本 ヤスミンコ・ハリロビッチ編著、角田光代訳、千田善監修 『ぼくたちは戦場で育った サラエボ1992-1995』




Amazon.co.jp ヤスミンコ・ハリロビッチ編著、角田光代訳、千田善監修 『ぼくたちは戦場で育った サラエボ1992-1995』


ボスニアの首都で起こったサラエボ包囲戦。
セルビア民族派による砲撃とスナイパーの狙撃により
3年半で1万人以上が犠牲となった戦火の下、子供たちが
どんな思いで暮らしていたかを集めた証言集。

よほどひもじかったのか、食べ物に関する話題が多い。
とりわけ甘いものがどれほど貴重で有り難かったが判る。

家族や友人を目の前で亡くしたことや、戦時下で
否応なしに早く大人にならざるを得なかったと
恨む声が耳に残る。


同時にどんな過酷な状況でも友達とはしゃいだり
音楽を楽しんだり、恋をしたりと人生の喜びを
絶えず見つけて生きて行くのが人間なんだと教えられた。


スポンサーサイト
[ 2016/07/29 23:17 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3389-7d4df3ef