本 ニコラ・ヴェルト著、石井規衛監修、遠藤ゆかり訳 『ロシア革命』




Amazon.co.jp ニコラ・ヴェルト著、石井規衛監修、遠藤ゆかり訳 『ロシア革命』


第一次世界大戦への厭戦感と食糧不足が原因で
帝政を終わらせ民主化を行った二月革命。

工場では労働者が労働時間の短縮など労働環境の
改善を求め、農村では地主が所有する農地の解放など
格差の是正や再配分が当事者から求められて実施された。

臨時政府と各勢力の権力闘争が繰り広げられるが
レーニン率いるボリシェヴィキが政権を握ったのが十月革命。

レーニンと言えども沸騰する大衆の熱気を
無視出来ず、彼らの要求を政策に盛り込んだ。

革命においては軍を掌握するかが重要。
デモ隊への発砲を拒否しむしろ軍が民衆側に
加担したことが革命を推進させた。


スポンサーサイト
[ 2016/08/16 22:41 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3407-a50d1e47