会を見てきた経験から知っていたが、
それにしても、だ。

ポルトガルを勝利に導いたのは千両役者、C・ロナウドだったのだけど、
決勝では彼の離脱があったのに優勝したのだから
勝利の女神は実に気まぐれだ。

レアル・マドリーのC・ロナウドは傲慢で好きじゃないが、
代表での彼はキャプテンとして俺がチームをまとめるという
意志が感じられて好感が持てる。
ペペもチャンピオンズリーグで見せた大根役者ぶりが控えめで
普段からこうなら良いのに。


フットボールに限らず、スポーツの醍醐味って
人智の及ばない、理屈を超えた何かが起こることだよね。


スポンサーサイト
[ 2016/07/11 23:10 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3372-a77f7f16