本 中島岳志 『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』




Amazon.co.jp 中島岳志 『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』


2008年に秋葉原で無差別殺人を起こした加藤智大。

これまでの報道で、毒親に支配され他人とコミュニケーションを
上手く取れないまま育ち、
職場ではトラブルを起こしては行かなくなるを繰り返す、
友人も恋人もおらず、心の拠り所だったネットの掲示板でも疎まれ、
ついに派遣切りにあってどこにも居場所がなくなった結果、犯行に及んだと思っていた。

だがこの本を読んでみると、親とは和解し、正社員にも採用され、
地元の友人や同僚と飲みに行ったり遊びに行ったりしたし、
短期間だが恋人もおり、ネット上で知り合った人達を訪ねたりして
交流をしていた。

これは人徳なのか、自殺未遂や借金トラブルで行き詰まっても
何故か助けてくれる人、励ましてくれる人が現れる。
「渡る世間に鬼はなし」を地で行っているのだ。

それでも加藤は凶行に走った。
社会的包摂や寛容で彼を止められただろうか、甚だ疑問に思う。
勿論、誰であろうと救わなきゃならないんだけど。


加藤智大はねこを飼えば良かったのに。


スポンサーサイト
[ 2016/07/18 23:15 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3379-0f4f4d9b