小説 ジョイス・キャロル・オーツ著、栩木玲子訳 『邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇』




Amazon.co.jp ジョイス・キャロル・オーツ著、栩木玲子訳 『邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇』


四の中編集。

うち三つは主人公の女性が強権的な男性に
蹂躙される話で、「処刑」だけが男性が主人公で
毛色が違うのだけど、これが良かった。

所属する大学の友愛会(フラタニティ)への出費がかさみ
親からの援助も断られたバートは両親を斧で殺害する。
逮捕され裁判にかけられるが、事態は意外な方向に進む。


どの話も作者に鼻面を引きずり回され、どんな結末に向かうのか
判らない不安さや驚きに満ちている。


スポンサーサイト
[ 2016/09/05 22:43 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3420-9629be87