歯医者に行く


歯医者に行く。

前回抜歯した所は経過良好だそう。
状態も良いとのことだが、少し痛みがあると
伝えてもスルーされ気味だった。

このまま自然治癒に任せ、歯ブラシを当てないことを
注意される。
殺菌用のうがい薬を処方される。

続いて歯周病の検査と歯石の除去を行う。

歯周病については特に問題ないと言われたが、
右下の親不知が隣の歯を圧迫しており、
その下に隙間が空いてしまって骨で支えることが
出来ていないらしい。

インプラントを入れるのは年明けになるので、
その間に親不知を抜いた方が良いだろうとのこと。
右下の奥歯はまだしっかりしているので、左下の奥歯がない
今の状態でも噛むことに問題は起きないだろうと説明される。

親不知は大学病院に紹介状を書いてくれるそう。
年末になると休みで対応出来ないだろうから、
早めに施術してもらいたい。
左下の親不知を抜いた時は1,2日ほど熱が出た。

歯磨き指導の後に歯石の除去を行う。
全体的に歯磨きは上手に出来ているが、
右利きだから右側の歯が上手く磨けていないとのこと。

右下の親不知は歯ブラシが当たらず虫歯がある。
口の内側を歯ブラシの外側で押しやって空間を作り、
少し口を閉じた状態でしっかり磨く。

右下の糸切り歯の込み入った部分は、歯ブラシの持ち手に近い側
(かかとと言われた)をグッと押し当てて磨く。

糸ようじもいいが、歯間ブラシも併用すると良いとのこと。
歯石の除去をして、表面をクリーニングして終了。


左下の親不知を抜いたのはいつだったか。
記録を調べているが、ちょっと見つからない。
もう10年ぐらい前になるのかな。


スポンサーサイト
[ 2016/11/04 23:02 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3470-a1ddb10f